あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

思い出をしっかり保管。乳歯&へその緒ケース
この作品をみた人閲覧数 168

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

長男が小学生になり乳歯が永久歯に生え変わりました。
とりあえず乳歯を保管しているものの、このままでは抜けた歯が増えるばかりで無くしそう…ということで身近な材料でケース作りにチャレンジしてみました。
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • 【セリアで調達】
  • ・ウッドケース(桐)
  • ・木板(桐) 45×12㎝
  •  または ひのき板 30×8.5×1㎝
  • ・A4 クリア下敷き
  •  
  • ・起毛素材の布
  • ・手芸用の綿または脱脂綿 
  • ・好みのラベル等装飾品

主な道具

  • ・メジャー、定規
  • ・鉛筆、ペン、消しゴム
  • ・ミニクランプ
  • ・ボンド
  • ・ダボ
  • ・はさみ
  • ・爪楊枝
  • ・のこぎり
  • ・紙やすり
  • ・インパクトドライバー
  • ・径のあるドリルビットまたはダボ穴用ビット
  • ・ミシン
  • ・グルーガン

Step1

BEFORE

今回は主にセリアで入手できるものを使用して作っていきます。
市販されている乳歯ケースは桐やヒノキなど保管に適している素材が多かったので、
セリアにてこのウッドケースを見てピンとし作ることを決めました。

 

Step2

BEFORE

今回の作り方を参考に、このウッドケースとは別のケースで制作する方もいるかと思うのと、
安価な材料なことからサイズに個体差がある可能性もあるかと思うので具体的な数字は明記せずに手順を踏んでいこうと思います。
まずは、ケースの中の縦方向のサイズを確認します。

 

Step3

BEFORE

先ほど図った長さに合わせて木の板に線を引きます。
(今回は結果的に2パターン考えたので手順が少ないのは工程31から記載しています。お好みで選んでいただければと思います。)

Step4

BEFORE

その線をのこぎりでカットします。
これを2枚用意します。

 

Step5

BEFORE

カットしたものがケースにピッタリか確認します。
もし大きければ紙やすりなどを使用し微調整しておきます。
ただこのままだと向かって右側の個所にスペースが余ってしまいます。

 

Step6

BEFORE

実はこちら側はへその緒ケースをしまおうと考えていました。
これも素材は桐。統一感があると気持ちいいですね。

Step7

BEFORE

ただこのままでは先ほどの木の板と干渉してしまいケースに入らなくなってしまうので改めて板をカットしていきます。
へその緒ケースはそれぞれにサイズがバラバラかと思うので、お手持ちのものに合わせてどれ位カットするか決めていただければと思います。

 

Step8

BEFORE

先ほどの要領で2枚とも線を記入します。

 

Step9

BEFORE

カットできました。
デザインやサイズなどによっては切り出した端材をへその緒と乳歯の間の仕切りに活用することもできるかと思います。
そこもお好みで使用するか考えていただければと思います。

Step10

BEFORE

それでは、歯をしまう箇所を下書きする準備をします。
木に薄くアタリを引いてある程度上下左右対称にできるように下書きを進めます。

 

Step11

BEFORE

思い切ってフリーハンドで下書きを描いていきました。
上の歯10本、下の歯10本、計20本分の〇を絵描きます。
PCが得意な方はPCでデザインしそれを印刷したりして下書きを描くのに使用するのもいいかと思います。

 

Step12

BEFORE

この時、ダボ用のビットの直径と同じダボがあればそれのサイズを参考に下絵を描いていきます。

Step13

BEFORE

描けたのでインパクトドライバーにダボ穴用ビットを取り付けアタリをつける感覚で少し掘っておきます。

 

Step14

BEFORE

少し掘ったところです。バランスに少しいびつなところもありますが大丈夫そうなので次の作業を進めます。

 

Step15

BEFORE

もう一枚の板と先ほどの板をボンドで張り合わせ厚みを出します。

Step16

BEFORE

ただ、このままほっておくと浮き気味で乾いてしまうこともあります。
一度乾いてしまうと修復のほうが大変なので押さえて乾かします。

 

Step17

BEFORE

ここで使用するのがクランプです。
これもおなじみセリアで見つけた「ミニクランプ」。
雑貨や小物を作ることも多いので便利そうだと購入していたものでしたが案の定、今回の雑貨づくりで活躍することとなりました。

 

Step18

BEFORE

ミニクランプで板を挟み押さえてボンドを乾かします。
持っている数が2個だったので心もとなかったこともあり気持ち程度の実力かもしれませんが洗濯ばさみも使用して押さえてます。

Step19

BEFORE

乾いたところで、先ほど軽く掘っていた穴をしっかり掘ります。

 

Step20

BEFORE

あえて少し押し付けるように最後まで掘ったので周囲に窪みができました。

 

Step21

BEFORE

ただこのままでは雑なところがあるので穴の内側に布を張ろうかと思います。

Step22

BEFORE

フェルトが気軽で良さそうですが少し厚みがありすぎるので起毛気味の布を今回はお勧めします。
こちらはネル素材の布地になります。
写真の茶色のフェルトと断面を見比べると厚みに差がけっこうあります。

 

Step23

BEFORE

穴の中に貼るとなると結構細かい作業です。
今回の場合は3㎝×1㎝程度のサイズで25枚前後切り出しました。(予備も考えて)
これも穴のサイズに合わせて大きさを調節してください。

 

Step24

BEFORE

中に貼るのに使うのは爪楊枝です。
指で貼るのは不可能なので、爪楊枝で奥など細かい箇所をしっかり貼り付けていきます。

Step25

BEFORE

まずボンドを少量だし穴の側面に爪楊枝を使って塗っていきます。

 

Step26

BEFORE

次に先ほどカットした布地を巻いたものを穴にいれます。

 

Step27

BEFORE

ボンドを塗るのに使った爪楊枝とは別の爪楊枝を使い穴の側面に布地を押しつけ接着していきます。

Step28

BEFORE

この要領ですべての穴に貼り付けました。

 

Step29

BEFORE

次に底にも布を貼り付けます。
布地が小さく円でカットは難しいかと思うので正方形に切り出しました。
先ほどの要領で爪楊枝で底にボンドをチョンと置き、きれいな爪楊枝で少しづつ押し込む形で布を底に貼り付けます。

 

Step30

BEFORE

全て貼り付けれました。

Step31

BEFORE

こちらはヒノキ材です。こちらも以前セリアにて別件で入手し保管していたものです。
桐材のケースとの材質は違いますが、こちらも乳歯の保管には適している素材になります。

 

Step32

BEFORE

実はこちらの板は今回のウッドケースとサイズがほぼぴったしです。
なのでこちらでも加工してみました。

 

Step33

BEFORE

先ほどの桐材同様にアタリや下書きをしてダボ穴を掘った状態です。
こちらは厚みの関係から一枚での加工になりましたが、木材が固くしっかりしているので桐と比べてきれいな仕上がりです。

Step34

BEFORE

二つ並べてみました。

 

Step35

BEFORE

近くで見るとより分かりやすいです。
こればかりは統一感で桐材を選ぶかヒノキ材を選ぶか好みが分かれるかなと思います。
ちなみに当初は木粉粘土も候補に入れていましたが乾くにつれての縮みや色味なども考えて候補から外しました。

 

Step36

BEFORE

考えた結果、今回の場合ははヒノキ材で進めることにしました!

Step37

BEFORE

因みに補足ではありますが、桐材柔らかすぎて今回のは3代目でした。
サイズの関係で間隔もギリギリだったのも割れやすい要因ではありましたが、
へその緒を仕舞わずに乳歯だけの収納で考えればスペースにだいぶ余裕ができるので割れの心配は少ないかと思います。
そこも用途に合わせて自分でデザインを考えられるのが手作りのいいところですね。

 

Step38

BEFORE

次は乳歯の飛び出しを防ぐために中蓋を作ります。
ここでは下敷きを使用します。使えそうな材料をお店で探した結果、
プラバンでは薄い・PPシートでは透明度が低い・クリアファイルやファイルケースでは薄いのと不要な箇所が多いということで、
たどり着いたのが下敷きでした。厚みや強度も申し分なく透明度も高いので今回の用途にもピッタリです。

 

Step39

BEFORE

まず乳歯ケースの土台の枠を下敷きにペンで書き写します。

Step40

BEFORE

この様に書き写せました。そうしたらはさみでカットします。 
(木目の上からは見づらいので下に紙を敷いていますが作業に特別必要なものではありません。)

 

Step41

BEFORE

カットできましたが、線が残ってしまいました。
このままでは仕上がりで悪目立ちをするので消していきます。

 

Step42

BEFORE

この時に消しゴムを使うときれいに消せました。
ただ、書いた後すぐの作業だったから消せたのかもしれないので時間をおいての作業はあまりお勧めしません。
また、広範囲で作業すると下敷きが曇ってしまうので、あくまでもペンの跡のみを消す気持ちで作業するとよいかと思います。
(写真はすこし摩擦後で曇りがちになっているのがわかるかとおもいます;)

Step43

BEFORE

角が鋭利なので丸く切り落とします。
この時、余っている下敷きの角をガイドに線を描きカットすると四隅きれいに同じ形に整えられます。

 

Step44

BEFORE

カットできました。
これで内蓋の作業が完了です。

 

Step45

BEFORE

次に起毛素材の布を用意します。
ケースより少し幅を大きくし、長さはケースの2.5~3倍の長さにカットします。

Step46

BEFORE

端処理としてフチを3つ折りにしてミシンで縫います。
ミシンがなければボンドなどでも大丈夫です。

 

Step47

BEFORE

それでは本体にパーツを組み立てていきます。
ウッドケースの底に薄くボンドを塗り、先ほどの布を起毛部分を表側にしケースに敷きます。

 

Step48

BEFORE

次に乳歯入れを貼り付けます。
ボンドまたはグルーガンで貼り付けます。
グルーガン使用の場合は固まる前に手早く作業してください。

Step49

BEFORE

貼り付けることができました。

 

Step50

BEFORE

へその緒ケースを仕舞うとこの様になります。
(こちらは接着しないようにしてください。)

 

Step51

BEFORE

ここで使うのは桐材で出た端材です。

Step52

BEFORE

乳歯入れとへその緒ケースの間にピッタシです。
この仕切りは接着剤で固定はしません。

 

Step53

BEFORE

乳歯入れにラベルを貼り付けました。
こちらも確かセリアで購入したラベルだったと思います。
ここに後ほど子供の名前を記入したりしようと思います。

 

Step54

BEFORE

下敷きでできた中蓋を置けば中の構造は完成です。

Step55

BEFORE

乳歯を仕舞う際は仕切りの板を外して中蓋を外す仕組みです。

 

Step56

BEFORE

布も中蓋の要領で、織り込んで外蓋を閉じる形になります。

 

Step57

BEFORE

木材の利点を生かしたいため塗装をしないので基本的にはこれで完成です。

Step58

BEFORE

ただ、やはり寂しいのもあるのでラベルを貼ったり、少し前に流行った半田ごてを使ったウッドバーニングなどするのもいいと思います(^^♪

 

Step59

BEFORE

そしてこちらが歯医者さんで抜いてもらいそのままケースでお持ち帰りし保管していた乳歯。

 

Step60

BEFORE

乳歯ケースに入れるとこの様な感じです。

Step61

BEFORE

ただこのままでは中で動いて破損の可能性もあるので、今回は余っていた手芸綿をクッションにしようと思います。
綿でなくても脱脂綿などでもよいと思います。

 

Step62

BEFORE

ごく少量をケースに入れその上から乳歯を入れました。
乳歯がぐらぐらと動く様子もなくいい感じです。

 

Step63

BEFORE

この感じで乳歯が抜けるたびに収納できる乳歯ケースが完成しました。
構造自体は単純なのでお子様のいるお母様にぜひ作っていただきたい作品になりました。

この作品にまつわるストーリー

この作品を作ったのは、新たに歯がぐらぐらしていると一番上の子から聞いたことがきっかけでした。

その内にケースを買おうかなーと考えてはいたのですが、調べてみて気に入った商品は案外いいお値段。
そして我が家は子どもが三人。どうせならお揃いで用意したいなとも思ったりしていたのですが、
そうなると同じタイミングで購入しないと下手すると一番下の子の時には販売終了。
かといって一気に購入するといいお値段がさらにいいお値段(^^;)
なかなか即決できるものではなかったのですが、子どもの乳歯は待ってくれるわけではなく抜けそうな感じでした。

そんな時に買い物先のセリアでウッドケースを見つけ
「あれ、これパッと見でネットで見た乳歯ケースに似てる」と思い、それなら作ってみようかなと行動に移してみました。

突発的なチャレンジだったので、途中工程37の様に材料の破損で雲行きが怪しくなったりもしましたが、
思い立った時が一番やる気があるときでもあるので諦めずに再チャレンジなどして
最終的に思い描いていたような形になってくれたのにはホッとしました(^^)

ただこの後も下の子用にあと2つ同じものを作らなきゃいけないのですが、
当初の市販品を購入した場合の予算と比べれば、だいぶ予算を削減できたので主婦目線では大満足な結果です(笑)

これでいつでも生え変わりどんとこい!という感じで子どもの成長を待ち構えることができると思います(*^-^*)

この作品をみた人閲覧数 168 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 omomo+emoさん
Title 額を使って子どもとディ...
内容 息子が作った切り紙や拾ってきた落ち葉を、額に入れて壁に飾ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 coinさん
Title 押し入れを子どもスペー...
内容 和室の押し入れを子供たちの遊び場スペースに改造してみました。ちなみに、いっさい押し入れに傷を付けない方法でやってます・・・。(パパさんが許さないので)

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 :JILL:さん
Title 子どもイスのお色直しと...
内容 無垢材のまま使っていたこどもイスに、色を塗ってみることにしました。それから、ソファ脇にレトロ風のサイドテーブルを作ってみました~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 子どもと一緒に育つキッ...
内容 今年は出産に子ども達の入学・入園と、新生活の中あっという間に時が過ぎていました。 気づけば離乳食の時期。よくあるキッズチェアでは脱出するので工夫を入れたキッズチェアを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 エスマさん
Title 和室を洋室(子ども部屋...
内容 和室を子ども部屋にするために、天井、壁を塗装して、畳部分は、フローリングを敷きました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ぎんみるてんさん
Title 茶箪笥をリメイク ...
内容 茶箪笥を 譲って貰ったので リビングに飾りたいなと リメイク 初心者には 塗装を剥がすのが難しく とりあえず ペンキで色を塗ってみた

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 しんのすけさん
Title 植木鉢をナチュラルにD...
内容 植木鉢の表面が欠けてしまったので、杉板の端材を使いリメイクしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title テレビボードをビンテー...
内容 使っているテレビボードを家にあった材料等でプチプラリメイクしてみました。 雰囲気が変わって、新しいものを買った気分になれますよ^^

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 akaneさん
Title お部屋に合わせて棚をリ...
内容 レトロな雰囲気の棚をインテリアに合わせて、シャビーシックな棚にリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title ダイソーのカラーボード...
内容 ダイソーのカラーボードを使って、 冷蔵庫の横を倉庫のシャッターみたいにしてみました。 実際には開かないけれど、窓やドアがある感じになります。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop