あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



CHA.BA.SHIRA さん

プロフィール

  • 性別:男性
  • 年齢:40
  • 住所:大阪府
  • 職業:
  • 性格:
  • Blog:
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
元々物を作るのが大好きだった。

いつかやってみたいDIY・手づくり
井戸掘り

ひとこと
マイペースで、基本的には記録も残さないDIYerですが、記録を残せたときには、こうやって投稿しようと思います。
読んで、「もっとこうした方がいいのに・・・」とか「ここはどうやったのかな?」などがあれば、コメントお願いします。

ダイニングテーブルの天板
この作品をみた人閲覧数 1,616

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

結婚当初に購入したダイニングテーブルの風合いが、最近の好みと違っていたので、天板を作ってみました。
作者: CHA.BA.SHIRAさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • 杉 野地板
  • 水性ペンキ(ミルキーホワイト)
  • パテ
  • コーススレッド

主な道具

  • 丸ノコ
  • 電動ドリル
  • インパクトドライバー
  • サンダー

Step1

BEFORE

色味も風合いも好みと違うため、天板自体を作ってみようと思います。

値段を安く抑えるために、材料は、杉の野地板にしました。

結局は、材料の選択ミスで、この後の作業でかなり苦労するのですが、値段は格段に安く抑えられました。

 

Step2

BEFORE

野地板とは、屋根の下地などに使われる板材のことだそうですが、近所のホームセンターでは、12mm厚で、90mm幅、長さが2000mmで100円ほどで売っています。

安い代わりに、未乾燥で厚さもまちまちで、直角も正確ではありません。

カットはホームセンターに頼んで、まずはサンダーかけからです。

 

Step3

BEFORE

サンダーをかけた板をテーブルに乗せてみると、幅が全然あっていません・・・。幅もまちまちでした・・・。

仕方ないので、治具を作成して、丸ノコでカットしていきます。
端材の杉板にベニヤ板をつけて、ベニヤ板に沿ってカットすれば、必要な幅になるようにしました。

Step4

BEFORE

治具に丸ノコを沿わせてカットしているところです。

このあと、天板の上に載せてみると、はじめは6cmほどずれていたのが、8mmほどのずれにおさまりました。

 

Step5

BEFORE

色も風合いも好みではない天板を再利用することはないので、天板に直接ねじをうちます。

天板周りは、天板とそろえたかったので、同じ野地板を30mm幅にカットしたものをぐるりと回しています。

ねじあとは残したくなかったので、パテで埋めました。

 

Step6

BEFORE

並べて固定すると、こんな感じです。

写真ではわかりませんが、板の厚みの違いのせいで、でこぼこしています・・・。

ここから、荒いサンドペーパーを使って、厚みをそろえていきます。

手で触って段差が気にならなくなるまでひたすらサンダーをかけました。

Step7

BEFORE

作業を進めていくうちに、未乾燥だった野地板が乾燥してきました。

店に並んでいるときは、板同士が重なっていて、乾燥しにくいのですが、こうやって並べると乾燥が進むようです。

できるだけ隙間なく並べたはずが、1~2mmほどの隙間ができてしまいました。そこで、隙間をシール材で埋めていきます。

 

Step8

BEFORE

ペンキを塗ったときに、シール材が目立たなくなることを目標に、シール材を入れていきました。

はみ出した部分は指ですくって拭き取りました。

溝が残っていると、汁物や飲み物が入ってしまったり、食べこぼしが詰まったりしかねないので、慎重に穴埋めをしました。

 

Step9

BEFORE

最後に塗装です。

木目が見えるくらいにしたかったので、水で薄めてペンキを塗って行きました。

一回塗りで狙い通りの薄さに塗ることができました。

塗ってすぐはツルツルして見えますが、乾くとテカリはなくなりました。

Step10

BEFORE

しっかり乾いてから、最後にサンドペーパーをかけました。

水分をふくんだ板が毛羽立つところがあるからです。

細か目のサンドペーパーでこすると、すべすべになりました。

やりすぎるとペンキがはげてしまうので、気をつけてていねいにかけました。

 

Step11

BEFORE

厚みや幅の誤差が大きく、手間がかかりましたが、その分愛着のある天板になりました。

自分で作ったので、そのときそのときの好みに合わせてリメイクすることもできます。

この作品にまつわるストーリー

きちんと製材されている木材を使えば、作業はもっとスムーズだったと思います。

製材所の方の作業の大切さを実感するDIYになりました。

ちなみに今回の野地板の板だけの値段は1100円ほどでしたが、
しっかり製材された桧材だと6000円オーバーでした。

作業の手間はかかりましたが、味のある天板を安く作れたので、よしとします。

この作品をみた人閲覧数 1,616 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 まりっくまさん
Title 簡単DIY 縁の下の力...
内容 お洒落な雑貨には必ずと言っていいほどお洒落なタグが付きものだったりします。 インテリア雑貨のちょっとしたアクセントにピッタシなタグを自分好みに作れるように考えてみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 簡単DIY♪ あると便...
内容 お家で持て余していた端材を活用して壁掛けのメモクリップボードができました(*^-^*) 壁掛けなので場所も取らず、ペンを収納するポッケが付いているので、思い立ったらすぐに書き込めて便利ですよ♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 こももさん
Title 無機質な団地のベランダ...
内容 無機質な団地の狭いベランダを、誰もが簡単に出来るDIYでカワイク&ナチュラルに多肉ガーデンに変身♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 簡単DIY 工具は一切...
内容 生活には欠かせないティッシュ 子どもがよく使うので出しっぱなしな日々。 それだけに生活感満載でちょっと残念な印象でした。 セリアでティッシュの木箱を見つけたのでパパッと自分好みに仕上げちゃいました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 Brunjuさん
Title キッチンのごみ箱をシャ...
内容 よくホームセンターなどで売っている、グレーのフタ付のプラスチックのごみ箱をペイントでかんたんリメイク。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title 以前作ったカフェ風なゴ...
内容 2014年に作ったゴミ箱に手を加えて、今必要な仕様にしてみました。 使った木材も前に作ってたDIY作品を解体して加工したもので、とてもエコでリーズナブルなDIYです♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ほたるさん
Title 子供椅子リメイク...
内容 中古の子供椅子にペンキを塗ってリメイクして使用していたけれど、愛用しすぎて割れてしまい、再度リメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 TsunCoRicoさん
Title 昭和感漂うタンスを 簡...
内容 お友達からもらったタンスを、とっても簡単にリメイクしました。 DIY作業時間、たぶん1時間ほど。 ええ感じに仕上がりました~。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ゆんさん
Title ベッドをベンチにリメイ...
内容 使わなくなったベッドを棄てようと解体したものの、もったいないからとベンチにリメイクしてみた。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あーこさん
Title そうめん箱でおうちの飾...
内容 お歳暮でいただいたそうめんの箱が、とても質がよかったので、 飾り棚を作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop