あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

ごちゃごちゃもスッキリ!収納兼ディスプレイ棚
この作品をみた人閲覧数 803

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

工具をポン。家庭菜園の道具もポン。一歳の子の手の届かないところにポン。
とりあえずが積もりに積もり玄関がとんでもないことになっていました。
暖かい陽気が続いてきたので思い切って片づけDIYしました!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:木工・工芸

主な材料

  • ・木材
  • (今回は3×4cm位のホワイトウッド、杉野地板を中心に使用)
  • ・お好みの塗料
  • (今回はステイン、アクリル系塗料、アイアン風塗料使用)
  • ・パテまたは木粉粘土
  • ・L字金具

主な道具

  • ・のこぎり
  • ・インパクトドライバー
  • ・両面金属やすり
  • ・サンダー(紙やすり)
  • ・作業台
  • ・塗装用刷毛やスポンジ
  • ・塗装用ポリ手袋
  • ・2×4専用定規
  • ・各用途に合ったサイズのビス
  • ・L字クランプ
  • ・メジャー
  • ・鉛筆
  • ・水平器

Step1

BEFORE

ここ最近、見苦しかった玄関です。
あまりにも見苦しかったのですが恥を忍んで写真を撮影。
モザイク越しにも、ごちゃごちゃしている様子はなんとなくわかるかと思います(*_*;

 

Step2

BEFORE

材料を買い出しに行くのにも片道30分。
赤子込みでは週末に夫に協力をしてもらわないと気軽に行けないので、
冬にため込んでいた手持ちの木材から使えそうなものをかき集めてきました。
ただ、保管期間や環境で反りが出た木材もあり組み立て時に苦戦したので木材購入後はあまり期間を空けないほうがいいです;

 

Step3

BEFORE

野地板などは表面が荒れているので下準備としてやすり掛けします。
この後エイジングもするので、ツルツルになる程は整えませんが触ってケガをしない程度には整えます。

Step4

BEFORE

作業台がないのでプランター用の台を持ってきました。
とは言え、高さがそこまでないので量があると腰にきます。
我が家での今後の課題が出てきた気がします<作業台

 

Step5

BEFORE

表面のやすりがけができたところで、今度はエイジングです。
真逆の作業ですが、経年を感じるデザインを目指すために木に傷をつけていきます。
ここで便利なのが金属やすりです。

 

Step6

BEFORE

こちらの一番手前は適度に金属やすりで傷をつけた野地板です。

Step7

BEFORE

側面も忘れずに傷をつけます。
まだ作業途中の写真ですが、このようにお好みの具合で古材風のテイストに仕上げます。

 

Step8

BEFORE

参考までに作れる傷の形です。
こちらは角で叩いた傷。

 

Step9

BEFORE

側面もただやするだけでこの様に粗削りになります。

Step10

BEFORE

角を利用して、端から引くように力を入れていくと経年からの木痩せも表現できます。
一心不乱で作業したので雑ですが(笑)

 

Step11

BEFORE

トントンと叩くだけでも腐食していそうな痛みすら出せます。

 

Step12

BEFORE

こちらが使用した金属やすり。
片面が鬼目という粗削りの使用になっています。

Step13

BEFORE

こちらがシャリ目。
両面仕様の金属やすりなので好みのエイジング具合を出すのにピッタシです。

 

Step14

BEFORE

野地板の準備が整ったところで、塗装の準備です。
まず色の下地を用意するので調合用に容器を用意しました。
塗料の量はいらなかったので豆腐パックにビニール袋セットで片付けも楽です。

 

Step15

BEFORE

緑をベースに黒を混ぜて水でシャビシャビに薄めた塗料ができました。
苔の様な色を想像していただければと思います。
こちらはアクリル系の塗料をベースに色を作りました。

Step16

BEFORE

端から中心に向かって傷んだ刷毛等ででザザっと色を載せます。
そうすると不規則な色の載り方になるのでダメになった刷毛も捨てる前に有効活用できます。
また、痛みの激しい箇所から広がるようにも色を載せていきます。

 

Step17

BEFORE

同じ容器でよいので(むしろその方が色なじみがよくなる)、黒色の塗料と水を足します。
そして改めて木に大雑把に色を載せます。

 

Step18

BEFORE

次に使うのはステインです。
理想を言えばグレー色のステインを使うといいのですが気軽に買い物に行けない現状、手持ちのものを使います。
自分でも忘れていたようですが持て余していたメープル色のステインにペンキで好みの色を付けていたであろう塗料を見つけました。
若干グレー寄りです(笑)

Step19

BEFORE

まだしっかり乾いてませんが、下が1度塗り。上が2度塗りのものです。

 

Step20

BEFORE

この後更にウォルナット色のステインを全体に薄く塗りました。
この野地板は天板になる予定の板です。
とりあえず野地板の準備はこれでオッケーです。

 

Step21

BEFORE

続いて棚本体を作っていきます。
広い玄関ではないので圧迫感を出したくないことから3×4cmのホワイトウッドを使用し、オープンシェルフのかたちで作っていこうと思います。
3×3㎝のSPFの角材よりも組む時にビスの位置が干渉するのを避けられるのでよく使用しています。

玄関もご家庭によりサイズが様々なので、サイズというよりも作業工程を参考までにしていただければと思います。

Step22

BEFORE

セルフカットするためのサイズを描くのに便利なのがこちらの2×4材用定規です。
直角になっているので側面まで線がずれることなく印づけられるので便利です。
これを購入してからセルフカットの精度や、印づけなどの作業性など明らかに上がりました。
2×4に限らず使えるので、個人的には本当にお勧めの道具です。

 

Step23

BEFORE

また写真を見ていただくと穴があるのがわかると思いますが、
これもビス止めの位置を揃えて印をつけられるので作業後の見た目も既製品の様に規則性がでて良いです。

 

Step24

BEFORE

ということで木材を必要分カットできました。
この後、組み立てていきます。

Step25

BEFORE

この様に仮組みして、予めビスをあける位置を確認します。
写真は飛びますが工程34の形のものを作っていきます。□のフレームの形ですね。

 

Step26

BEFORE

そうしたら同じパーツとなる箇所に穴をあける印をつけます。
この時に先ほどの定規が大活躍です。

 

Step27

BEFORE

印をつけれたらインパクトドライバーのドリルビットで下穴をあけます。
ちなみにこれは柱の底側になります。

Step28

BEFORE

次に先ほど穴をあけた木材の反対の端、つまり上側に当たる箇所に下穴をあけるのですが、
ここでは天板の厚みの分を空けて組みたいので天板の厚みを図ってください。

 

Step29

BEFORE

厚み分ずれた位置から先ほどと同じ様に印付けます。

 

Step30

BEFORE

そうしたら先ほど同様に下穴をあけます。

Step31

BEFORE

下穴の準備ができたので早速ビスで固定していこうと思います。
この時にL字クランプが大活躍です。

 

Step32

BEFORE

ビスは2本でとめます。
1本だと木材が回転してしまうのでしっかりと固定するためにも2本どめです。
今回はアイアン風に塗装したいと思うので、ビスは見せる形でとめました。

 

Step33

BEFORE

ビスの長さも木材が簡単に外れない様に余裕を持った長さを用意してください。
今回の場合はダボ仕上げをしない分、長さが必要なので7㎝程の長さを使用しています。

Step34

BEFORE

まずこれでフレームができました。

 

Step35

BEFORE

大きいものも小さいものも最後には合体するので、一番上は天板の厚み分ずれた位置で組んであります。

 

Step36

BEFORE

というのも、下駄箱横には50㎝強の空間があるので
そこに収納棚を下駄箱上にはディスプレイ棚を作ろうと思いそれぞれのサイズを用意した次第です。

Step37

BEFORE

それぞれフレームの高さは合わせているので、中の棚板の位置を決めます。
これは一番上を揃えてあげれば棚の位置もズレずに揃えられるます。

 

Step38

BEFORE

最初に組んだ要領で印づけと下穴をあけ、木を固定します。

 

Step39

BEFORE

それでは大きなフレーム2つは先に組み立てるため、繋ぐ木材を改めて用意しました。
その内1つは2×4材で底に当たる箇所に固定します。
細長い棚になることもあり。厚みのある木を使用することで重心を下に寄せています。

Step40

BEFORE

今までと同じ要領で木材に下書きおよび下穴を開けていきます。
違うサイズの木材を使用しているのでしっかり位置を確認しましょう。

 

Step41

BEFORE

そして、穴をあけるときはフレームは左右対称になるようにします。

 

Step42

BEFORE

悲しいことに手持ちのクランプでは2×4材を挟めなかったので壁を利用して組み立てました。
この時人手があればよかったのですが、残念ながら私一人なので失敗しない様に慎重に進めます。

Step43

BEFORE

なんとか繋げることはできました。
が、このままでは運ぶだけで確実に壊れる自信があります。

 

Step44

BEFORE

なので一番上の個所の正面にも木を固定します。
この箇所にアルファベットモチーフを貼り付けたりステンシルなど映えそうです。

 

Step45

BEFORE

また、ここは正面から直接ビス止めするので、先に組んだビスと干渉しない様に気を付けます。

Step46

BEFORE

無事固定できました。
これでメインの収納棚の基礎ができました。
このサイズ(高さ1820)となると普通に自立させるには、細長く倒れないか等強度は心配になるとは思いますが、
今回は①両側面と背面に壁がある。 ②更に小さなフレームを合体させL字の形の構造になる ③収納棚は背面の壁幅とサイズピッタシに作っている。
この事から今回の棚はグラつきなどの心配はないので大丈夫です。

作る際は、縦・横・奥行とサイズ自体で安定感はガラリと変わってくるかとは思います。

 

Step47

BEFORE

一度イメージの確認にと仮置きしました。
この時、倉庫に使用していなかった耳付きの板が下駄箱の天板サイズとほぼ一緒だったので、下駄箱上に載せました。

 

Step48

BEFORE

それに伴い、収納棚も底上げが必要になりました。
(灯油タンクは工程に特に意味なく、収納予定からイメージの確認で置いてあるだけです。)

Step49

BEFORE

ということで急遽、棚下に下駄を作ります。
SPF材とヒノキ材を使用しました。家の中とはいえ地面にふれる箇所なのでヒノキ材なら水気にも少し安心です。

 

Step50

BEFORE

すのこも通気性がある作りな分、ビス止めの位置がずれるとガタガタしたものになるので端を揃えて下書きなどを含め下準備します。

 

Step51

BEFORE

この時、手持ちの木を使用して端から線を合わせて書きました。

Step52

BEFORE

ビス穴の位置はおなじみ2×4材用定規です。

 

Step53

BEFORE

足の個所がずれないように組み立てました。

 

Step54

BEFORE

塗装前に一度設置して確認します。
丁度足に当たる箇所に棚が乗るようになっているので、天板のたわみの心配もありません。

Step55

BEFORE

そして、大きなフレームと小さなフレームは幅が違う分、収納棚の板の奥行きが足りなくなります。

 

Step56

BEFORE

ここの差は丁度ワンサイズ小さいサイズの野地板に合わせて設計していたので棚と同じ長さの板を用意します。

 

Step57

BEFORE

仮置きしてみました。ピッタシです。

Step58

BEFORE

棚の側面には使用していない傘を引っかけておきたいので高さを確認して位置を決めます。

 

Step59

BEFORE

ここで線を引いておき、塗装前に改めて組み立てます。

 

Step60

BEFORE

寒冷地なので冬には石油ストーブ必須な我が家は灯油タンク置き場が欲しいところ。
棚を足すにあたり、位置を決めるため実物を置いていろいろと棚の数や高さを考えます。

Step61

BEFORE

必要分の棚用の板の数など決まったら、先に塗装した野地板からカットし、足りない分は新たに足しました。

 

Step62

BEFORE

最初の工程同様エイジングと塗装をします。
すのこに関してはステインだけで別に塗装しておきます。
この後は棚本体とフレームを塗装します。

 

Step63

BEFORE

と、塗装前に少し小細工を。
こちらは蓋の締まりが緩かった為に粘土みたいになってしまったステインです。
次の作業はパテや木粉粘土で作業しようと思っていましたが、粘土みたいなのでギリギリまで使ってみようと思います。

Step64

BEFORE

次の作業というのが、この様な木同士の継ぎ目を埋めようと思います。

 

Step65

BEFORE

その時、平らに埋めるのではなく盛ります。
要はアイアンならではの溶接時の溶けて盛り上がる箇所を再現しようと思います。

 

Step66

BEFORE

根気の必要な作業ですが、ひたすら手で盛りました。
乾いたら必要に応じてやすりなどで整えます

Step67

BEFORE

盛った個所が乾いたところで塗装です。
一度使ってみたかったアイアンペイント。購入してから、ようやく日の目を見ました。

 

Step68

BEFORE

ですが、手持ちはシルバー。使いたいのはブラック。
例のごとく黒色のアクリル塗料と混ぜて色を用意しました。

 

Step69

BEFORE

この日は暖かい陽気で塗った先から乾くので急ぎ塗り込んだこともあり作業風景は撮れなかったのですが、
盛ったところもそれっぽい感じに再現できました。

時間に余裕があれば、塗料を厚くムラを出して載せたりトントンと叩いたりして不規則な塗り方をするとよりアイアンに近づきますよ(^^)

Step70

BEFORE

追加の棚板は取り外し可能なタイプにしたかったので、乗せるための棚受けを用意します。

 

Step71

BEFORE

これも棚本体と同様の色で塗ります。

 

Step72

BEFORE

乾いたところで先にビスを取り付けておきます。
この時、棚と干渉する位置にビス穴をあけてビスをつけておきます。
2㎝幅の角材なので木が割れる可能性もありビス前の下穴は必須です。

Step73

BEFORE

こちらは固定用の棚板になります。
こちらはL字金具を利用して固定しようと思います。

 

Step74

BEFORE

金具が棚板の足?に干渉してしまうので金具に合わせた足の長さになっています。

 

Step75

BEFORE

これは灯油タンク上の棚になります。
重たいものを乗せる予定はありませんが、念のため耐荷重量がそれなりにあるL字金具でしっかり固定しました。
この時に水平器などあると簡単に水平を出せます。

Step76

BEFORE

そして、この位置をこの形の棚にしたというのも、傘の配置の関係から取り出したりするのに干渉してしまうので、ここはこの様な棚に落ち着きました。

 

Step77

BEFORE

次は先ほど用意した棚受けを本体に取り付け、棚板を乗せました。

 

Step78

BEFORE

更にその上にも同様に取り付けます。

Step79

BEFORE

取り外しのきく棚板なので収納するものによって高さや奥行きを変えられるのがメリットです。

 

Step80

BEFORE

小さなフレームを繋ぐ大きな天板はそれぞれしっかりとビス止めして固定します。

 

Step81

BEFORE

これで収納兼ディスプレイ棚は完成です。

Step82

BEFORE

こちらは収納スペース上部です。
作業道具など中心に収納予定です。
ここは使用頻度が高そうなので、用途で棚の高さを変えられるのが重宝しそうです。

 

Step83

BEFORE

こちらが収納スペース下部。
灯油タンクや傘など基本的に置くものなどは固定される箇所になりそうです。

 

Step84

BEFORE

そしてこちらはディスプレイスペース。
子どもの作品をようやく飾れました(^^)
玄関の顔となるスペースなので、子どもの作品はぴったしです。

Step85

BEFORE

とりあえずイメージの確認にと収納部に子どもの外玩具の一部を置いてみましたが、
余っていたプラケースなので浮きまくりです(笑)
また色々なことが落ち着いたら、合ってる物をゆっくり探しに行こうかなと思います。

この作品にまつわるストーリー

玄関は常にいる空間ではないのでついつい手入れを後回しにしていました。

そして生活するうえで増えていく日用品。
元々、子どもたちの外遊び道具も玄関にまとめてあるうえで、
親のDIYや家庭菜園作業の途中経過でとりあえず作業道具をポンと置いたり、
小さな子が届かない様に低い位置に置いてあったものを『後で片付けよう。とりあえずは一旦届かない位置に」と上に置いたり、
積もりに積もって、気づけば・・・とんでもないことに(*_*;

流石にこれはいけないぞと思い切って作業しました!

どうせなら収納だけじゃなくて、学校や園から持ち帰り置き場に悩んでいた子供たちの作品を飾ったりもしたかったので
ディスプレイも兼ねたデザインに。玄関も以前より広く使いやすい空間になりました!
子どもたちも早速気づいたようで『あの時に作ったのだ!』とニコニコです(^^♪

夫もこれを機に久しぶりに水槽を立ち上げ始めたので、子どもも『お魚さんのお家だ!』と大喜び。
まだ水質が安定していないので魚はもう少し先ですが、その様子を見れただけでも作ってよかったです(*^-^*)

ベースはシンプルな棚なので生活スタイルの変化でさらに手も加えられそうな感じでもあります。
とりあえず新年度の家庭訪問までにはスッキリとした空間にできたので母としても安心したDIYとなりました(笑)

この作品をみた人閲覧数 803 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 かおさん
Title 玄関収納の扉を作る...
内容 穴だけ開けてあった玄関の階段下収納に、扉を作成しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komomoさん
Title 玄関に板壁風壁紙を貼る...
内容 殺風景な玄関の壁紙に 板壁風の壁紙を、腰壁のように貼りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 シゲウッドソンさん
Title 玄関クロス塗り替え+差...
内容 玄関ホールのクロス壁1部にアクセントを付けました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 miさん
Title 玄関をフレンチシャビー...
内容 玄関をフレンチシャビーに5では決め手となる柱の色味がパステルになってしまった為、今回新たに調合し直してグレー味の強いブルーに仕上げました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title 玄関に大理石柄のクッシ...
内容 真っ白にペイントした玄関の床。 髪の毛が落ちてると目立つ・・・ってことで、今回、大理石柄のクッションフロアを貼りました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 miさん
Title 玄関をフレンチシャビー...
内容 柱も塗り終わり、珪藻土が到着したので、早速塗っていきます! 以前広い壁に2部屋珪藻土は塗った事があるので5年のブランクがありましたが、勘が戻る様に頑張ります♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 miさん
Title 最終!玄関をフレンチシ...
内容 玄関をフレンチシャビーに♪ 最終編です(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡やっと完成...! 思い描いていた通りの玄関になり大満足です♡

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 森小さん
Title 玄関サッシをブロンズか...
内容 ブロンズ色の玄関サッシを 元に戻せる形で ペイントしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ゆーさん
Title 玄関 タイル貼り...
内容 玄関の既存タイルに新しくタイルを貼りました

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chocoさん
Title 夢の玄関大作戦☆...
内容 よくある一般的なマンションの玄関に憧れのアーチを作りました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop