あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



PMA-5 さん

プロフィール

  • 性別:男性
  • 年齢:40代
  • 住所:
  • 職業:
  • 性格:
  • Blog:
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
建売住宅を購入したのですが、
わかってはいましたが、生活してみると
「なんか違うなぁ。不便だなぁ。」
と感じることが出てきて。

賃貸に住んでいた頃から、
トイレの便座をウォシュレットに交換したり、
食洗器用の分岐水栓をつけたり、
くらいはやっておりましたが、
建売住宅購入後は木工にもトライしてみております。

中学の授業以来ノコギリを持ったことがなく、
少しづつ道具も買いつつ、手さぐりでやっております。

いつかやってみたいDIY・手づくり
小屋裏収納を作りたいと、何度か屋根裏にのぼってみてますが、いまいちふみきれていません。

技術がない分、電動工具など良い道具に頼りつつも、
せめて手ノコくらいは、なんとか真っすぐ切れるように練習したいと思っています。

ひとこと
DIYを始めてから、第二種電気工事士の資格を取得しました。

自転車が好きです。
シフトワイヤーの交換、チェーンの交換など
ちょこっとしたメンテナンスはDIYでやってみています。

趣味でバンドをやっていたことがあり、
楽器系も好きです。

Room Clip No.2470285

カフェ板座面のオーソドックスなベンチ
この作品をみた人閲覧数 1,720

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

以前作成した、カフェ板を天板にしたテーブルにあわせる感じで、
同じくカフェ板を天板にした、オーソドックスな形のベンチを作成しました。
カフェ板は厚みが30mmあったので、座面にしても良い感じでした。
作者: PMA-5さん
カテゴリー:インテリア・内装

主な材料

  • カフェ板(200mm幅、30mm厚、2000mm長) × 1
  • SPF 2×4 1820mm × 3.5本
  • SPF 1×4 1820mm × 1.5本
  • ワトコオイル(ダークウォルナット)
  • バターミルクペイント(Shading White)
  • ビス(120mm) × 6本
  • ビス(90mm) × 8本
  • ビス(30mm)多数
  • ビス(65mm)いくつか

主な道具

  • caDIY3D-X(DIY向け設計ソフト)
  • スライド丸ノコ
  • ツーバイフォー定規
  • コンベックス(2m)
  • ソーガイド
  • のこぎり
  • あさり無しノコギリ(ダボ切り用)
  • 直尺(ストッパー付)
  • ドレッサー(中目)
  • ドレッサー(大粗目)
  • F型クランプ
  • クイッククランプ
  • 鑿(のみ)
  • 鉋(かんな)
  • 金槌
  • 手動プラスドライバー
  • 電動ドリルドライバー
  • インパクトドライバー
  • グルーガン
  • ポンチ
  • 下穴用ドリルビット
  • 皿取りビット
  • 刷毛
  • マーキングポンチ

Step1

BEFORE

今回作成するベンチのイメージ図です。

斜め前から。

 

Step2

BEFORE

正面から。

過去に作成したテーブルにあわせて使うつもりで、座面にはテーブル天板と同じ、カフェ板を使用します。

 

Step3

BEFORE

後ろから。

形はどこにでもありそうな、オーソドックスなベンチです。

Step4

BEFORE

座面以外の材料は、SPFの2×4メイン、背もたれ箇所だけ1×4を使用。

写真にでは1×4は1本しか写っていませんが結果的には1.5本使用しています。

 

Step5

BEFORE

やっている細かい作業は過去に作成した「カフェ板天板のテーブル」と大きく差はありません。
(そちらも参照頂けるとありがたいです)

カットや刻みはスライド丸ノコを使用しました。

 

Step6

BEFORE

まずはこのイメージ図にあるパーツとなる材をカットして切り出しました。

Step7

BEFORE

SPFツーバイフォーだけでこれだけ。

最近SPF(ホワイトウッド)ツーバイフォーも6フィート材が400円くらいして、高くなっちゃったなぁ。
以前は350円、安い時は328円とかだったのになぁ。

 

Step8

BEFORE

またイメージ図です。(汗)

背もたれは斜め75度(逆からいうと15度)でカットして傾斜をつけるつもりです。

 

Step9

BEFORE

カットした部分をするっと後ろにくっつけることで、疑似的に斜めにくっついているように見えるという。

※これは私のオリジナルアイデアはありません。
前にネットのどこだかで見かけたものです。

Step10

BEFORE

斜めにカットする箇所のサイズ感はこのイメージ図の通りなのですが、
DIY用のCADツールがはじきだしてくれた数字「332mm」って合ってるのかなーと思って、念のため計算してみると、、、

 

Step11

BEFORE

数学。。。
15度:75度:90度の直角三角形場合、

斜辺:高さ:底辺=4:(ルート6+ルート2):(ルート6-ルート2)

らしい。
底辺は89mm、求めたいのは高さなので、ごにょごにょ計算してみた結果、約332mm。
おー流石はツール様。
合ってた。

 

Step12

BEFORE

ということで、安心して332mmでプロット。

Step13

BEFORE

角から斜めに墨線引き。

デジタル角度計や、プロトラクターが無くてもなんとなくいけました。

 

Step14

BEFORE

角度切りは、スライド丸ノコでカット出来れば楽そうなのですが、
やや縦挽きとなってしまうため、そこはDIY。もしもの時の事故を考えると手間や完成度より安全の方が絶対に大切だと思うので、手ノコでカットすることに。

ソーガイドを使用しました。

(普通の丸ノコを持っていて使いこなしていらっしゃる人には、ここは悩むところではないのでしょうけれど。)

 

Step15

BEFORE

既設の作業台に半ば無理やりセッティングしたので、カットにもやや時間がかかってしまいました。

が、なんとかカットできました。

Step16

BEFORE

イメージ図です。

スライド丸ノコがあるので、脚と横のパーツの接合はただのビス打ちだけではなく、相欠きにすることにしました。

(人が座るので、下向きの荷重をビスだけで受けないようにした方がいいかな、というなんとなくな思いによる。)

 

Step17

BEFORE

イメージ図です。

横のパーツをとったところ。
脚側も横のパーツもスライド丸ノコでウィンウィン削って相欠きであわせます。

テーブルの作成時は見栄えの観点から、表から見えるところは数cmだけ敢えて残したおかげで(せいで)、作業が難しくなりましたが、今回はシンプルに。

 

Step18

BEFORE

相欠くところを、ツーバイフォー定規で墨線引きます。

Step19

BEFORE

毎度になりますが、
スライド丸ノコの深さ調整のネジ(かなりアナログ)で深さを調整の上、ウィンウィンとスリット状に刻んでいきます。

 

Step20

BEFORE

後は金槌で叩きまくって折りまくり。

 

Step21

BEFORE

鑿(のみ)でならします。

Step22

BEFORE

鑿(のみ)でならした、after。

鑿ってDIYやっていても、優先度的になかなか購入する順番がまわってきませんよねぇ。

もし木工系DIYをやる機会がわりとあるのであれば、例えばよくある3本セットのやつは持っているとなにかと助かる場面もあるのかな、と思ったり。

 

Step23

BEFORE

鉋(かんな)かけれる部分は、鉋も使ってみました。

 

Step24

BEFORE

相欠きしまくったafterです。

なんとなくホネホネな感じ。
削りすぎたところもあるかと思いますが、どうしても見た目がNGそうだったら、木工パテで盛ったり埋めたりすることにします。

Step25

BEFORE

パーツ同士を締結します。

わりとキツキツになっているところは、木殺しをした上で、当て木をして叩いてはめ込みました。

 

Step26

BEFORE

ひとまず、二組揃いました。

 

Step27

BEFORE

木組みの要領でわりとビス無しでも外れなさそうなところもありますが、念のためビスで締結します。

ツーバイフォー定規で4箇所をプロット。

Step28

BEFORE

下穴をあける前にポンチで叩きます。
面倒ではありますが、これをやっておくと下穴あけ、ビス打ち時にズレにくくなります。

 

Step29

BEFORE

下穴&後でダボ埋めしてビス頭を隠すための穴を掘ります。

 

Step30

BEFORE

穴あけafter。

Step31

BEFORE

ビス打ちは、締めすぎないように敢えて手動のドライバーを使用しました。

上手な人は、インパクトドライバ、電動ドリルドライバでビーっ!とやってしまっても良いと思います。

 

Step32

BEFORE

4箇所ビス締結できました。

今回、こんな感じで横の面からビス締結できたのも、相欠きしたメリットかなと思います。(面倒ですが)

脚の側面からのビス締結ですと、ビス1本への負荷が大きい感じがしますしね。(そんな感じがするだけ)

 

Step33

BEFORE

ビス締結が16箇所できたので、ダボ埋めしてビス頭を隠します。

Step34

BEFORE

ダボ木を金槌で叩いて入れて、アサリ無しノコでカット。

アサリ無しのこのミニノコギリはド定番なので、買っておいて損はないかと。

私は購入してすぐに、ケースを間違えて捨てそうになりましたが、ケースも捨てちゃダメでござる。

 

Step35

BEFORE

鉋(かんな)で面をならしました。

替え刃式の鉋ですが、切れ味は良いです。

 

Step36

BEFORE

ダボ埋めafter。

Step37

BEFORE

側面に飛び出しちゃった部分(画像の上部の木口)
は鉋(かんな)でならしました。

 

Step38

BEFORE

ただただ、シャッシャと鉋(かんな)をスライド。

使用している最適カンナは、台直しも必要なく、アルミダイカストで程よく自重もあり、木口削りでも使いやすかったです。

 

Step39

BEFORE

鉋(かんな)がけafter。
段差が減りました。

Step40

BEFORE

ついでに、鉋(かんな)で角の面取りをやっちゃいます。

 

Step41

BEFORE

だいたい45度の角度でカンナをシャッシャと。

 

Step42

BEFORE

角の面取りafter。

Step43

BEFORE

背もたれの箇所。

斜めにカットしたパーツを後ろに並べて、接合をイメージ。

過去に何度も失敗しているのですが、喉元過ぎれば熱さを忘れる。
性懲りもなく、またダボ継ぎで接合しようと。

 

Step44

BEFORE

穴あけのために仮固定。
端材をかませて、水平器見つつホールド。

 

Step45

BEFORE

真ん中に、そして垂直に穴あけしたいので、まずはポンチで凹みをつけました。

Step46

BEFORE

よくある垂直穴あけ用の小道具を使用。
穴をなるべく綺麗に開けたいので、ドリルビットは木工用ではなく敢えて金工用を使用。

 

Step47

BEFORE

穴の中心ポイントを、接合先の材にプロットするために、マーキングポンチを使用。

 

Step48

BEFORE

ピッタリとはめて

Step49

BEFORE

ピタっ。
念のため金槌で軽くコンコン叩きました。

(木槌を持っていなく)

 

Step50

BEFORE

うつしとれました。

その後先ほどと同じ要領で穴を開けました。

 

Step51

BEFORE

木ダボを入れる前に、穴側にもボンドを軽く注入。

Step52

BEFORE

木ダボを半分打ち込んでスタンバイOK!

 

Step53

BEFORE

接合面にもボンドを塗り塗りして、いざはめ込む。

ほらハマった!
ほらハマっ
はまらない!

うわーん。(涙)

仕方なくハマらない箇所の木ダボを、ボンドをふき取りつつ切断したり、もうベットベトになりながら、なんとなく接合。
ダボ継ぎムズし!!

 

Step54

BEFORE

結構慎重にやったつもりのダボ継ぎに失敗し

「もうダボ継ぎなんてやるものか」

と、もう片方は普通にビスどめすることにしました。

Step55

BEFORE

飛び出してしまわないように、ビスを直接あててみて長さを確認。

 

Step56

BEFORE

ビス打ち後、ダボ埋めまでしました。

VIVA!ビス接合!

 

Step57

BEFORE

イメージ図です。
左右のパーツを下でつないで補強します。

他の箇所は相欠きなどやってきましたが、ここは簡単に、サイドからビス打ちだけでいきます。

Step58

BEFORE

ツーバイ材を下に置いて、高さを合わせます。

 

Step59

BEFORE

しっかりと締結したいので、長めのコーススレッドを使用します。
120mm。
ゴツイ。

 

Step60

BEFORE

太くて長めなコーススレッドを打ち込む、となるとやはりここはインパクトドライバの出番。

Step61

BEFORE

しっかりと3本打ち込んだあと、ダボ埋めしました。

 

Step62

BEFORE

いつものことながら、脚裏にはキズ防止&簡易滑り止め目的で、100円ショップで買った滑り止めのウレタンみたいなやつを、グールガンで貼りつけます。

 

Step63

BEFORE

つきました。

荷重が沢山かかるものは、無いよりはマシというレベルかなと思います。

Step64

BEFORE

イメージ図です。

背もたれは3枚を予定。

 

Step65

BEFORE

そこそこの長さのビスを使用。

 

Step66

BEFORE

板と板の間隔は、1×4材を挟んで調整します。

Step67

BEFORE

背もたれ、貼り終えました。

 

Step68

BEFORE

座面以外はテーブルの時と同じく、バターミルクペイントのホワイト
(Shading White)
で塗りました。

(すみません、塗っているところの写真ありません。)

刷毛で粗く適当に塗っています。

 

Step69

BEFORE

座面にするカフェ板です。
節がちょいちょいあって気になりますが、仕方ないですね。

Step70

BEFORE

スライド丸ノコで切断。

 

Step71

BEFORE

面取りします。
先ほど面取りは鉋(かんな)でやりましたが、ドレッサーでゴリゴリ削ることにします。

大粗目を使用。

 

Step72

BEFORE

大粗目はこんな感じで、本当、ゴリゴリ削れます。

Step73

BEFORE

はぁ~ゴリゴリ。
もういっちょゴリゴリ。

 

Step74

BEFORE

大粗目で粗削りした後は、中目でもう少しならします。

 

Step75

BEFORE

なんとなく面取りできました。

鉋(かんな)が無くてもいけます。
鉋といえば、こういった面取りにはちっこい、ホビーカンナが結構使いやすいです。

Step76

BEFORE

座面は、テーブルの天板と同じく、オイルフィニッシュの定番、ワトコオイルのダークウォルナット。

入れているのは、綿棒の空きケースです。

 

Step77

BEFORE

ウェスで伸ばして塗っていきました。
あまり神経質にならずに、適当にやりました。

少し乾いた時の拭き取りやら、耐水ペーパーでの磨きもやっておりません。

 

Step78

BEFORE

乾かします。

においはそれなりにします。
私や家族は慣れてしまいましたが、屋外で出来ればそれに越したことはないかなと思います。

Step79

BEFORE

ワトコオイルを塗って数日放置後、座面を設置位置を決めるために、簡単な小物を作成しました。
(テーブルの時と同じ要領)

この小物をあてがえば、40mmと10mmの間隔が調整できる、というもの。

 

Step80

BEFORE

座面の両サイドは脚より40mm外側に飛び出るようにしたいので、小物をあてがって40mm位置をさぐります。

 

Step81

BEFORE

奥側も40mm位置で合わせます。

Step82

BEFORE

正面からは10mmだけ飛び出るようにしたいので、小物の10mm調整側をあてがって、位置合わせします。

 

Step83

BEFORE

ビスを座面の表側から打って、ビス頭をダボ埋めで隠すか、頑張って裏側から打つか悩みました。

裏側から打った方がスマートな感じがするのですが、いかんせん、2×4の幅89mmをぶち抜いてビス打ちすることになるので、やや大変。

しかし、表面は座るところだし、頑張って裏側からビス打ちすることに決めました。
90mmのコーススレッドを使用。それだけだと長さが足りないので、足りない分少し穴を掘り込んでからビス打ちします。

 

Step84

BEFORE

狭くて、電動ドリルドライバーが入りませんでした。
仕方なくフレキシブルシャフトを使用。

このフレキシブルシャフト、なんだかんだで使用頻度がわりと高い。。。

Step85

BEFORE

ビスが太目なこともあり、下穴も少し太目の下穴キリを使用して、下穴もあけました。

使用したコーススレッドは5.1mm径。
下穴キリは3.5mm径でした。

 

Step86

BEFORE

隙間的に手動のドライバーも入らないので、薄手のラチェット式ドライバーを使用してある程度までビスをねじ込んでいきました。

使用頻度は多くないですが、いざという時にあると便利でした。

 

Step87

BEFORE

ここまでねじこめれば、
短めのビットを装着したインパクトドライバが入りましたので、ラストはインパクトドライバーでビビビと打ち込みました。

Step88

BEFORE

そんなこんなで
1枚につき片側2箇所づつ裏側からビスを打った後、ダボ埋めしました。

ダボ埋めした箇所は、後からまた塗装しますが、ひとまずはそのままです。
(何かまた白に塗装する時についでに、、、ということになりそうです)

 

Step89

BEFORE

完成しました。
いたってオーソドックスなベンチが出来たのではないかと、個人的には思っております。

 

Step90

BEFORE

テーブルの前に置いてみました。

統一感だけは出せたかなと思います。

Step91

BEFORE

別の角度から。

妻からは喜んでもらえたので、作成した甲斐がありました。

最後までおつきあい頂きまして、ありがとございました。

 

Step92

BEFORE

【参考①】
今回、作成したベンチの正面から見た時のサイズ感です。

(あくまで参考の数値でお考えください。作成前にはご自分で採寸の上、値を決定お願いします)

 

Step93

BEFORE

【参考②】
今回、作成したベンチの横から見た時のサイズ感です。

(あくまで参考の数値でお考えください。作成前にはご自分で採寸の上、値を決定お願いします)

この作品にまつわるストーリー

前回、カフェ板を天板にしたテーブルのDIYにトライしましたが、
そのテーブルとあわせた感じで椅子が欲しいと、妻からオーダー。
4つ脚のベンチが良い、と。

よくある感じのベンチで良いのけ?

ときくと、それで良いとのことで、
ひとまず壊れなきゃ良い程度のベンチ作成を試みました。

◆座面はカフェ板
テーブルにあわせた椅子はもともと作ろうと思っていたので、
カフェ板は前回数枚一緒に買っておいたものを使用。
なんとなくこ洒落ている上に板厚が30mmあるので、
ある程度の横幅で使用しても耐えてくれるであろう、という目論見です。

◆ベンチ横幅について
ベンチなので、テーブル幅に対してなるべく横幅が広い方が
見栄え的にも使用感的にも良いのではないか、
と考えて、
カフェ板1枚(2000mm)を半分に切って端を切り落としたくらいのサイズ(980mm)で作成しました。

塗装して座面をつける段階で妻と話していたらふと、

「あ、これだとテーブルの内側にしまえないね」

と一瞬我に返り。
結局、塗装もしちゃったし、まぁいっかとあいなりました。
本当に、どうしても使いづらかったらリメイクできないことはないのがDIYで作成した強味でもあり。

◆強度について
椅子、ベンチは体を預けるものなので、
強度、安全性についても考慮すべきものだと思います。

今回ベンチを作成した後、体重重ための私一人が実際に座ってみて、
特に問題ないように感じていますが、
あくまで、 本投稿は一アイデアとしてご参照頂き、
ご自分で作成される際には自己責任にて検討・作成をお願いします。

(場合によっては板厚を厚めにする、座面下にも補強を入れる、横幅を狭くする等)


◆材料費(参考)
1,400円:SPF材(2×4) 6フィート 3.5本(近場のホムセンで買うと微妙に高い。。。)
0,450円:SPF材(1×4) 6フィート 1.5本
1,080円:カフェ板 2000mm 1枚
0,150円:ビスあれこれ(ざっくり計算)
0,100円:ワトコオイル少々(ざっくり見積もり)
0,300円:バターミルクペイント 少々(ざっくり見積もり)
------------------------------------------------
3,480円

[2020/08/03]
うろ覚えだったカフェ板の価格を購入したホームセンターで確認したので、更新。
1枚 1,500円 ---> 1,080円
ネット通販で見かけるものより安かったです。

この作品をみた人閲覧数 1,720 2 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 ノリエさん
Title 収納ベンチの作り方...
内容 飲食店をはじめる友人に頼まれてたっぷり収納できる大きなベンチを3つ作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title 釘やビスを使わない端材...
内容 トイレの模様替えをしていて、窓際にちょっとした2段以上の棚が欲しいと思いました。 すぐに作りたかったので、家にあった端材であんまり加工せずに簡単に作ってみました。初心者の方にもおすすめです。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title 人工芝ベンチ...
内容 生の芝生ベンチを見て 人工芝でつくろうかと~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title パレットでなんちゃっ...
内容 戴き物のパレットを使って、絵本や小物も収納できるキッズのベンチを作ってみました。 ステンシルで、なんちゃって広告を付けたのもポイントです。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ゆんさん
Title ベッドをベンチにリメイ...
内容 使わなくなったベッドを棄てようと解体したものの、もったいないからとベンチにリメイクしてみた。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kekoさん
Title ガーデンプチリメイク!...
内容 小さい庭で、鉢の置き場がなくなってきたので、ベンチ型置台を作って、お庭のプチリメイクしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 スノーラビットさん
Title ☆ちっちゃなベンチを作...
内容 またしても端材を使って、ディスプレイ用の小さなベンチを作ってみました~♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kikorさん
Title 簡単!木材3本でベンチ...
内容 ダイニングテーブルにあうベンチイスが欲しくて、自分でDIYしてみました。なんと約1600円でできましたよ!ホームセンターで木材を買って切って貰い、組み立てるだけ!木材は余すことなく使えました^_^

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 森小さん
Title 廃材ベンチ...
内容 廃材でガーデンベンチを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 *non*さん
Title 庭のベンチ...
内容 小屋の外で庭作業が終わったら一休み(o^-^o) お友だちが来たら、井戸端会議♪楽しいです。

このDIY作品 を見る

no image
Before
After

pagetop