あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

子どもと一緒に育つキッズチェア
この作品をみた人閲覧数 25

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

今年は出産に子ども達の入学・入園と、新生活の中あっという間に時が過ぎていました。
気づけば離乳食の時期。よくあるキッズチェアでは脱出するので工夫を入れたキッズチェアを作りました。
作者: まりっくまさん
カテゴリー:木工・工芸

主な材料

  • ◇木材(お好みの長さで)
  • 足材  4本 3㎝×4㎝
  • 肘置き 2本 2㎝×6㎝
  • 足置き 1本 2㎝×6㎝
  • 足の梁 3本 3㎝×4㎝
  • 座面(背面含む) 4本 2㎝×6㎝
  • 座面(前面) 1本 お好みの飾り木など
  • 座面用当て木 2本 1.5㎝×1.5㎝
  • 背もたれ足 2本 3㎝×3㎝
  • 背もたれ飾り お好みのデザインで用意
  • 背もたれトップ 1本 2㎝×6㎝
  • ダボ
  • お好みの塗料 

主な道具

  • ・ノコギリ
  • (通常・ダボ切り・挽き廻し)
  • ・やすり
  • (粗目・普通目・細目)
  • ・金づち
  • ・ボンド
  • ・養生用などテープ
  • ・えんぴつ
  • ・塗装道具
  • (刷毛・ウエス・スポンジなど)
  • ・インパクトドライバー
  • ・穴をあけるアタッチメント
  • (ドリルビット・ダボ穴用)
  • ・ビス
  • (3.8㎝、2.5㎝、極細用など)
  • ・クランプ
  • ・マスキングテープ
  • ・メジャー
  • ・滑り止めマットなど

Step1

BEFORE

まず初めに足となる4本の木を用意します。
通常の椅子の場合、座面の高さを目安に足の長さを決めますが、
ここで気を付けるのは今回のベビーチェアは肘置きを作るのでプラス7~10センチ程長く用意します。
今回は3㎝×4㎝の木材を足に使用しました。

 

Step2

BEFORE

足の先をカットするためにガイドとなる線を描きます。
この時、太い方の面に印づけていきます。

 

Step3

BEFORE

カットする前にマスキングテープを貼っておきます。
こうすると切り口が毛羽立ちにくくきれいにカットできます。

Step4

BEFORE

実際にカットしていきます。
カットのラインを自分と垂直に合わせるので木を抑えるのが地味に難しいです。
なので滑り止めを下に敷いておくとグラつきにくく安心です。

 

Step5

BEFORE

実際にカットした足の先です。
毛羽立ったり、ささくれたりということがなく綺麗なカットになりました。

 

Step6

BEFORE

次の準備は背もたれです。
ここでは3㎝×3㎝の角材を2本用意しました。
圧迫感が出ないように角度のついた背もたれにするため、先ほどの足と同様にカットガイドを描きます。

Step7

BEFORE

このように上下が平行になるようにカットします。
今回は角から5㎜ずれた位置で線を引いてカットしました。

 

Step8

BEFORE

次は足置きの用意です。
足置きは座面から少し前に出ているので角に丸みを持たせてカットします。

 

Step9

BEFORE

このとき、丸みをもったお皿や缶など利用して線を引くと綺麗です。

Step10

BEFORE

同じ要領で肘置き用の木材にも線を描いておきます。
ここはデザインで印象もガラリと変わりますのでお好みでカットガイドを描きます。

 

Step11

BEFORE

次に足に梁となる木をを仮止めします。

 

Step12

BEFORE

こんな感じにテープで十分です。

Step13

BEFORE

先ほどの肘置きの上に合わせて置いてみて、カットガイドからはみ出していないか確認しましょう。
直線のカットではない分、カット後にはみ出していてやり直しだと骨が折れるので前もっての確認は大事ですね。

 

Step14

BEFORE

大丈夫なのを無事に確認出来たらいよいよカットしていきます。
今回のように曲線のカットをするならこの様な「挽き廻しのこぎり」が便利です。

 

Step15

BEFORE

写真を見るとわかりますが、刃が幅細く作られているため曲線にカットしやすいのが特徴です。

Step16

BEFORE

カットできました。技術の問題で粗は目立ちますが、後ほど整えるのでこの要領で反対の肘置きに足置きもカットします。

 

Step17

BEFORE

カットした面の角もついでにのこぎりでガシガシと面取りしておきます。

 

Step18

BEFORE

雑でもやすり掛けしてしまえば綺麗な丸みを持たせられますよ。

Step19

BEFORE

次に座面のイメージを予め膨らませておきます。
まだ固定できないので、床で逆さまにしながら木を組み合わせてみます。

 

Step20

BEFORE

ある程度、木のサイズなど調節できたら一度まとめてやすり掛けしておきます。

 

Step21

BEFORE

こちらの足置きと手すりは念入りにやすり掛けしておくと仕上がりの印象がぐっと良くなりますよ

Step22

BEFORE

準備がある程度出来たので組み立てていきます。
足に梁をわたすため、線を引き印をつけます。

 

Step23

BEFORE

このとき、実際に使う木を当てがいながらビスを打つ位置も予め印付けます。

 

Step24

BEFORE

木の端からビスを打つにも長いビスでは大変ですし、短いと簡単に外れてしまいます。
子どもは思いがけない使い方をするので耐久力は欲しいところです。

Step25

BEFORE

ダボ穴をを開けてビスを打ち始める位置を木の中からにすれば耐久力も労力も解決です

 

Step26

BEFORE

ということで、ダボ穴と下穴をあけました。
この時、足のカットした面とは反対の面に穴をあけるので間違えないようにしましょう

 

Step27

BEFORE

アップで見るとこんな様子です。
下穴のガイドを先に用意すればビスを斜めに打ってしまう心配も減ります。

Step28

BEFORE

組み立てる際に便利なのがクランプです。
木を押さえてくれるので一人で作業する場合には大変便利な道具になります

 

Step29

BEFORE

この様にしっかりと木を固定してくれるのでズレることなくビスを打てます。

 

Step30

BEFORE

片方ビス打ちをしたらもう片方をクランプで固定し、一度立ててみてグラつかないか確認してみます。
足は椅子の要なのでここは慎重に根気よく作業しましょう。

Step31

BEFORE

何かあった時のため、最後までビスは打たず仮止め程度の方が修正が効きやすいですよ。
もちろん最後はしっかり奥まで打ち込みましょう。

 

Step32

BEFORE

同じ要領で2本組み立てました。
しっかりと自立しています。

 

Step33

BEFORE

足置きをつけるために印付けます。
先ほどの要領でダボ穴と下穴を開けていきます。
基本的にはグラグラするといけないので片面にビスを2本打っていきます。

Step34

BEFORE

こんな時にもクランプは活躍します。
足置きの木材を立ててくれるのでビスが打ちやすいです。

 

Step35

BEFORE

足置きを付けたことで椅子の様子が少し見えてきました。

 

Step36

BEFORE

このまま座面をつけてもグラグラするので後ろにも梁をわたします。
これまで通り線を引き穴をあけてビス打ちです。
椅子自体が木を押さえてくれるので比較的簡単に作業できます。

Step37

BEFORE

次は肘置きに印をつけます。
椅子を反対にし足の位置を型取ります。

 

Step38

BEFORE

線を引けたら今までとは違い、まず下穴を開けます。
そのあとに裏返し穴に合わせてダボ穴をあけます。

 

Step39

BEFORE

肘置きをビス止めしました。

Step40

BEFORE

次は座面を取り付ける位置決めです。
ここは家にある既存の椅子を参考に高さを決め線を引きます。
大体地面から18㎝くらいに座面が来るようにしました。

 

Step41

BEFORE

座面になる木の厚みを引いた高さに線を引きます。

 

Step42

BEFORE

座面を乗せる当て木が見えるとかっこつかないので隠すために前後に隠す木を当てがい、
先ほどの線と交差するように線を引きます。

Step43

BEFORE

この様に線の角に合わせ木を固定します。
太い木ではないのと隠れることからダボ穴は開けず直接ビス打ちです。

 

Step44

BEFORE

当て木が固定できました。

 

Step45

BEFORE

試しに座面になる木を乗せてみました。
ここで平行か確認します。
また、前後の木もサイズぴったしにカットしてあるので落ちずに仮置きできます。

Step46

BEFORE

試しに子どもを座らせてみました。
足置きに足がしっかり乗っているのと肘置きがあるので安心して座らせる事が可能そうです。

 

Step47

BEFORE

それでは座面を固定するための準備で、当て木と同じ木をガイドに両端に線を引きます。

 

Step48

BEFORE

力が加わる方向が上からのみなのでビス穴は両端の中心に一つで十分です。
ダボ穴も開けますが木の厚みの関係上深く開けすぎないように注意しながら開けていきます。

Step49

BEFORE

座面を当て木に固定しました。

 

Step50

BEFORE

当て木のカット面を隠す背面の木を取り付けます。
今までの要領で線と下穴ダボ穴をあけて木を固定していきます。

 

Step51

BEFORE

固定するとこの様になります。

Step52

BEFORE

横から見るとこの様な感じです。

 

Step53

BEFORE

前から見るとこの様になります。

 

Step54

BEFORE

次に背もたれを作ります。
行程6~7で用意していた角材を使用します。

Step55

BEFORE

背もたれ自体はお好みのデザインでよいとは思います。
いろいろな木を組み合わせ思い思いにデザインを考えていきます。

 

Step56

BEFORE

そこまで長さを必要としないので今回は端材を利用しました。

 

Step57

BEFORE

背もたれのデザインが決まったところで、肘置きが悪目立ちしていたので改めて切り出すことに決めました。

Step58

BEFORE

行程としては前の時にやるべきだったのですが、座面の前面を固定し忘れていたので改めてボンドで固定しました。
木の厚みなど状況に応じてボンドやビス、小鋲や隠し釘など使い分けるといいと思います。

 

Step59

BEFORE

固定の際にはクランプを使用すると木が浮いてくる心配が減ります。

 

Step60

BEFORE

背もたれ作りに戻ります。
イメージが決まったらパーツを組み立てていきます。

Step61

BEFORE

椅子の間に背もたれを固定するので座面と肘置きを利用してズレないようにしつつ固定していきます。

 

Step62

BEFORE

細い木なので、まずボンドで仮固定します。
座面にテープ等を貼っておくとボンドがつくのを防げます。

 

Step63

BEFORE

細い木の固定には細いビスを使用します。
ホームセンターで見つけたのがこのビスでした。
フロアーの固定とは書いてありますが固定概念は捨てて使えるものは使おう精神でいきます。

Step64

BEFORE

ダボ穴を開けれるほどの広さも太さもないので直接ビス打ちです。
基本的には目立たないので大丈夫です。

 

Step65

BEFORE

反対側も同じ要領でボンドで仮固定です。
ここでクランプを使用します。
ボンドが乾いたら同じ要領でビス打ちします。

 

Step66

BEFORE

背もたれの足を固定するために印をつけます。

Step67

BEFORE

印をつけれたらいままでの要領通り下穴とダボ穴を開けます。

 

Step68

BEFORE

ダボ穴の面に先ほどの背もたれのパーツを当てがい型取ります。

 

Step69

BEFORE

型取ったら下穴をあけ(写真右)、ひっくり返したら下穴に合わせてダボ穴を開けます(写真左)。

Step70

BEFORE

背もたれパーツを組み立てます。

 

Step71

BEFORE

背もたれを椅子に固定します。

 

Step72

BEFORE

背もたれの足の上部にも木を渡します。
今まで通りの要領で下穴ダボ穴とあけます。

Step73

BEFORE

ズレるといけないので角材の中心に小さな穴も用意しておきました。
木からビスを少し出して穴に当てがいビス打ちをするとズレません。

 

Step74

BEFORE

全体像です。
椅子らしい姿になりました。

 

Step75

BEFORE

次にダボ穴の処理をします。
ダボ穴の径にあったダボを金づちで打ち込みます。

Step76

BEFORE

カットするのに便利なのはこの様なノコギリです。

 

Step77

BEFORE

この様に厚みがなく柔らかいので木に沿って綺麗にダボをカットできます。

 

Step78

BEFORE

カットした面です。
普通のノコギリではここまで綺麗に切るのは難しいのでダボを使用するなら是非用意しておきたいところです。

Step79

BEFORE

すべてのダボ処理が終わりました。

 

Step80

BEFORE

全体に仕上げのやすり掛けをしていきます。
荒い目から細かい目にかけて、ひたすらやすっていきます。

 

Step81

BEFORE

最後に塗装です。
端材に色が入っていたのでそれに合わせた色で塗装することにしました。
ステインなので刷毛でなくても良いことから今回はスポンジでガシガシと色を入れていきました。

Step82

BEFORE

全体に色が塗れました。とりあえずこれで完成です。
激しく汚しそうならウレタンニスで仕上げようかなと思いますが、寒冷地故に外での作業が寒い時期なのでまた暖かくなってからかなと思います(笑)
お疲れさまでした。

この作品にまつわるストーリー

今年の初めから私の出産に、子どもの入園入学とバタバタしていて久しぶりのDIYとなりました。

気づけば、赤子も離乳食の頃合い。
好奇心旺盛な赤子が椅子の横から脱走するので肘置きつきの椅子を思いつきました。
肘置きと机に挟まれ、うまいこと脱走できなくなるのでもってこいです(^^♪

夜中は子どもが起きるので作業できず、
昼寝の間にコソコソ、ちょこちょこと進めて作りました。
そんな育児の合間のDIYだったので、完成に1か月以上かかってしまいました(;^_^A

それ故、一気に設計して作るのではなく、その場その時で「この木は使えそう。」「こんな風がいいかも」とパズルをはめるように作業していたので、まったく同じものをというのは難しいですが似たような椅子は作れると思います(*^-^*)
なにより、デザインも好みがあるかと思いますので基礎が分かれば応用が利くのがDIYです。

そういう意味では、今までの作品と比べると大雑把な投稿で申し訳ないのですが、
それでも参考程度になるかなと写真を撮りつつ行程をアップしてみました♪

キッズサイズと言わず、サイズを変えれば大きな椅子にも応用が利くと思います。
個々でお好みのデザインの椅子を作っていただければ嬉しいです(^^)/

ちなみに、足置きも足が地についているとご飯に集中すると聞き導入し、
出っ張りも控えめにしてあるので、地面に足が着く頃でも邪魔にならないです。

小さい間しか使用しないものですが、卒業後はテディベアでも乗せて飾ろうかなと考えています。

きっとその頃には何度も色を塗り替えたり傷がついたり落書きされたりと
思い出いっぱいの椅子になってそうで、今から少し楽しみでもあります(*^-^*)

この作品をみた人閲覧数 25 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 coinさん
Title 押し入れを子どもスペー...
内容 和室の押し入れを子供たちの遊び場スペースに改造してみました。ちなみに、いっさい押し入れに傷を付けない方法でやってます・・・。(パパさんが許さないので)

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 omomo+emoさん
Title 額を使って子どもとディ...
内容 息子が作った切り紙や拾ってきた落ち葉を、額に入れて壁に飾ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 エスマさん
Title 和室を洋室(子ども部屋...
内容 和室を子ども部屋にするために、天井、壁を塗装して、畳部分は、フローリングを敷きました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 :JILL:さん
Title 子どもイスのお色直しと...
内容 無垢材のまま使っていたこどもイスに、色を塗ってみることにしました。それから、ソファ脇にレトロ風のサイドテーブルを作ってみました~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 くぁwせるぱんさん
Title 持ち運びも出来るスパイ...
内容 普段使いやアウトドアにも活用出来るスパイスラックを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title 簡単収納付きベッド...
内容 部屋におしいれが無いので 思いきって大容量の収納ベッドを作って見ました。  

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title ランドリーの棚の取り付...
内容 洗濯機まわりの物をおしゃれに収納したくて探しましたが無いので自作しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title タブレットスタンドを作...
内容 息子の学習用に格安のタブレットを購入したため、手ぶらで動画を視聴できるようにスタンドを作成しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 naminamiさん
Title ガス管 棚 エイジング...
内容 ガス管風飾り棚をエイジング加工して男前に作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 santapapaさん
Title 車用ドリンクフォルダー...
内容 備え付けのドリンクフォルダーの位置が使いづらかったので、空きスペースにドリンクフォルダーを作り設置しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop