あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



PMA-5 さん

プロフィール

  • 性別:男性
  • 年齢:40代
  • 住所:
  • 職業:
  • 性格:
  • Blog:
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
建売住宅を購入したのですが、
わかってはいましたが、生活してみると
「なんか違うなぁ。不便だなぁ。」
と感じることが出てきて。

賃貸に住んでいた頃から、
トイレの便座をウォシュレットに交換したり、
食洗器用の分岐水栓をつけたり、
くらいはやっておりましたが、
建売住宅購入後は木工にもトライしてみております。

中学の授業以来ノコギリを持ったことがなく、
少しづつ道具も買いつつ、手さぐりでやっております。

いつかやってみたいDIY・手づくり
小屋裏収納を作りたいと、何度か屋根裏にのぼってみてますが、いまいちふみきれていません。

技術がない分、電動工具など良い道具に頼りつつも、
せめて手ノコくらいは、なんとか真っすぐ切れるように練習したいと思っています。

ひとこと
DIYを始めてから、第二種電気工事士の資格を取得しました。

自転車が好きです。
シフトワイヤーの交換、チェーンの交換など
ちょこっとしたメンテナンスはDIYでやってみています。

趣味でバンドをやっていたことがあり、
楽器系も好きです。

Room Clip No.2470285

1×4SPFを使用してディアウォールの棚追加
この作品をみた人閲覧数 1,162

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

過去にディアウォールを使用して簡単な棚を作ったのですが、専用の棚受けのお値段がバカにならなく。
たいして重たいものを置かないのであれば、棚受けは買わずにSPFで自作すればいいんでない?という話デス

作者: PMA-5さん
カテゴリー:収納・片づけ・暮らし

主な材料

  • SPF 1×4 1820mm × 1本
  • SPF 1×4 端材(10cm程) × 1
  • スリムネジ(35mm) × 8本
  • スリムネジ(50mm) × 12本
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)

主な道具

  • ツーバイフォー定規
  • コンベックス(2m)
  • レーザー距離計
  • ソーガイド
  • のこぎり
  • ドレッサー(中目)
  • F型クランプ
  • 手動ドライバー(薄型ラチェット式)
  • 電動ドリルドライバー
  • インパクトドライバー
  • 水平器
  • フレキシブルシャフト

Step1

BEFORE

ツーバイフォー材を突っ張るグッズを使用して柱をたてて、材の幅をそのまま利用した簡易的な棚を作る。

賃貸物件でも作れて、スペースの有効利用も出来るので作成されている方も多いのではないでしょうか。

 

Step2

BEFORE

私もこの手のグッズがディアウォール1択だった頃に作りまして、小物をちらほら置いております。

 

Step3

BEFORE

メーカーが出している棚受のお値段が左右1セット500円前後くらいもする模様。
棚1段毎に500円も出すと出費がかさむ上に見た目もイマイチ気に入らなかったので、過去作成時にはSPFの1×1で代用。
そんなに重たいもの置かない場合、充分機能しているように思いました。

Step4

BEFORE

今回は、その製作済みの棚に「棚板を2段足す」というのが目的です。

イメージ図です。

 

Step5

BEFORE

イメージ図2です。
赤丸の部分の棚板を追加します。

 

Step6

BEFORE

柱間の距離を測定します。
コンベックス(メジャー)で測ってもいいのですが、私はレーザー距離計を持っているので、そちらで測定。
2点間を測る時は便利です。

最近はそこそこお手頃価格のものもあるようです。

Step7

BEFORE

端をキレイにしたいので、少しだけ切り落とします。

 

Step8

BEFORE

今回は手ノコを使用して作業しました。
ソーガイドFを使用。
(スコヤを使用して過去に調整済)

 

Step9

BEFORE

ソーガイドは事前の調整とセッティングをしてしまえば、何も考えずギコギコして切れるので楽でござる。

Step10

BEFORE

切断できました。

 

Step11

BEFORE

NTのドレッサーでバリ取り。

 

Step12

BEFORE

バリ取りAfter。

Step13

BEFORE

さて、「節約棚受け」の材を切り出します。

過去は、最初から
1×1としてホームセンターで売っていたSPF材を使用しましたが、今回はそれすら節約すべく、1×4 SPFの端材から切り出すことにします。

実のところ、頑張って切り出さなくても、SPF1×1材はさほどお値段高くありません。
私の知っているホームセンターでは910mmで100円くらいです。

 

Step14

BEFORE

2棚分なので4本切り出しますが、切り出す方向に注意が必要な気が。

ちなみにこのイメージ図の方向はダメです。
と、私の第六感が囁いております。(?)

切り出しやすいんですが、
木材の繊維の方向が気になります。
棚受けを設置する際に、割れる気がします。(なんとなく体感的にね)

 

Step15

BEFORE

若干面倒、そして縦挽きが入りますが、この方向での木取りが無難かと思います。
(木材の繊維と同じ方向)

Step16

BEFORE

というわけで、チマチマと縦挽きします。
端材を使用するので、うまく押さえられるか(クランプ出来るか)が肝かなぁと思いました。

 

Step17

BEFORE

4本分切り出して、角を面取りしました。

パット見はサイズが揃っているように見えますが、微妙に揃っていません。
(私の手作業のレベルはそんなもんです)

 

Step18

BEFORE

過去作成した棚の色に合わせて、オイルフィニッシュを塗ります。
ワトコオイルのダークウォルナット。

Step19

BEFORE

ビニール手袋を使用して手をガード。

 

Step20

BEFORE

布の切れ端でひたすら塗り塗り。
乾いたらまた塗り塗り。
(何回か繰り返しました)

※ワトコオイルはこの段階では結構ニオイがします。(乾いてしばらくすれば何てことありませんが)

 

Step21

BEFORE

棚受け用の材にも塗りました。

Step22

BEFORE

取り付けます。
上の棚板からの測って位置決めします。
どの程度のサイズの物を置きたいか、で決めました。
この位置を自由に決められるのがDIYのメリットですね。

 

Step23

BEFORE

目安となる線を引きます。
ツーバイフォー定規を使用。

 

Step24

BEFORE

薄っすらと見えますでしょうか。
(見えないかな)

Step25

BEFORE

棚受け材のビスを打つ位置をプロットします。
ツーバイフォー定規を使用。
楽ちん。

 

Step26

BEFORE

プロットしました。
荷重を受け止めることになる、横側のビスを一本多い3箇所としました。

 

Step27

BEFORE

縦側分もプロットしました。
2箇所。

Step28

BEFORE

念のため、気休めですが水平を見ながら位置・角度を微調整。

 

Step29

BEFORE

F型クランプで仮どめします。
小型のクランプがあると助かります。

 

Step30

BEFORE

電動ドリルで下穴を開けます。
小さな材にビス打つ際には、割れ防止に念のため下穴を開けた方が良いです。

Step31

BEFORE

下穴開きました。

 

Step32

BEFORE

ビスのおさまりをよくするために皿取りビットで、皿取りします。

 

Step33

BEFORE

皿取りできました。

Step34

BEFORE

ビス打ちます。
このくらいであれば、手動のドライバーでもまぁいけます。

 

Step35

BEFORE

ビス打ち終わりました。

 

Step36

BEFORE

同様にして、奥側と手前側にもビス打ちします。
奥側は狭いので、フレキシブルシャフトを使用。

Step37

BEFORE

片側の棚受け材の固定が出来たら、反対側の位置決めをします。
水平器を見ながら現物合わせします。

 

Step38

BEFORE

棚受け材が固定できました。

 

Step39

BEFORE

棚板を固定します。
板厚19mmが2枚分なので、それより少し短い35mmのスリムビスを使用。
(ビスの保管はかさばるので、100円ショップで買ったタッパーにうつしかえて保管するようにしています)

Step40

BEFORE

ビスをあてがってみるとこんな感じ。

 

Step41

BEFORE

狭くてビス打ちしづらいですが、頑張ります。

 

Step42

BEFORE

狭い所では、こういった薄型のラチェット式のドライバーがあると便利です。

Step43

BEFORE

棚板固定できました。(左側)

 

Step44

BEFORE

棚板固定できました。(右側)

 

Step45

BEFORE

2枚目の棚板もつきました。

Step46

BEFORE

出来上がりその1。

 

Step47

BEFORE

出来上がりその2。

 

Step48

BEFORE

こういった小物をストックする際に便利な高さとなりました。

この作品にまつわるストーリー

過去にディアウォールを利用して簡易的な棚を作成しており、
実際に使用してみた結果、棚板の間隔が広すぎてデッドスペースが多くて。

棚板を増やしたいが、棚受けにお金をかけたくないので、
そこはケチって棚受け自体にもSPFを利用することにしました。
重たいものを置かなければ、全然大丈夫そうです。

◆材料費(参考)
0,300円:SPF材(1×4) 6フィート
0,030円:SPF材(1×4) 端材(ホムセンには必ず端材、切れ端コーナーがひっそりとある)
0,040円:ビスあれこれ(ざっくり計算)
0,100円:ワトコオイル少々(ざっくり見積もり)
------------------------------------------------
0,470円

この作品をみた人閲覧数 1,162 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 PMA-5さん
Title SPFとOSB合板で作...
内容 住宅事情の関係で狭い部屋で何とか木工DIYをやっております。 最近、健康のため久しぶりに再開したスポーツ自転車趣味もあいまって部屋に物が溢れ収拾がつかず。 壁側に物を集約すべく棚兼作業台作成にトライ。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 こももさん
Title SPFで板壁づくり...
内容 和室の子供部屋をナチュラルな洋室にDIY挑戦! コンクリート壁の一面をSPFで板壁を作ることにしました

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 くぁwせるぱんさん
Title SPF材でミニクローゼ...
内容 加工性が良い、SPF材を使って、ミニクローゼット、ディスプレイ棚、キッチン台を作ってみました。 作り方は3点とも共通点が多い為、やり方さえ分かれば、初心者の方でも簡単に出来ると思います。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 aoiroさん
Title 合板+spf材でテレビ...
内容 spf材より更に安価な合板をメインに、でも見た目はナチュラルなテレビ台を作りました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 くぁwせるぱんさん
Title SPF材(1*12)と...
内容 テレビボードを家具屋で購入すると高いし、色々なサイズや、部屋にあったテレビボードがない。と思う方がいらっしゃると思います。今回は、安くて、簡単に出来るテレビボードDIYを紹介します。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title 手ノコとSPFで作る食...
内容 ビルトインではない、外付けの食洗器の置き場所って困るし悩みます。 既製品の食洗器台は高いし。 そんな食洗器置き台を木工でなるべく安くDIYする、一つのアイデアとして。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 こふぐさん
Title SPF材で*おしゃれな...
内容 カウンターっぽく棚を並べていましたが、ごちゃごちゃして汚いので、すっきりさせたいと思います。 パン屋さんみたいなカウンターを想像してたら こんなのができました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ほたるさん
Title 犬小屋を改造して物置に...
内容 使わなくなった犬小屋を、ガーデニング用物置に改造しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ほたるさん
Title ペンキ入れキャビネット...
内容 ライティングビューロー風ペンキ入れ収納をDIYしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title OSB合板で作るティッ...
内容 以前作成したベッド脇のノートPC置き台ですが、適当に置いてある箱ティッシュがしょっちゅう落ちてしまうので、この際なのでOSB合板でボックスを作って備え付けることにしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop