あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

気軽で簡単!子持ちママの味方☆トイレの踏み台☆
この作品をみた人閲覧数 5,084

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

子どもを持つママが必ず通る道、トイレトレーニング。
我が家も真っ只中です。子どもの苦手意識を減らすべくと踏み台を作りました(*^-^*)
お子様と一緒にトイレトレ頑張りましょう!!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:木工・工芸

主な材料

  • ・木材 (SPF材)
  •  1×4材 1820 2本
  •        910 1本
  •  2×4材  910 1本
  • (工程1に各サイズまとめました)
  • 木の端材(工程29参照)
  • ・ビス(木ネジ)
  • 35~38mm 39本 
  •   16mm 16本
  • (予備含めて余裕を持った数を用意するといいと思います)
  • ・一文字プレート 150 2本
  • ・L字金具 2本
  • ・アイアンブラケット(今回はセリア品)
  • ・木製ラック(今回はセリア品)
  • ・お好みの水性ペンキ(今回はセリア品)
  • ・お好みの色の水性ステイン

主な道具

  • ・ふでやスポンジなどお好みの塗装道具
  • ・紙やすり(#100・#320 辺り)
  • ・ドライバー
  • ・インパクトドライバー
  • ・木工ボンド
  • ・画鋲

Step1

BEFORE

まず、木材をこの画像のサイズにカットします。
この作品を作るのはお子様のいる方だと思うので、手間なども考えるとホームセンターでカットするのがお勧めです。

 

Step2

BEFORE

要領のいいカット順を用意してみました。
工程2~4の順に木材を合わせてカットすると無駄なカット数が削減できます('ω')
この辺りがタイトルにある「お気軽」ですね♪

 

Step3

BEFORE

黒い数字は長さ。
赤い線がカットライン。
青い枠はカットで取れた必要材料です。

Step4

BEFORE

最後は1×4材と2×4材を合わせて一気にカットしてもらいましょう!
実はこのカットレシピ・・・1×4材に至っては余り無しと計画的なんです!!
ついでに、ホームセンターの端材売り場も覗いておきます。
その目的は工程29を参照してください('ω')ノ

 

Step5

BEFORE

1×4材 1100サイズの斜線カットも忘れないようにしましょう。

 

Step6

BEFORE

1×4材 200サイズを写真の様に木工ボンドで側面を接着しておきます。
これで接着した板が2枚になるはずです。

Step7

BEFORE

今回の木材料です。写真には写ってないのですが、
他に1×4材の320サイズが更に2枚と780サイズが1枚あります。
作りながら理想形へ完成させるので、当初より材料が後々増えることがしばしば…
(実は私の場合、家の端材をかき集めて作ったのもあったので写真の様に塗装済みの気もあったりします。違う木材が混ざっているわけではないのであしからず)

 

Step8

BEFORE

ここから組み立てていくために、順番に下準備をします。
まずは、子どもが怪我をしない様に木材の角を綺麗にヤスリ掛けをします。
毎度のことですが、写真の空研ぎ紙が目から鱗な位に楽です。
普通の紙やすりと比べると数十円高いですが、子育てママには時間は貴重です。
こちらを買って作業の方がいいですよ、ほんと(笑)

 

Step9

BEFORE

天板の並べ方のイメージです。
因みに全てボンドで接着しない方がいいと思います。
一時的な道具でしかないので、分解・再利用の可能性も含めて、今回は解体が出来る作りにしてあります。

Step10

BEFORE

次に、ビスの位置を定めていく作業です。
様々な方向からビスを固定するので、そのビスが干渉して、またやり直しっていうのは避けたいですね。
以下、写真では分かりずらいのもあると思うのでイメージ図を使いながらで説明します。

 

Step11

BEFORE

まず、2×4材の足部分に当てる1×4材 320サイズの木材です。
ここで注意するのは木材の「端」から2cmは避けておきます。

 

Step12

BEFORE

下から見るとこの様な形にくっ付く予定です。
足の両サイドからビスを打つので干渉しないのが大事です。
これが2組出来る様に図の黒い点の位置を目安に電動ドリルで下穴を開けます。
インパクトドライバーの無い方は画鋲で穴を開けるだけでも、穴が無いよりはビス止めしやすくなります。

Step13

BEFORE

続いて、向かって前面に来る箇所の木にも図の黒点の位置で下穴を開けます。

 

Step14

BEFORE

次は図の位置で天板にも下穴を開けていきます。

 

Step15

BEFORE

この時、写真の様に木材を順に仮置きして・・・

Step16

BEFORE

木の位置を鉛筆でなぞっていきます。

 

Step17

BEFORE

なぞれたら仮置きした木材をどかして、工程14のように下穴の位置を決めて穴を開けていきます。
穴を開けた後は、先ほどなぞった鉛筆の跡を消しゴムで消しておきます。

 

Step18

BEFORE

下穴の準備ができたところで、塗装をします。
仮にも置く場所が水気のあるところですので保護の意味合いも込めて防カビ防腐効果のある水性ステインを塗ります。
この時、いいサイズの端材(工程29参照)と780サイズの1×4材も一緒に塗装しておきましょう。(踏み台だけでいい方は省いて大丈夫です。)

Step19

BEFORE

ステインが乾いたら、お好みのペンキで着色してください。
今回は以前ネットで話題だったのでセリアの水性ペンキを使ってみました。
(ステインのみで一度組み立て、思ってたイメージと違い、分解して塗り直したのでこの後の工程写真は色が違ったりすることが度々あります。)

 

Step20

BEFORE

因みにペンキの感想としては、一度塗りでは薄いので2~3度塗り前提な感じです。伸びが悪いので水で薄めると更に塗り重ねが必要かと思います。
乾き自体は比較的早く、乾いた後は艶なしの仕上がりでペンキとアクリル絵の具の中間な印象を受けました。

1本使いきりで今回の作品を作れる容量です。参考になれば幸いです。

 

Step21

BEFORE

ペンキも乾いたら次こそ、組み立てです。
工程11~12の様に足部分を組み立てます。
木部の組み立ては全て3.5~3.8mmのビスで固定していきます。

Step22

BEFORE

足が出来たら、前面の当て木も固定します。
(写真はまだ仮組みの時のものでしたので、実際は320の木材で2×4材を挟んでおいてください。紛らわしくて申し訳ないです;)

 

Step23

BEFORE

これで足が全部つながったはずです。
天板を前方から順番に、先ほど開けた下穴の位置で固定していきます。

 

Step24

BEFORE

天板と足を固定したら本体を引っ繰り返します。
天板を全てボンドで接着しなかったので、踏む場所によっては天板が数mmぐらぐらしてしまうので、強度を上げるために一文字金具を使います。

Step25

BEFORE

写真の位置で金具を固定します。
鉛筆などで穴の位置を印づけます。

 

Step26

BEFORE

印の箇所を画鋲で穴を開けます。
ドリルを使うと穴が貫通する恐れがあるので、画鋲で十分です。
16mmのビスで金具を固定していってください。

 

Step27

BEFORE

これで、子供二人が乗ってもぐらつかない踏み台が出来ました。
私が乗ってもぐらつかなかったので実際に使用する分にはまず大丈夫だと思います。

Step28

BEFORE

ただ、このまま設置しても補助便座が気になります。
ということで、補助便座の置き場も追加して作ります。

 

Step29

BEFORE

ここで出てくるのが1×4材 780サイズの木材と端材コーナーで見繕った木材です。
三角のものは見つかる確率も低いかも知れないので、その時はブラケットなども良い代わりになると思います。(工程40参照)

 

Step30

BEFORE

先ほどの材料をこの様な形で組み立てます。
三角の木材の位置はお手元の補助便座を参考に決めてください。
裏からビス止めです。3.5~3.8mmのビスで大丈夫です。

Step31

BEFORE

次に踏み台に取り付けるために、ブラケットとL字金具を用意します。

 

Step32

BEFORE

踏み台に先ほどの木材を立て掛けます。
表立って見える個所は飾りのあるブラケットを使用しますので、ビスで固定する個所を鉛筆やペンなどで印づけてください。

 

Step33

BEFORE

場所を印づけれたら、固定予定の踏み台の天板のみを外してしまい、ブラケットを固定していきます。
ブラケットが固定できたら、次は反対側からL字金具を2つ取りつけます。
これで、しっかりと天板と固定できました。
心配な方は、更に木材自体を天板の側面にビスで固定すると確実です。

Step34

BEFORE

外した天板を改めて踏み台と合体させて本体の完成です。

 

Step35

BEFORE

改めて実際に設置してみました。
先ほどと比べ、見た目にもすっきりとした印象です。

 

Step36

BEFORE

ここからの工程はお好みですが、セリアで売っているこの木製ラックも同じ色で塗装します。

Step37

BEFORE

実はこのデットスペースにピッタシなんです!

 

Step38

BEFORE

ラックのデザインが気に入らない様であれば、この向きで収納すれば、他の木箱でもいけると思います♪

 

Step39

BEFORE

トイレって案外、収納がないのでこんな風にトイレのお掃除グッズや子どものおしりふきシートなど収納できると便利ですね('ω')ノ
ちなみに横向きにすればトイレットペーパーも入りました。
足の高さをあと数センチ高く設定するとトイレットペーパーは縦に並べて入ります。

Step40

BEFORE

補助便座は丁度くぼみに引っかかる様になっています。
Combiの補助便座なら、立て掛けるくぼみの奥行きが8.5cmでベストサイズです。
丁度、今回使ったセリアのブラケットも片方の辺がそんなサイズなので、2つ並べて取り付け、ブラケットと補助便座のくぼみの横幅に合った端材でも天板にすれば見た目にも素敵になるかと思います(*^-^*)

 

Step41

BEFORE

ということで、子どもが少しでも楽しめる様なトイレの空間が完成しました!

この作品にまつわるストーリー

今回は、息子のトイレトレーニングを応援するために作りました!

というのも、小さい方は難なくできているのですが大きいのが一度も成功していないのですorz
おまるの踏み台は、補助便座に座ったところで足が届かなく、夫と「もしや、足がぶらぶらして上手く踏ん張れないのでは!!?」と考察し、踏み台を用意してあげようと思った次第です。

参考までに市販の物を調べるとビックリ!!・・・結構お高いんですね;Σ(・ω・ノ)ノ諭吉っ!
ということで、踏み台のイメージを掴めたところで、
家で余っている端材をガサゴソしながら詳しいデザインを試行錯誤しながら考案しました。
(端材なだけに少し反ったりした木材があったり、
 微調整で多々カットしたりと地味に苦戦したところもあります(笑))

同じ悩みを抱えるお母さまも多いと思い、自分がそうなので大変なのもわかる分、
少しでもお手伝いできればとカットレシピやビス止めの位置などのイメージ図も今回用意してみました。
このあたり、お気軽に作業が始められると思います(*^-^*)

ここだけの話・・・私自身、数字に弱い人間なので、
少しでも無駄を減らすべくとカットレシピは頭使いました((+_+))
なので・・・多少、雑なイメージ画像なのは目をつむってください(本職じゃないので;(笑))

今回の画像を印刷してホームセンターへ持っていって店員さんに渡せば、
特に細かい説明など必要なくカットしてもらえるかと思います。
お店によっては斜線のカットも店員さんにお願いできると思うので聞いてみるのもいいと思います。

※ただし、トイレの部屋のサイズは図っておいてくださいね!
 作ったはいいものの、入らなかったというのは結構キツイです(´・ω・`)
 仕組みさえ理解すれば単純な作りなので、各家庭によってサイズなどアレンジしてください。
 苦手な方は旦那さんに協力してもらうのもいいですね!


実際に完成して、まだ数日ですが子どもの反応はかなり良いです。
なぜか、『ここは~これを置く場所ですっ』『台に乗って~これを置いて~、しまっすっ』と、
解説しながらのトイレの時間になりましたが(笑)
以前より明らかに本人も意欲が高まり、トイレに誘わなくても自主的に向かうことも増えました。

実際試した結果としては『う~んんんん』と声を出しながら踏ん張り、”プッ”と『おならだったねぇ~』と本人が照れて言う位の功績は残してくれるようになったので成功の日も近い気がします('ω')ノ

因みに大人が便座に座っても踏み台や補助便座置き場にに干渉しないので安心してください。


木工って敷居が高い印象がありますが、初めてみると単純なとこも多く決して難しいものじゃないと思うので、この作品をきっかけにさらに興味を深めていただければ幸いです(*'ω'*)最近、女の人でDIY流行ってますしね!是非!(笑)


この作品をみた人閲覧数 5,084 2 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 どんべいさん
Title トイレットペーパーカバ...
内容 トイレットペーパーカバーでオシャレに~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ateliervaniraさん
Title トイレ...
内容 建売独特の花柄の壁紙やユニットのペーパーホルダーなどを変えたくてリフォームしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 nanosizeさん
Title トイレの壁にエコカラッ...
内容 匂いを吸着してくれるというエコカラット。新築時に少し気にはなりつつ付けなかったのですが、自分で貼れそうだったのでトイレに貼ってみることにしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 neigeさん
Title トイレのイメージチェン...
内容 アイボリーの壁紙のフツーのトイレ。 グリーンに塗ったらちょっとおフランス風?

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 mi-na☆さん
Title トイレの小窓にパタパタ...
内容 殺風景なトイレの小窓にパタパタ扉をつけました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あいまいもこさん
Title トイレに緑を追加!...
内容 緑一つでトイレの雰囲気が変わります。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 +totoro+さん
Title トイレに棚を設置***...
内容 シャビーな感じに仕上げた飾り棚を、トイレの壁に設置してみました~。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 Rie*さん
Title トイレのドアをアンティ...
内容 玄関付近を板壁化中に、 どうせならとトイレのドアも改造することにしました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ゆーさん
Title 実家のトイレ③ 床仕上...
内容 トイレの配管の移動が終了したので、いよいよ床を仕上げます。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 fogliaさん
Title トイレのタオルかけ...
内容 もともとついていた普通のタオルかけがインテリアに合わなかったので、端材をリメイクして付け替えました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop