あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



PMA-5 さん

プロフィール

  • 性別:男性
  • 年齢:40代
  • 住所:
  • 職業:
  • 性格:
  • Blog:
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
建売住宅を購入したのですが、
わかってはいましたが、生活してみると
「なんか違うなぁ。不便だなぁ。」
と感じることが出てきて。

賃貸に住んでいた頃から、
トイレの便座をウォシュレットに交換したり、
食洗器用の分岐水栓をつけたり、
くらいはやっておりましたが、
建売住宅購入後は木工にもトライしてみております。

中学の授業以来ノコギリを持ったことがなく、
少しづつ道具も買いつつ、手さぐりでやっております。

いつかやってみたいDIY・手づくり
小屋裏収納を作りたいと、何度か屋根裏にのぼってみてますが、いまいちふみきれていません。

技術がない分、電動工具など良い道具に頼りつつも、
せめて手ノコくらいは、なんとか真っすぐ切れるように練習したいと思っています。

ひとこと
DIYを始めてから、第二種電気工事士の資格を取得しました。

自転車が好きです。
シフトワイヤーの交換、チェーンの交換など
ちょこっとしたメンテナンスはDIYでやってみています。

趣味でバンドをやっていたことがあり、
楽器系も好きです。

Room Clip No.2470285

OSB合板で作るティッシュボックス
この作品をみた人閲覧数 1,325

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

以前作成したベッド脇のノートPC置き台ですが、適当に置いてある箱ティッシュがしょっちゅう落ちてしまうので、この際なのでOSB合板でボックスを作って備え付けることにしました。

作者: PMA-5さん
カテゴリー:収納・片づけ・暮らし

主な材料

  • SPF 1×4 (端材)
  • OSB合板(30cm×45cm×9mm厚)
  • ビス(25mm)×10本
  • ビス(50mm)×2本
  • ミニ釘×2本
  • ビス(30mm)×1本 壁面固定に使用
  • ビス(40mm)×1本 壁面固定に使用

主な道具

  • コンベックス(2m)
  • 直尺(ストッパー付)
  • ツーバイフォー定規
  • F型クランプ
  • バネクランプ
  • ハタガネ
  • 胴付ノコギリ
  • スコヤ
  • ドレッサー(中目)
  • ソーガイド
  • 電動ドリルドライバー
  • 電子トリマー
  • 集塵機
  • 木工ドリルビット(10mm径)
  • 下穴用ドリルビット(3.5mm径)
  • トリマー用ストレートビット(10mm)
  • 金槌
  • ホビーヤスリ
  • 水平器
  • 手動プラスドライバー
  • ラチェット式ドライバー
  • さしがね
  • caDIY3D-X(DIY向け設計ソフト)

Step1

BEFORE

家にあったティッシュの箱を比べてみると、厚みはもちろんのこと、微妙に横幅と奥行きが違うんですよねぇ。(知らなかった)

そこは微小だから良いとして、やはり大きな違いは厚み。
これをどうするか考えたところ『下向きにすれば厚みは関係なく取り出し面が下を向くな』と思い、何の下調べもせずに下向きで作成スタート。

 

Step2

BEFORE

イメージ図です。
正面上側から見たところ。
(これに後からフタがつきます)

小さな箱物は木工用ボンドの接着のみでもなんとかなるイメージはなんとなくあったのですが、今回、下向きに引っ張る力が加わることを考えると、しっかりビス固定した方が良いかなとも思い、ビス固定のために裏側に木材を挟むことにしました。

 

Step3

BEFORE

イメージ図2。
正面下側から見たところ。

最小限のスリット穴からティッシュだけが顔を出す、という想定です。

丸ポチは、ビスを打つ予定の位置です。

Step4

BEFORE

イメージ図3。

斜め上から。

 

Step5

BEFORE

我が家ではそんなに使用するティッシュの種類は変わらなさそうなので、この2種類を基準にして作業することにしました。

奥行きを比べてみるとこんな感じ。

 

Step6

BEFORE

奥行きのサイズが大きい方を測ります。
12cm弱。

Step7

BEFORE

次に横幅のサイズが大きい方の箱を測ります。
約23.5cm。

 

Step8

BEFORE

次に高さを測ります。
6.5cm〜7.0cmくらい。

アバウトに測っているのは、作りやすさも考えてキリの良い数字のサイズにして、結果的に少しだけ余裕を持たせたサイズにしようと思っているためです。

 

Step9

BEFORE

板と板をビス固定するための材を用意します。
安くあげるためにも、端材のSPF1×4材を切断して使用しました。



Step10

BEFORE

まず、奥行きのサイズに合わせて切断します。

奥行きのサイズは少しだけ余裕を持たせて12.5cmにしました。

ストッパー付直尺の、ストッパーを12.5cmの位置に固定しました。

 

Step11

BEFORE

ストッパー付直尺をスライドさせつつ、墨線を引きました。

(右端の切断面が90度で切断されている前提ですが)

 

Step12

BEFORE

ツーバイフォー定規で、手前と奥の面も、墨線を引きます。

Step13

BEFORE

クランプで材をしっかりと固定します。
材をしっかり固定できれば、使用するクランプの種類は何でもかまいません。

 

Step14

BEFORE

胴付きノコを使用しました。
(ただの私の好みです)

切り始めは慎重に、まずはその後のガイドとなるような溝を、ノコギリを手前に引いてつけました。(浅くですが)

 

Step15

BEFORE

手前の側面も同様に、ガイドとなるような溝を先に刻みました。

奥側の側面も同様にしました。

Step16

BEFORE

後はなるべくガイドからそれないことを意識しつつ、軽く挽いていきます。

 

Step17

BEFORE

ラストの手前部分は、手前側から切りました。
(それで良いのかはわかりませんが)

 

Step18

BEFORE

切断出来ました。

切断面です。

Step19

BEFORE

角に残ったバリや、切断面の少しのガタは軽くヤスっておきました。

使用したのは、NTのドレッサー(中目)

 

Step20

BEFORE

気休めですが、一応スコヤをあててみました。

なんとなく90度近くで切断出来たと思います。

 

Step21

BEFORE

さて、このSPF材から19mm×19mmの棒を3本切り出したいと思います。

そのうち2本をこのイメージ図でいう黄色の部分で使用したいと思います。

Step22

BEFORE

SPF1×4材は側面角が丸く面取りしてあるので、まずはそこを切り落としたいと思います。

直尺のストッパーを5mmに合わせました。

 

Step23

BEFORE

直尺をあてつつ、墨線をチビチビ引きました。

 

Step24

BEFORE

こちらの切断には、久しぶりにソーガイドを使用することにしました。
(実のところ、先程の横挽きとは別の日に作業したもので、ソーガイドを使用したバージョンもあっても良いかなと思い、、、)

材とソーガイドをしっかりとクランプします。

Step25

BEFORE

ソーガイドを手前から見たところです。
ただ端を切り落とすだけなので、位置決めのプレートはほぼ墨線の上に来るようにセッティングしました。

ソーガイドはセッティングが命です。

 

Step26

BEFORE

ギコギコ。

後はソーガイドからノコギリが外れないように、そしてなるべくブレないように、ソーガイドの上下調整をしてあげるくらいです。

 

Step27

BEFORE

切断出来ました。

切断面はこんな感じです。

Step28

BEFORE

ここから、1×4の厚みと同じサイズで3本切り出します。

墨線はたいした精度も求めていないので、今切断した端材をあてて引きました。

 

Step29

BEFORE

墨線引き終わり。

 

Step30

BEFORE

切断する材の横幅が狭い(小さい)ので、ソーガイドを安定させるために、同じ厚みの他の端材(SPF1×4)を左側に置きました。

Step31

BEFORE

切断する材とソーガイドを同時にクランプしたく、小さ目のF型クランプを使用しました。

 

Step32

BEFORE

ノコギリの『アサリ』を考慮して、切断位置を決めるプレートは、墨線より気持〜〜ち少しだけ左の位置でセッティングしました。

まぁ、今回はそこまで精度を求めるパーツでもないので、気持〜〜ち程度ですが。

 

Step33

BEFORE

実際にノコギリをあててみたところです。
何となく良さそうだったのて、このセッティングで切断することにしました。

Step34

BEFORE

ギコギコ。
ガイドがあるので、ノコギリの角度とかだけ、なんとなく切りやすいようにしてギコギコ。

 

Step35

BEFORE

切り出せました。

 

Step36

BEFORE

次は切り出した材を使って墨線引いちゃいます。

同様にして、計3本切り出しました。
(そのうち1本は壁面との固定用に使用しようと思います)

Step37

BEFORE

さて、次にBOX部分の材を切り出します。
一番長くなるのは横幅なので、大きい方のティッシュ箱脇に、今ほど1×4材から切り出した材を置き、横幅を今一度確認します。

約28cmでした。

 

Step38

BEFORE

BOX部分には厚み9.5mmのOSB合板を使用することにしました。

以前作成した、作業台の天板に使用した際の残り部分のため、
狭い方の横幅は約45cmくらいです。

 

Step39

BEFORE

切り出すサイズとしては、
・ティッシュの箱横幅
・1×4から切り出した材、2本分
・OSB合板の板厚、2枚分

約30cmかな、ということで、30cmの位置にプロットしました。

Step40

BEFORE

墨線引きには差し金を使用しました。
(使用したのは50cmのもの)

が、既に誤差はある気はしているので、直尺とか他の木材を使用して墨線を引いても良いと思います。

 

Step41

BEFORE

さて、切断します。
こういう時は、左右に広い作業台を作っておいて良かったなぁと思います。
(保護色みたいになって、よくわかりませんが)

 

Step42

BEFORE

約45cmの長さを切るために、これまたソーガイドを使いたいと思います。

長材を切るために、手前のパーツを外します。

Step43

BEFORE

代わりに左側に平行スライダーを取り付けます。

 

Step44

BEFORE

まず、切断する板材をクランプで固定。

 

Step45

BEFORE

今回は木材をスライドするガイドとして使用。
木材とソーガイドをスライドしながら試行錯誤して位置決めしました。

Step46

BEFORE

スライドのガイドとなる木材は、回転、というかブレてしまわないように念のため2つクランプを使用して固定しました。

 

Step47

BEFORE

あとは、ソーガイドが左側の木材から離れないように意識して押さえながら、ギコギコと切ります。

 

Step48

BEFORE

切り終わりです。
奥はバネクランプで挟んで、落下をフォローしました。

Step49

BEFORE

切断出来ました。
この材を更に分割していって、BOXにします。

 

Step50

BEFORE

まず、このイメージ図でいう、黄色の部分の板を切り出します。

 

Step51

BEFORE

作業台の天板もOSB合板のためわかりにくいですが、1×4から切り出した材の長さと同じ幅で切断します。

Step52

BEFORE

ストッパー付き直尺に長さを写し取って

 

Step53

BEFORE

チビチビ墨線を引き

 

Step54

BEFORE

ソーガイドをセッティングして、スライドしながらギコギコ。
ということを、この後の他の材でもやってパーツを切り出しました。

Step55

BEFORE

切り進める所に木屑がたまったら

 

Step56

BEFORE

『フッ!』
と息をひと吹き。
ソーガイドを使用しているとはいえ、墨線は見えていた方が良いかと思います。

 

Step57

BEFORE

同様に作業して材を切り出し、こんな感じになりました。

Step58

BEFORE

壁面固定用に使う棒も現物あわせで、プロットしました。

 

Step59

BEFORE

胴付きノコでサクッと切って、ようやくパーツが揃いました。

フタ無しの図。

 

Step60

BEFORE

フタ有りの図。

(手前が壁側になります)

Step61

BEFORE

さて、まだやる事がありました。ティッシュの取り出し口の穴開けをします。

イメージ図の黄色の板の真ん中にスリット状の穴を開けたいと思います。

 

Step62

BEFORE

とりあえず2パターンのティッシュ箱について取り出し口の長さを測りました。

こちらは17cm弱。

 

Step63

BEFORE

こちらは16cm弱。

Step64

BEFORE

前後左右からの中心を出した後、そこを中心に長さ17cm、幅1cmで墨線を記載しました。

開口部がなるべく小さい方がスタイリッシュかな、と思ったもので。。。

 

Step65

BEFORE

10mm径の木工ドリルビットで穴を開けるべく、ズレてしまわないようにポンチで先に凹みをつけました。

 

Step66

BEFORE

ポンチで叩いた凹みにドリルビットの先端を合わせて穴あけ。

Step67

BEFORE

穴あけ時にバリが出ないように、裏側にはこのような捨て板(端材)を敷きました。

 

Step68

BEFORE

初回なので、ドリル途中で木屑をどかしてみて、位置的に大丈夫か念のため確認。

 

Step69

BEFORE

穴あけAfter。

Step70

BEFORE

バリも出ずに穴開けられました。

 

Step71

BEFORE

個人的にはジグソーを使った方が楽そうに思うのですが、持っていないので(涙)トリマーを使いたいと思います。

ちなみに、このまま木工ドリルビットで準々に穴を複数開けていって、最後に木工ヤスリ等で整えるやり方でもいけそうな気はしました。

 

Step72

BEFORE

以前作成した、トリマー(10mmのストレートビット)用の治具を使用します。

Step73

BEFORE

今一度、治具の厚みを測ると5mmでした。

 

Step74

BEFORE

なので、実際に彫り込みたい深さに5mmプラスした長さだけ、ビットの頭を出します。

ということで、3mm + 5mmで8mm。
スコヤで測って確認します。

 

Step75

BEFORE

こんな感じのセッティングになりました。

トリマーの木屑、粉塵はすごいので集塵機と接続しました。
今回は集塵機との電源連動機能は使わず、取り回しの良い新設したコンセントから電源を取りました。

Step76

BEFORE

先ほど開けた10mm径の穴の箇所から彫り進めました。

 

Step77

BEFORE

少し彫り進めたところ。

出した3mm程の深さでちゃんと彫れていました。

 

Step78

BEFORE

慎重にスライドさせて、目的の位置まで、ひとまず彫れました。

Step79

BEFORE

この後、深さを変えて同じ位置まで彫り込みたいので、位置を治具にメモっておきました。

 

Step80

BEFORE

深さが+3mmとなる位置にビットの出量を変更。

 

Step81

BEFORE

ウィーン。

Step82

BEFORE

3回目は少し多めにビットを出して、完全に穴があけられるようにしました。

 

Step83

BEFORE

トリマー彫り込みAfter。

(下には捨て板を敷いています)

 

Step84

BEFORE

板の逆側から見たところ。

綺麗に彫れました。

Step85

BEFORE

先ほど彫り込んだ側の逆側で、最初に木工用ドリルビットで穴を開けた側です。

最初から端っこに穴を開ければよかったのですが、時すでに遅し。
こちらもトリマーで彫り込むことにします。

先ほど治具にプロットしておいた線に板の位置を合わせました。

 

Step86

BEFORE

追加彫り込み(深さ3mm)After。
良さそうです。

 

Step87

BEFORE

追加彫り込み(全部)After。
最後にトリマーを微妙に動かしてしまったため、左側、少しいびつに彫れてしまいました。
(くやしい)

Step88

BEFORE

仮でティッシュを通してみます。
なんとなく良さそうです。

 

Step89

BEFORE

たかがティッシュボックスに長々とすみません。

組み立ては木工用ボンドとビスを併用したいと思います。
(ティッシュボックスを下向きに設置したいため、ある程度強度を出したいため)

 

Step90

BEFORE

まずこのパーツから接着しました。
木工用ボンドを塗った後、クランプ類で固定。

しばらく放置。

Step91

BEFORE

手持ちのビスの中から使用するビスを選定。
たまたま別件で購入していた色味が似ていて、短めのビスの中からこのビスにしました。

 

Step92

BEFORE

1×4材から切り出した、下地の材とちゃんと締結できる位置にプロットします。

 

Step93

BEFORE

ビス径が4mmということで、下穴用のドリルビットは3.5mm径のものを使用しました。

ビスの長さに合わせて印のテープを巻きました。

Step94

BEFORE

電動ドリルを使用して下穴開け。

 

Step95

BEFORE

下穴開けAfter。

 

Step96

BEFORE

加えて、皿取りビットを使用してビス頭をおさめる用の皿取りをします。

Step97

BEFORE

皿取りAfter。

こういうことばかりやっているから、私の作業速度は遅いのでしょうね。。。

 

Step98

BEFORE

一応小物であり、締めすぎて木割れをしてしまっては困るので、念のため手動のドライバーでビスを取り付けました。

 

Step99

BEFORE

ビス取り付けAfter。

Step100

BEFORE

残りの板も同様に、まずはボンドで接着しつつ、あとからビスどめするやり方でやりました。

 

Step101

BEFORE

こういった小物のボンド固定の際には、ハタガネが便利ですね。

 

Step102

BEFORE

しばらく放置して、ボンドがある程度固まりました。
(私が使用している木工ボンドはわりと早く乾くタイプかと思います)

Step103

BEFORE

ビス位置は、先に取りつ行けているビスの位置に合わせることにしました。

 

Step104

BEFORE

こんな感じです。

 

Step105

BEFORE

同様にして側面の板にもビス打ちしました。

Step106

BEFORE

次に壁面固定用のパーツをビスどめします。

 

Step107

BEFORE

後で横からもビス打ちするので、長さはこれくらい(50mm)にしておきました。

 

Step108

BEFORE

裏側から、下穴などを開けた上でビス打ち。

Step109

BEFORE

横からもビス打ち。

 

Step110

BEFORE

取り出し口は気持ち、サンドペーパーでやすっておきました。(#400)

 

Step111

BEFORE

さて、上側の板ですが、丁番を取り付けて開閉するようにしようかとも思いましたが、ひとまず動かなければOKかなと、簡易的に仮固定するようにしました。

Step112

BEFORE

仮固定にはこのミニ釘を使用します。

といっても釘で板を締結するのではなく、ただの棒として使用します。

 

Step113

BEFORE

頭の幅をノギスで計測。
約4mm径。

 

Step114

BEFORE

ということで、上蓋側の板に4mm径の穴を開けました。

Step115

BEFORE

下穴用のドリルビットは先っぽは細めで、徐々に太くなっていくテーパー形状をしていることもあるので、4mm径の穴を開けるためにしっかりと貫通させます。

 

Step116

BEFORE

さらに、小型のヤスリで少しだけ穴径を拡げます。

 

Step117

BEFORE

蓋を仮固定した上で、ミニ釘を打ち込みます。

Step118

BEFORE

まずはこんな感じ。

キチキチのため、この状態だと、蓋を取ると一緒にミニ釘も抜けてしまいました。

 

Step119

BEFORE

跡はついているので、そこにもっと深めにミニ釘を打ち込みつつ、
蓋側の穴も、ヤスリでもう少し拡げました。

 

Step120

BEFORE

結果、こんな感じ。

左右2箇所にミニ釘打って、蓋に穴あけてあとはただ乗せているだけになります。

Step121

BEFORE

蓋を取るとこんな感じ。

 

Step122

BEFORE

壁面設置パーツには、あらかじめ下穴を開け、

 

Step123

BEFORE

ビスを途中まで取り付けるところまでは作業台の上でやっておきました。

Step124

BEFORE

狭い位置なのでラチェット式のこういったドライバーを使用しました。

ビスの先っぽだけ敢えて少し出しておきました。

 

Step125

BEFORE

横の位置は、隣の扇風機の下端に合わせることにしました。

 

Step126

BEFORE

なんとなく位置が決まったら、水平を見つつ壁に押し付ける。

先ほど少しだけ出したビスの先っぽが印を残してくれます。

Step127

BEFORE

残った印(跡)を頼りに、右側だけ下穴を開けることにします。

 

Step128

BEFORE

右側のビスを先に打ち進めて、改めて水平器を見ながら左側のビスも打ち進めたところです。

 

Step129

BEFORE

後はラチェット式のこのドライバーでビスを回していきました。

Step130

BEFORE

取り付けられました。

 

Step131

BEFORE

正面から。

 

Step132

BEFORE

正面やや上から。

Step133

BEFORE

ティッシュを入れたところ。

 

Step134

BEFORE

ここへきて実際取り出してみると、
写真のような角度で引っ張ると引っかかって出が悪いです。(汗)

本当、ここへきてなんですが、今回の下向きの設置はティッシュの取り出しにやや難があったことを明記しておきます。

[2020/05/09 追記]
箱ティッシュではなく、ソフトパックのティッシュとは相性が良かったです。
(STEP137に写真を追加)

 

Step135

BEFORE

気持ち、こんな割り箸みたいな端材を置いて、引っかかりにくいようにかさ上げをしてみましたが、微妙な改善でした。

真下に取り出せば大丈夫なのですが、斜めに取り出してもスッススッス出すのには改良が必要な感じがしました。

Step136

BEFORE

そんなこんなで、最終的にはこんな感じになりました。

たかだかこれだけのことでしたが、長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

DIY初心者の方や創意工夫されているDIYerさんのアイデアの一助になれれば幸いです。

 

Step137

BEFORE

[2020/05/09 追記]
箱ティッシュではなく、ソフトパックのティッシュを使用したところ、引っかからずにスッスとティッシュが取り出せました。

ソフトパックのティッシュとは相性が良かったことを追記しておきます。

この作品にまつわるストーリー

以前作成したベッド脇のノートPC置き台ですが、
適当に置いてある箱ティッシュがしょっちゅう落ちてしまうので、
この際なのでOSB合板でボックスを作って備え付けることにしました。

ティッシュボックス、ティッシュケースというと
固定用のグッズなどが100円ショップなどにも売っていそうで、
仮に専用品に近いものを購入したとしてもそこまで高くない気はしていて、
わざわざ作成するメリットはどれだけあるのかは正直微妙な感じはしますが、
設置する場所の後ろもOSB合板のため、統一感はあるかなと思い。

◆箱もの
箱もののDIYをあまりやったことが無く、あまり得意でもありません。
力がかかるであろう箇所にはどうしてもビスを打ちたくなってしまい、
そのせいで、妙にゴツくなった感はあります。

◆う!ティッシュが取り出しづらい
下向きのティッシュボックス設置。
下調べも無し、取り出し実験もせずにゴールまで行ったため、途中ではわかりませんでしたが、
実際に設置後下斜めに取り出そうとしてみて、
引っかかって取り出しづらい(場合によっては破れる)ことがあり、
真下とか取り出し方を工夫すれば大丈夫ではありましたが、
全体的に取り出しにやや難があったことを明記しておきます。

個人的予想としては、見た目を優先して取り出し口の幅を10mmにしましたが、
これが狭すぎて、次のティッシュを引っ張り出すときに挟まっている気はしました。

[2020/05/09 追記]
箱ティッシュではなく、ソフトパックのティッシュを使用したところ、
引っかからずにスッスとティッシュが取り出せました。
(取り出し口の幅を拡げるなどの手は加えていません)
ソフトパックのティッシュとは相性が良かったことを追記しておきます。
(STEP137に参考までにソフトパックのティッシュ写真を追加)


◆材料費(手持ちの端材等のため、使用したサイズ分だけで仮算出)
25円 :SPF 1×4 の端材
90円 :OSB合板(9.5mm厚) 30cm×45cm
40円 :ビスいくらか
10円 :ボンド
-----------------------------------------------
165円(計)
くらいでしょうか・・・

この作品をみた人閲覧数 1,325 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 まりっくまさん
Title 簡単DIY 工具は一切...
内容 生活には欠かせないティッシュ 子どもがよく使うので出しっぱなしな日々。 それだけに生活感満載でちょっと残念な印象でした。 セリアでティッシュの木箱を見つけたのでパパッと自分好みに仕上げちゃいました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title 紙巻ティッシュボックス...
内容 紙巻ティッシュボックスで 底板が位置が変わるものを作りたかった!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title ティッシュボックス...
内容 ティッシュボックスで 高級感のあるものってできないかな~ぁ

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title 吊り下げ式 ティッシュ...
内容 仕事場兼子どもたちの学習スペースが手狭だったので、ティッシュを吊り下げられるように、端材で簡単なティッシュボックスを作成しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title ティッシュボックス 芝...
内容 人工芝の端材を使ってティッシュボックスを~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あかさん
Title 壁面収納!...
内容 収納がないというより、片付けてしまうと、 どこに置いたか忘れてしまう性格。。 なら見える収納!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title 洗面をおしゃれに使いや...
内容 洗面まわりの掃除が楽になるように工夫してみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title ベッド下の収納...
内容 手作りの収納ベッドの下を使いやすくしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title クローゼットの棚の取り...
内容 棚の無いクローゼットが不便で 簡単にできる物を選んで棚の取り付けに挑戦しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title SPFとOSB合板で作...
内容 住宅事情の関係で狭い部屋で何とか木工DIYをやっております。 最近、健康のため久しぶりに再開したスポーツ自転車趣味もあいまって部屋に物が溢れ収拾がつかず。 壁側に物を集約すべく棚兼作業台作成にトライ。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop