あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

軽くて便利!作業性アップの使い勝手の良いアイロン台
この作品をみた人閲覧数 474

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

洋裁をするのに大きなテーブルで作業するには前々から使いづらさを感じていたアイロン台。
作りは単純なのでいっそ自分が使いやすいように自作しました!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • ◆大きいアイロン台
  • ・SPF材
  •  1×1 54㎝  2本
  •      50.5㎝ 3本
  •      37.5㎝ 2本
  • ・クロームメッキ製のワイヤーネット(40×26) 2枚
  •  (ダイソーで購入)
  • ・スリムビス(ステンレス) 3.5㎝ 10本
  •  
  • ◆小さいアイロン台
  • ・カッティングボード
  •  (セリアで購入)
  • ・厚紙または厚手の接着芯
  • ◆共通の材料
  • ・お好みの布地
  •  (中厚生地推奨。薄手の場合は接着芯も)
  • ・中綿素材
  •  (タオル地やキルトシートなど)
  • ・装飾用布テープなど

主な道具

  • ・メジャー
  • ・鉛筆、ペン、消しゴム
  • ・定規
  • ・インパクトドライバー
  • ・ドリルピッド
  • ・タッカー
  • ・のこぎり
  • ・やすり
  • ・アイロン
  • ・裁縫道具(針・糸・裁ち鋏など)
  • ・両面テープ
  • ・布用ボンド
  • ・トンカチ

Step1

BEFORE

こちらは今まで使用していたアイロン台です。
よくあるデザインのものです。カバーを張り替えたりで長年使用していました。
服のアイロンには適した形だと思いますが、現状で私の洋裁では使いづらさを感じていたところでした。

 

Step2

BEFORE

裏側を見るとわかりますが、作りはいたって単純で土台→中綿→表地とシンプルなものです。
ふと、あれ?作れるんじゃないかな?と、趣味で使う用のアイロン台を自作しようと思います。

 

Step3

BEFORE

こちらは主な材料です。
今回はサイズ違いで2種作ろうと思います。
大きなものはこの後の工程から、小さなものは工程76から作り方に入ります。
(結局、今回では写真の使い古したくまちゃんのタオルは使用しませんでした。)

Step4

BEFORE

大きなものはダイソーのクロームメッキのワイヤーネットを用意しました。
素材的に熱に強いものなので、他に売られているワイヤーネットと比べて素材として適しています。
小さいものには小物づくりに少しだけ使用するのに便利なサイズでと思いカッティングボードをチョイスしました。

 

Step5

BEFORE

まずワイヤーネットはこのように並べて組み立てようと思います。
用意したワイヤーネットに合わせたサイズで木枠のサイズを決めていきます。

 

Step6

BEFORE

この時、ワイヤーネットときっちり同じ枠のサイズではなく、ネットの端が枠の中心辺りになるようにサイズを図ってください。

Step7

BEFORE

ということで、この様な組み方を想定して木材をカットしました。
同じ材料・サイズで作られる場合は木材のサイズは材料欄を参考にしてください。

 

Step8

BEFORE

作る際、ワイヤーネットのサイズによっても長さや数などは変わってくると思います。
基本的には外枠とネットを支えるための中の梁の木材を用意してあげれば作りとしては違いがあっても大丈夫です。

 

Step9

BEFORE

今回はこのような形に組み立てるのでネットが撓んだり歪んだりしない様に梁はしっかりと用意しました。

Step10

BEFORE

形のイメージがわいたところで、枠を組み立てます。
細い木材なのでビスで木が割れない様に下穴は予め開けます。
そのために穴の位置を印づけます。

 

Step11

BEFORE

組み立てる際は穴の方向はこのようになります。

 

Step12

BEFORE

それではインパクトドライバーで下書きの個所に穴を開けます。
打ち込む先の木材も細いので斜めにならない様に気を付けて下穴を開けましょう。

Step13

BEFORE

下穴を開けれたところでビスで組み立てます。
この際、ビスの長さもしっかり意識します。
長すぎても下穴に角度が出てしまっていると木から飛び出しかねなく、短くてもグラつき外れやすくなるので、使用する木材に応じてビスの長さを考慮する必要があります。

 

Step14

BEFORE

組み立てる前に予め軽くビス打ちして用意しておきます。

 

Step15

BEFORE

準備ができたらまずは中の梁をビス止めします。

Step16

BEFORE

次に片側の外枠を固定します。

 

Step17

BEFORE

そして最後の木材を外枠→梁の順番で固定してあげるとズレなどが少なくきれいに組み立てられます。

 

Step18

BEFORE

枠ができたので次にワイヤーネットを固定します。

Step19

BEFORE

固定にはタッカーを使用します。

 

Step20

BEFORE

まず、梁にガンガン針を打ち込みました。

 

Step21

BEFORE

そうしたら外枠にも針を打ち込んでいきます。

Step22

BEFORE

ですがよくみると針が少し浮き気味で、沢山打ち込んでいるとはいえ少し心配です。

 

Step23

BEFORE

そこでトンカチの出番です。

 

Step24

BEFORE

こちらは浮き気味の針です。
こちらをトンカチを使って打ち込みます。
が、ワイヤーが邪魔してしまい叩く用途ではうまく打ち込めません。
なのでトンカチを針に充てて針を押し込んでいきます。

Step25

BEFORE

するときれいに針が中に入ってくれました。
この要領で打ち込んだ針全てしっかり中に押し込んでおきます。

 

Step26

BEFORE

次に中綿を用意します。
キルトシートやバスタオルでも大丈夫ですが、今回は以前からのDIYで余っている固綿を使用しました。
先に紹介した材料の場合は折り畳んで土台に載せるだけで大丈夫です。

 

Step27

BEFORE

さて、保管の際にカットしてしまっていたのでつぎはぎです。
これでは綿がずれて寄ってしまうので工夫しようと思います。

Step28

BEFORE

層になっている綿のシートなので、層を分割します。

 

Step29

BEFORE

そして薄い層の綿シートを順に重ねて敷いていきますが、同じ形で重ねずに位置をずらしながら重ねていきます。

 

Step30

BEFORE

この様に先ほどとは違う向きで綿シートを繰り返し敷いています。
これを何回か繰り返して簡単には隙間ができない様にしました。

Step31

BEFORE

ただ、それでもまだ心配なので丁度持て余していた不織布の接着芯があったのでそれでぐるりと覆って接着することにしました。

 

Step32

BEFORE

アイロンを使用してしっかりと接着していきます。

 

Step33

BEFORE

ぐるっと巻くように接着しますがピッタシサイズにせずに余裕をもって長さを用意しておきました。

Step34

BEFORE

端は接着芯自体に重ねてアイロン接着します。
両面ともしっかりと接着させ、今後の使用で綿くずが出てくるのも防止できたとおもいます。

 

Step35

BEFORE

大雑把にカットしたもの貼り付けたこともあるので端は綺麗にカットしておきます。

 

Step36

BEFORE

そうしたら、できたシートに土台を重ねます。

Step37

BEFORE

ここではシートを土台に固定するために針と糸を使用します。

 

Step38

BEFORE

写真の様に何か所かを×印で縫い留めておきます。

 

Step39

BEFORE

これで中綿と土台はしっかり固定できました。

Step40

BEFORE

ひっくり返すとそれらしい形が見えてきたと思います。

 

Step41

BEFORE

次に表地の布を貼り付けていこうと思います。
が、自粛期間で実店舗は開いておらず、手作りマスク需要によりネットショップも発送まで2~3週間かかる場所ばかり。
流石に待ちきれないので、丁度セールをしていたこともあり発想の転換で寝具製品のシーツを購入しました。
余った布地も普通に活用できるかと思います。

 

Step42

BEFORE

さて、布を用意できたということで枠より10㎝は余裕をもって大きめにカットします。
とりあえず作業しやすいように大雑把にカットで大丈夫です。後ほどの工程で改めて整えます。

Step43

BEFORE

中厚の生地なら張りもあるのでそのまま使用できますが、シーツの様なシーチング生地の場合は薄手なこともあり心もとないので柔らかい接着芯を貼って張りを持たせてあげます。
この時、アイロンを滑らせるように貼り付けるとしわが寄ってしまうので、押し当てるのを何度もずらすように接着していってください。

 

Step44

BEFORE

表側も忘れずしっかりと接着します。

 

Step45

BEFORE

大雑把にカットしていたこともあるので、きれいに線を引いてカットしなおします。
これで接着芯も併せて綺麗に切ることができました。

Step46

BEFORE

布の準備ができたらさっそく木枠に貼り付けていきます。

 

Step47

BEFORE

ちなみに市販品のカバーの様に貼り付けずにゴムを通して表地を取り付ける場合は角を丸く線を引いてカットしてからゴム通し口をぐるりと一周縫ってあげると角も縫いやすいです。

 

Step48

BEFORE

布端が解れてくるといけないので一度折ります。
その際、両面テープや布用ボンドなどで布同士を仮固定してあげるとこの後に引っ張りながら布を貼り付けていく工程で布がずれにくいです。

Step49

BEFORE

今回は両面テープで仮固定しました。

 

Step50

BEFORE

布を一折してあげたら一度アイロンで生地を落ち着かせてあげると良いです。

 

Step51

BEFORE

布の固定にもタッカーを使用します。
先に頭に入れておいてほしいことは針は常に対角線上に順に打ち込んでいきます。
そうすることで撓みを防止し張りを持たせて布を貼り付けることができます。

Step52

BEFORE

それでは、布で外枠を包むように生地を入れ込んであげてタッカーを打ちます。

 

Step53

BEFORE

この様に針を打ち込めました。
梁と接していない枠に関してはこのように内側に針を打ち込んでいきます。

 

Step54

BEFORE

梁と接している枠に関しては内側に打ち込むことができないので、梁に打ち込んでいきます。
梁のない部分は際で打つように意識します

Step55

BEFORE

角に関しては布が重なり厚みが出てしまうので、先ほど布端を内側に折った部分が重なるところをカットしました。

 

Step56

BEFORE

この角を一度、一折します。

 

Step57

BEFORE

その後、微調整しながら角が綺麗に収まる様に折り込んでください。

Step58

BEFORE

この様に収まりました。
この後の工程で隠れる個所でもあるので、仕上がりがいまいちでも大丈夫です。

 

Step59

BEFORE

引きで見ると、全体がこの様に布を貼り付けることができました。

 

Step60

BEFORE

表に返すと布がピンと張れているのがわかると思います。

Step61

BEFORE

このままでは味気ないので少し装飾を施します。
今回は太めのチロルテープを用意しました。

 

Step62

BEFORE

まず、待ち針でテープをの端を枠に仮固定します。

 

Step63

BEFORE

そうしたらぐるりと一周、枠に巻きます。

Step64

BEFORE

巻き終わりは1㎝程重ねてカットしてください。

 

Step65

BEFORE

必要な長さを用意できたので一度取り外しテープを中表(生地の表同士を内側に合わせる)で合わせ、端を縫います。
縫い合わせたら角は小さく切り落としておきます。

 

Step66

BEFORE

塗った個所を綺麗に開いて一度布用ボンドで貼り付けておきます。

Step67

BEFORE

輪になったテープをアイロン台に先ほどと同じように戻したら、布用ボンドで接着します。

 

Step68

BEFORE

この時、ヘラなどを使ってテープに少しずつボンドを塗っていきます。

 

Step69

BEFORE

位置がずれない様に、この様にテープは取り外さずにアイロン台にはめたままで作業します。
まずは裏側半分を塗って作業します。

Step70

BEFORE

ボンドが塗れたら貼り付けて、アイロンでしっかりと接着させます。
この時、角からしっかり接着します。

 

Step71

BEFORE

裏側を接着することができました。

 

Step72

BEFORE

次は表側を接着します。
ボンドがはみ出ない様に気を付け、先ほど同様に作業しましょう。

Step73

BEFORE

しっかり貼り付けたら側面も忘れずにしっかりとアイロンで接着させます。

 

Step74

BEFORE

撓むことなく綺麗に1周テープを貼り付けれました。

 

Step75

BEFORE

これでアイロン台は完成です。

Step76

BEFORE

次は小さなアイロン台を作ります。
小物づくりでアイロン台を出すのは億劫なくらい、ほんの少しだけアイロンを使用したいときに便利なものが欲しいと思い作ることにします。

 

Step77

BEFORE

基本的には先ほどのアイロン台と似た作りです。
中綿になる素材を用意します。

 

Step78

BEFORE

しっかりサイズを合わせてカットします。

Step79

BEFORE

組み立てる際に綿がずれない様に、両面テープで仮固定します。

 

Step80

BEFORE

この様にカッティングボードに貼り付けます。

 

Step81

BEFORE

布地はカッティングボードより大きめに切り出しておきます。

Step82

BEFORE

厚手の接着芯または厚紙をカッティングボードより少しちいさくカットします。

 

Step83

BEFORE

芯なら布地をアイロン接着します。
厚紙の場合は布地の上に置いてください。

 

Step84

BEFORE

布地を芯より一回り大きくカットします。
角やカーブの箇所は切り込みを入れます。

Step85

BEFORE

端を折り込み接着します。
厚紙の場合は両面テープで大丈夫です。

 

Step86

BEFORE

貼り付けたものを裏返すとこの様なパーツになりました

 

Step87

BEFORE

次は綿の上にかぶせる布地です。
必要であれば接着心を張ってください。
上下の端を一折してアイロンで落ち着かせます。
必要ならば浮かないように接着しておきます。

Step88

BEFORE

カッティングボードの写真の位置に両面テープを貼ります。

 

Step89

BEFORE

そうしたら布地の折った部分を貼り付けます。

 

Step90

BEFORE

ぐるりとひっくり返して、タッカーで布を貼り付けていきます。

Step91

BEFORE

木の厚み的には針はギリギリ使えます。
使用する木材の厚みによっては使えなくなってしまうので気を付けてください。

 

Step92

BEFORE

まずこの3点に針を打ち込みます。

 

Step93

BEFORE

次は横に針を打ち込みます。

Step94

BEFORE

微調節しながら綺麗に収まるように布を折りタッカーでしっかり打ち込みます。

 

Step95

BEFORE

表地はこの様にピンと布が張れました。

 

Step96

BEFORE

このままでは裏側が見苦しいので、先ほど作ったパーツを張りつけます。

Step97

BEFORE

裏側にボンドをきれいに塗り広げます。
全体でなく周りだけで十分です。

 

Step98

BEFORE

塗れたものを先ほどの裏側に貼り付けます。
布用ボンドなのでアイロンで加熱してしっかり接着します。
これでアイロン台自体は完成しました。

 

Step99

BEFORE

が、味気ないので先ほど大きなアイロン台を作った際に中途半端に余ったテープを使用して少しだけ装飾しようと思います。

Step100

BEFORE

持ち手に巻いて固定しただけですが、先ほどのアイロン台とお揃い感が出ました。
これで小さなアイロン台の完成です。

 

Step101

BEFORE

ふたつ一緒に置くと統一感があり見ていて気持ちが良いです(^^)

この作品にまつわるストーリー

今まで使っていたアイロン台とも長い付き合いで、生活スタイルが変わり普段から使いづらさを感じていたところでした。
昔はアイロン台の足を立てて、座りながらアイロンがけ。
今は洋裁の動線から、使うたびにテーブルの上に出してアイロンがけ。
アイロン台って結構重たいんですよね、なので無意識に億劫なところがありました。

そんな最中、コロナウイルスの流行でマスク需要が高くなり、我が家も今後の不織布マスクの在庫が心配なこともあり手作りマスクを量産してました。

マスク作りも始めてみると奥深く、気づけば自分や家族の顔に合う型を起こしたり、素材にこだわったり、熱中していく中で『やっぱりこのアイロン台使いづらい!!』と不満が爆発し、今回のアイロン台作りに繋がりました。

マスク作りなどで軽く使う分には小さなアイロン台は気軽に使えて、洋裁のフットワークが軽くなった気がします。
どうせならお揃いが良いしと普段使いのアイロン台もこのタイミングで一緒に作りました。
大きさは1.5倍なのに軽さは今まで使っていたものよりも軽くこれもすごく使いやすいです。

今回作った2種類の中間にあたるサイズもあると便利そうだなとも思いました。
またタイミングを見て作りたいと思います。

子どもがいると学校用品、園用品などハンドメイドもする機会も多いので、これからもハンドメイド作業がしやすくなって良かったです(^^)

この作品をみた人閲覧数 474 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 くぁwせるぱんさん
Title シーリングファンをステ...
内容 実家にもらったシーリングファンを取り付けていたのですが、部屋の感じに合わなくなってきたので、思い切ってアメリカンな感じにしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 rico*mamaさん
Title 100均雑貨で簡単プ...
内容 100均雑貨でキッチンやリビンの一角をおしゃれに簡単プチDIYしてみました♬

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chikoさん
Title 簡単なコンセント隠し ...
内容 普段使わないコンセントを、100均のハンガー型クリップとカット布で隠してみました。それとおまけでツマミを交換してみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 こももさん
Title 無機質な団地のベランダ...
内容 無機質な団地の狭いベランダを、誰もが簡単に出来るDIYでカワイク&ナチュラルに多肉ガーデンに変身♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title 簡単 初めてのパーゴラ...
内容 お日さまがが眩しいのでパーゴラに挑戦しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title 玄関にレトロな二重窓を...
内容 古民家カフェ風にセルフリノベ中の我が家。。。窓のサッシがシルバー色で目立っていました。防寒と見た目のオシャレを兼ねた二重窓を家にあった材料とホームセンターで買い足せる木材で簡単に作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 Brunjuさん
Title 簡単木枠ドアの作り方...
内容 ホットプレートを入れていた木箱が不要になったので、それに簡単扉をつけて収納ボックスにリメイクしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chikoさん
Title 『木製アルファベット』...
内容 雑貨屋さんで購入した『木製アルファベット』を、レースでおめかししたり、色を塗ったりして簡単リメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title 超簡単DIY★パーティ...
内容 コーナンへ行くたびに気になってたパーティクルボード(笑) 木材の小片を接着剤と混合し熱圧成型した木質ボードで、建築用の下地なんだけど、今回コレを使ってゴミ箱をDIY♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title DIY★端材で簡単コン...
内容 端材が細かく溜まってきたので、コンパクトなスリッパラックを作ってみました.

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop