あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



nanosize さん

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
出産後、家にいる時間が増えてインテリアへの興味が深まったため。

いつかやってみたいDIY・手づくり
庭造り

ひとこと
作ることが好きです。

目隠し用のウッドフェンスを作りました♪
この作品をみた人閲覧数 2,361

BEFORE

BEFORE

AFTER

BEFORE

目指すはカリフォルニアスタイル!庭をお洒落に見せてくれ、かつ目隠しにもなるようなウッドフェンスを作りました♪
作者: nanosizeさん
カテゴリー:ガーデニング・庭・外

主な材料

  • 鉄柱3本
  • 木材(3660×90×30mm)
  • テックビス
  • 塗料
  • セメント

主な道具

  • スコップ
  • 水平器
  • ボロ布
  • メジャー
  • インパクトドライバー
  • セメント用容器

Step1

BEFORE

我が家の西面です。
隣には畑、その向こうに住宅がありますが、塀がないので丸見えですし、何もなくて殺風景です。
この部分に目隠しのウッドフェンスを立てることにします。

 

Step2

BEFORE

出来上がりのイメージとしては、こんな感じです。
この写真は以前に住んでいた賃貸(庭つき)のときに、同じく目隠しで作ったウッドフェンスです。
目隠しとゾーニングのポイントとして、今回も写真のように境界線よりも内側に立てることにします。

 

Step3

BEFORE

鉄柱は、←賃貸のときのウッドフェンスに使っていたものを再利用することにします。
なので以前のセメントがくっついた状態です。。
木材は、新しく買いました。

Step4

BEFORE

まずは、鉄柱を立てるための基礎を作ります。
鉄柱を立てる部分の土に穴を掘って、セメントを流し込み、鉄柱を固定させるやり方です。
今回は鉄柱を3本使うので、3箇所穴を掘ります。
風当たりの強い場所なので、穴は大きめに掘ることにしました。
半径約60~70センチ、深さ約40~50センチほど掘りました。
それほど風当たりの強い場所でなければもっと小さい穴で大丈夫だと思います。

 

Step5

BEFORE

セメントは「ドライコンクリート」というものを使いました。
20kgを5袋買っていましたが、足りなくなって買い足したので確か8袋ほど使ったと思います。。
思った以上にたくさん使いました。。

 

Step6

BEFORE

使う分だけ「ドライコンクリート」と水を容器に入れて混ぜていきます。
水は少しずつ入れて硬さを調節しながら混ぜていきます。

Step7

BEFORE

不要な大きな石があったので、それも穴に入れることにしました。
鉄柱を立ててから石を入れ、隙間にセメントを入れていきます。

 

Step8

BEFORE

鉄柱を立てるときは、3本の高さが同じになるように必ずメジャーで図って確認します。
また、水平器などを使って水平も確認しておくと良いです。

 

Step9

BEFORE

こんな感じで石とセメントを入れました。
あとで乾いたら土で隠すので、その分低めの高さまでにしておきます。

セメントが乾くまで2~3日待ちます。

Step10

BEFORE

セメントが乾くまでの間に、木材にペンキを塗ります。
屋外なので木材が腐らないように必ず塗装をする必要があります。
今回は、グレーがかった水色の屋外用水性ペンキを使いました。

 

Step11

BEFORE

刷毛やローラーよりもボロ布のほうが塗りやすいので、今回もボロ布で塗りました。
シャビー感を出すためには、それほどしっかりとは塗らず、ちょっとテキトーくらいがちょうどいいです^^

 

Step12

BEFORE

基礎のセメントと、木材のペンキの両方が乾いたら、鉄柱に木材を打ちつけていきます。
ビスを打つ場所は、上下に2箇所ずつにします。
ビスを打つ場所が等間隔になるように、あらかじめ定規で測って鉛筆で印をつけておきました。

Step13

BEFORE

今回は、テックビスを使用することにします。
テックビスとは、ビスの先端がドリルのようになっていて、下穴を開けずにすぐに取り付けることができる優れものです。
普通のビスを使う場合は、ビスのサイズに合ったドリルで事前に下穴を開けなければならないので、その分の手間が省けます。

 

Step14

BEFORE

インパクトドライバーでテックビスを木材側から打ち付けていきます。
鉄柱は硬いので、しっかりと押さえて打ち付けます。
必ず一番上の木材からつけていくと良いです。
何枚も木材を貼るうちに、ちょっとずつずれていくことがあるからです。
寸法が予定よりずれてしまっても、下の部分ならば目立ちません。

 

Step15

BEFORE

まずは真ん中の鉄柱にビスで打ちつけてから、左右の鉄柱に打ちつけていきます。
左右の鉄柱に打ち付けるときに、水平器で水平を確認すると良いです。
(すこしぐらいは傾いていてもそんなに目立たなければ大丈夫です^^)

Step16

BEFORE

14枚を張り終えました!
計算では15枚の予定でしたが、少しずつずれたようで1枚余りました。。
計算どおりとはいかない場合もあるので、はやり一番上から張ってよかったです。

 

Step17

BEFORE

セメントの部分を土で覆って、完成です!

 

Step18

BEFORE

雑貨を色々と飾ってみました。
フェンスの木と木の間からグリーンの枝を少し覗かせるのもいい感じです。
色んなものを飾る楽しみが増えました。

Step19

BEFORE

こちらはフェンスの後ろ側から見た写真です。
奥に続く庭の目隠しの役割になっています。
表側とはまた違った雰囲気で、裏側にも植物などを飾ってみたいと思っています。

この作品にまつわるストーリー

西側の庭は手付かずで、殺風景だしご近所からも庭が丸見えの状態でした。

目隠しにフェンスを立てたいけれど、境界線でフェンスを立てるには、けっこうな距離が必要なのでなかなかできずにいました。

そこで、境界線ではなく境界線よりも少し内側にフェンスを立てて、目隠しにすることにしました。

境界線よりも内側に入ったところに立てることで、短い巾でも目隠しになるし、だだっ広くて殺風景だった西側の庭に、いいアクセントになったと思います。


カリフォルニアスタイルっぽい、陽気で楽しそうな庭にちょっと近づけたかなと思っています^^

この作品をみた人閲覧数 2,361 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 en&lceedさん
Title 庭にラティスフェンスを...
内容 コニファーが茂って暗かった庭を、ラティスフェンスにしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パコさん
Title 窓周りをバラで埋める、...
内容 フロントガーデン部分、我が家の顔とも言える窓の前をバラいっぱいで埋めたいと思い、しっかりしたフェンスを作りました。ただし外壁へのビス打ちは一切ありません。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ★モモ★さん
Title ウッドフェンス ~ お...
内容 木がたくさんで鬱蒼としていた庭に横板のウッドフェンスと花壇を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 +*Rei*+さん
Title 市販のフェンスを再利用...
内容 以前に外した使い古した柵を再利用して 裏庭ガーデンの普通の柵に 雰囲気のある柵を作って取り付けました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 NAO-NAOさん
Title 100均!簡単!!ウッ...
内容 ウッドフェンスに、多肉植物を飾りたくて作ってみました。 材料と道具は、すべて100均で購入してます。 「簡単」&「スピーディー」&「お安く」仕上がります( '∀' )

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 yuna*さん
Title 木製フェンスとパーゴラ...
内容 目隠しのためのフェンスとバラを這わせて高低差をだし 庭を立体的に。。。フォーカルポイントに!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 akaneさん
Title 家にある材料で木製フェ...
内容 家の北側、道路に面した部分のボイラーを隠す為、可愛い木製フェンスを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 *あい*さん
Title *簡単ウッドフェンスの...
内容 大がかりなコトはしたくなかったので、簡単に作って簡単に設置してみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 佳子さん
Title 板壁フェンスをDIY...
内容 1×4と野地板(杉の荒材)にペンキを塗って、既存のフェンスに取り付けて板壁にしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ryoさん
Title 板壁のジャンクなガーデ...
内容 ポストから、玄関までのアプローチに目隠ししつつも 花や、お気に入りの雑貨をディスプレイできる、大きな板壁のフェンスを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop