あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



CHA.BA.SHIRA さん

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
元々物を作るのが大好きだった。

いつかやってみたいDIY・手づくり
井戸掘り

ひとこと
マイペースで、基本的には記録も残さないDIYerですが、記録を残せたときには、こうやって投稿しようと思います。
読んで、「もっとこうした方がいいのに・・・」とか「ここはどうやったのかな?」などがあれば、コメントお願いします。

ダイニングカウンターを改良してみた
この作品をみた人閲覧数 86

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

ダイニングがお気に入りの空間になってきていますが、ダイニングカウンターは茶色いままです。
せっかくカウンターの上がお気に入りの場所になっているのに、カウンターがそのままではもったいないので改良します。
作者: CHA.BA.SHIRAさん
カテゴリー:木工・工芸

主な材料

  • リメイクシート
  • パイン集成材
  • 針葉樹合板
  • 水性ペンキ ミルキーホワイト
  • コーススレッド
  • つまみ(引き出し用)
  • アクリル板
  • スライド丁番

主な道具

  • インパクトドライバー
  • コーナークランプ
  • 刷毛
  • カッターナイフ
  • スライド丸ノコ
  • トリマー

Step1

BEFORE

これが現状のカウンターです。

茶色いし、安っぽい木目のシートが貼られているので、愛着がわかない状態でした。

また、子どもたちがダイニングで学習できるように、1人ずつ分かれて座れるように隙間を開けていましたが、使われていない状態です。

そこで、棚を左に寄せて、真ん中に大きな開口部を作ろうと思います。

 

Step2

BEFORE

この部分の改造から始めます。

真ん中の棚を左に移動させたいと思います。

まずは扉を外します。

扉はスライド丁番というものを使っていますが、他の所でも外した経験があるので、すぐに外すことができると思います。

 

Step3

BEFORE

あっけなく外れました。

何個かネジを抜けば簡単に外すことができました。

スライド丁番は再利用します。

続いて、右側の棚を左の棚とくっつけて設置したいと思います。

Step4

BEFORE

棚の中の上部と下部にネジ穴を隠すキャップがあったので、それを外すとネジが見えました。

電動ドライバーを使って、ネジを外すと、棚を取り外すことができます。

上にカウンターテーブルが乗っているので、重みでずらすのが大変でしたが、横に向かって押すとずれていきました。

下に残っているのは、大工さんが高さ調整のために履かせてくれたはかまです。

作りながらサイズが気になるからと、微調整してくださったのを思い出しました。

 

Step5

BEFORE

空間が広くなると、子どもたちが集まってきました。

三男がいい場所を見つけたと思って、長男と次男を招集したという状況です。

年が離れた三男には長男・次男ともにやさしく接してくれています。

 

Step6

BEFORE

2段の棚を、引き出しと棚に分けようと思うので、その作業を進めます。

上が引き出しで、下が棚です。

見える部分にはパイン集成材を使います。

引き出しなどの見えない部分には、針葉樹合板なども使って重さ対策や倹約も考えていきたいです。

Step7

BEFORE

材料を必要な大きさに切り分けていきます。

スライド丸ノコを持っていると、こういう切断の精度が上がり、作業効率が高まります。

これは棚の扉の部品です。

飾り棚にするので、扉の周りだけ木で枠をつくり、真ん中にはアクリル板を入れる予定です。

 

Step8

BEFORE

枠を組む作業ですが、板同士をコーススレッドでとめたいのですが、このままでは、コーススレッドの長さが足りません。

長いコーススレッドを買えばいいかもしれませんが、ネジ穴を隠したいので、今回はドリルで穴を作って、その中でネジうちをしようと思います。

 

Step9

BEFORE

側面からコーススレッドを打ち、固定しました。

この後、一度分解して作業をするので、どことどこが組み合わさっているのか、分からなくならないように、合わさり目に文字を書いておきました。

この後、枠を加工していきます。

Step10

BEFORE

アンティーク家具調にしたいので、周りを削って加工します。

トリマーを使うと、均一に削ってくれるので、きれいな段差を作ることができます。

外側一周を削りました。

 

Step11

BEFORE

内側も同じように削っていきます。

治具を作って作業をすると、ずれなく一直線に削ることができます。

準備に時間がかかりますが、今回は2枚扉を作るので、同じ作業を何度も行うので、効果的だったと思います。

 

Step12

BEFORE

続いて塗装を行っていきます。引き出しも扉も同じように塗ります。

なんでこんな変な塗り方を、となりますが、下塗りです。

最終的にはミルキーホワイトで塗装予定ですが、下地にいろんな色が入っていると、同じミルキーホワイトでも味わいが出ると思ってがんばっています。

Step13

BEFORE

よっぽど偏った趣味の人の家にしか置いてもらえない家具に仕上がっていっているようですが、あくまでも下塗りです。

赤と白だときれいな色だと思うのですが、混ざると汚く見えてしまいますね。

 

Step14

BEFORE

もっと汚くなりました。

この工程で妻に見られたのですが、なんで??となっていました。

ミルキーホワイトの下から、この色が出てきたら汚いんじゃ・・・と心配になってきました。

 

Step15

BEFORE

続いて、引き出しの枠を作っていきます。

コーナークランプを使って、直角に気を付けて組んでいくだけです。

見えない部分なので、針葉樹合板を使いましたが、けっこうささくれるので、ていねいにやすりがけをしています。

Step16

BEFORE

一度棚に突っ込んでみました。

問題なく入るし、滑りも悪くありません。

このまま塗装などの作業をして、仕上げていきたいと思います。

 

Step17

BEFORE

ちなみに底板には、薄いベニヤ板を使いました。

裏面は棚と接するので、しっかりやすり掛けしてあります。

おかげで、出し入れはとてもスムーズになりました。

全面が棚と接するので、荷重も分散して、摩擦が起きにくいのかもしれません。

 

Step18

BEFORE

続いて扉の方にスライド丁番を付けたいと思います。

スライド丁番にも様々な商品がありますが、家にあったのは扉の方に丸い溝を掘り込まないといけないものでした。

普通のドリルだと穴を開けることはできますが、周りしか削らないので、溝にはなりません。

そこでこんな商品を購入しました。

Step19

BEFORE

取り付け位置を慎重に合わせて、溝を掘り込みます。

買うのがもったいないから、ドリルで周りを削って、中を彫刻刀でくりぬこうかなとも考えたのですが、絶対にこんなにきれいには仕上がらなかったと思います。

1000円前後の出費だったので、ケチらないでよかったと思いました。

 

Step20

BEFORE

スライド丁番を取り付けることができました。

スライド丁番のすごいところは、開け閉めしたときに扉が外側に出ないところです。

横が壁でも壁に当たらずに開けることができます。

しかも、位置調整ができ、多少ずれていても最後に帳尻を合わせることができるので、おっちょこちょいな自分向けの商品だと感じました。

 

Step21

BEFORE

真ん中にアクリル板を挟んでもう一度組みなおしました。

一気に家具っぽくなってきました。

早く取り付けたい所ですが、まだ細かい作業が残っています。慌てないで慎重に進めます。

Step22

BEFORE

ダボを入れて、ネジ穴を隠します。

本当は、使わなくなった時の取り外し作業に時間がかかるようになるので、ダボは好きではありません。

ただ、今回のように家で使う家具だと、ネジ穴を隠すことの方が大事なので、仕方ありません。

 

Step23

BEFORE

ダボの飛び出し部分をカットしてしまえば、目立たなくなります。

塗装すれば、まったくわかりません。

見た目を重視するときには、大切な工程だと思います。

 

Step24

BEFORE

引き出しの取っ手はこんなものを選びました。

アンティークっぽい雰囲気が出たのではないでしょうか。

Step25

BEFORE

扉のつまみはこんな感じです。

スライド丁番で適度に力がかかって、パタンと閉まるので、磁石やキャッチがなくてもこのつまみで十分に開け閉めできます。

 

Step26

BEFORE

引き出しと扉の設置が完了しました。

まだカウンターテーブルは茶色なので、しっくりきませんが、カウンターにシートを貼りつければ、色合いが統一されると思います。

 

Step27

BEFORE

これが完成形です。

もともと扉を外していた棚も白く塗り、間の隙間は漆喰を塗りました。

カウンターテーブルにリメイクシートを貼って統一感も出せました。

これで、こちら側の壁はすべてリメイク完了です。

この作品にまつわるストーリー

今回のDIYは木工が主役だったので、私にも活躍のチャンスがありました。引き出しや扉を作るのは時間がかかりましたが、今まで培ってきた技術を生かすことができたので、楽しめました。

この作品をみた人閲覧数 86 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 パピママさん
Title 簡単 初めてのパーゴラ...
内容 お日さまがが眩しいのでパーゴラに挑戦しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title カフェ板天板のテーブル...
内容 カフェ板(30mm厚でウッディなお店の床にありそうなやつ)を天板に使用して、簡単なテーブルをDIY。脚はSPF2×4。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 借家でも大丈夫♪入門編...
内容 ウッドデッキに興味があるもののハードルが高そうでなかなか一歩踏み出せずにいました。 そこでコンパクトな作りのものならハードルも低いのではと考えて作ってみました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 くぁwせるぱんさん
Title 多肉植物用ディスプレイ...
内容 少し前に作成したウッドフェンスを多肉植物が飾れるディスプレイ棚にリメイクDIYしてみました。 脚は単管パイプ(鉄管)と板はSPF1×4 強風でもびくともしない!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title ツル性専門の鉢カバー...
内容 培養土の袋のまま めろんの苗を植えるだけでは おしゃれでなく 木材でお洒落なカバーをつくりました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title ヘキサゴンシェルフ...
内容 様式美に惹かれて六角形のヘキサゴンシェルフを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title 自動でクローズ。土台突...
内容 愛犬の飛び出し/進入防止用のペットゲート。 市販の金属のものを購入したのですが、うまくサイズが合わなくてしっかり固定出来ず。 ジャストサイズはDIYの強味、ということで試行錯誤して自作を試みました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title キッチンカウンターショ...
内容 妻からの依頼で、キッチンカウンターショーケースを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ishiyasuさん
Title カメラスタンド...
内容 テレワークが推奨されているご時世ですが、webミーティングの時に役立つカメラスタンドを作ってみました!資料にペンで記入している内容をみんなで共有出来ます♪

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 まりっくまさん
Title ごちゃごちゃもスッキリ...
内容 工具をポン。家庭菜園の道具もポン。一歳の子の手の届かないところにポン。 とりあえずが積もりに積もり玄関がとんでもないことになっていました。 暖かい陽気が続いてきたので思い切って片づけDIYしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop