あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

木箱がディスプレイ用アンティークトランクケースに変身!
この作品をみた人閲覧数 1,869

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

ギフトでもらったタオル。なんと立派に木箱に入って届きました。
しっかりした作りなので捨てるのは勿体ないと思い、
思い切って私なりのディスプレイ用のトランクケースに変身させました!!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:雑貨・ハンドメイド

主な材料

  • ・木箱
  • (ギフト木箱・素麺箱・市販品など
  •  同じ大きさのものが2つあれば作ることができます。)
  • ・木かる粘土または木工パテ
  • ・水性ステイン(今回はグレー使用)
  • ・お好みの水性ペンキ(今回はヘンプベージュ使用)
  • ・イマジン、アンティークリキッド
  • ・コーナー金具 ×8
  • ・蝶番 ×2
  • ・本革
  • ・尾錠(美錠/バックル) ×2
  • ・太鼓鋲
  • ・ベルベット生地
  • ・ベルベットリボン
  • ・工作用紙
  • ・お好みの装飾素材(レースやリボンなど)
  • ・布に使える転写シート

主な道具

  • ・ティッシュ
  • ・ふでやスポンジ(塗装用)
  • ・使い捨て手袋
  • ・マスキングテープ
  • ・接着剤(木工ボンド・裁ほう上手・G17)
  • ・強力両面テープ
  • ・紙やすり(#100・#320)
  • ・ドライバー
  • ・画鋲や目打ち
  • ・メジャーや定規
  • ・アイロン
  • ・蝋燭
  • ・デザインナイフ
  • ・クッキングシート
  • ・インスタントコーヒー
  • ・広告用紙などの使い捨て用の紙
  • ・はさみ
  • ・カッティングボード
  • ・グルーガン

Step1

BEFORE

今回はこちらのタオルギフトの木箱を使用します。
素麺箱などもいい素材ですね。ギフト用の箱じゃなくても、同じサイズの木箱が2つ用意できる様ならサイズ問わず作成可能です。

 

Step2

BEFORE

下準備をします。
写真の様に、この木箱は凸と凹ではめ込むタイプのものです。
まず、凸の箱の出っ張りをデザインナイフでカットしていきます。

 

Step3

BEFORE

カットすることが出来ました。
この時、写真の様にフレームの形のままで綺麗にカットすると後々作業しやすいです。
※カットしたものも使用します。

Step4

BEFORE

もう一つの凹の箱に、先ほどカットした出っ張り部分をボンドで貼り付けます。
この時、ボンドはほんの少しだけ水を足して筆を使い箱の方に塗って、先ほどカットした木材を張り付けます。

 

Step5

BEFORE

木の歪みなどもあるかと思いますので、ずれない様にマスキングテープを貼って接着面を密着させてボンドを乾燥させておきます。

 

Step6

BEFORE

乾いたところで、テープを剥がしますが、断面が綺麗ではないので整えていきます。

Step7

BEFORE

今回は私のDIYの一番の便利道具「木粉粘土」を使用しました。
耐久性が必要な個所などを整える場合はパテなどがお勧めですが、そうでもない個所なら木粉粘土もお勧めです。
(メリットとしては粒子も適度に細かく、硬化後に彫刻刀などで掘ることも可能で加工性に優れています。デメリットは耐久性が低いところですね)

 

Step8

BEFORE

硬化したところで、ヤスリ掛けをします。

 

Step9

BEFORE

この時、木箱の表面のプリントも一緒にヤスリで削り落としておきましょう。
(ペンキを後ほど塗るといっても、塗料の乗りがプリント箇所とそうでない個所で違ってくるので、ひかりの当たる角度によってデザインが浮き彫りになる可能性があります。適度に削っておくのがお勧めです。)

Step10

BEFORE

ヤスリ掛けが終わったところです。
写真ぐらいうっすらとプリントが残る分には塗装に支障はないので、根気よく削らなくても大丈夫です。

 

Step11

BEFORE

箱の外と中を水性ステインをスポンジで塗り込むように塗装します。使い捨て手袋の装着もお忘れなく。
今後の工程で水気がある作業もあるので、防カビ防腐処理が出来るものがおすすめです。(ガーデン用など、その効果があると思います)

 

Step12

BEFORE

乾いたところで、筆を使いお好みのペンキを上から塗装します。
今回はアンティークな印象のある「ターナー色彩 ミルクペイント ヘンプベージュ 200ml」を使用しました。

Step13

BEFORE

この様に塗りムラを多少残して塗装します。

 

Step14

BEFORE

中は布張りにするので、淵周りだけの塗装で十分です。

 

Step15

BEFORE

乾いたところで粗目のヤスリで表面のペンキを適度に削ります。

Step16

BEFORE

削れたところです。
ここはハードめでもソフトめでもお好みで調整してください。

 

Step17

BEFORE

更に上から水性ステインを塗装します。
写真の左が塗る前、右が塗ったものになります。
色味に深みが出てきました。

 

Step18

BEFORE

ここで、コーナー金具を箱の四隅に取りつけていきます。
予め金具を当てて、ペンでアタリを付けた後に画鋲で穴を開けておくと力を入れずにスムーズにネジが締めれます。

Step19

BEFORE

2箱とも取り付けることが出来たら、汚し加工をします。
イマジンアンティークリキッドを刷毛やスポンジなどを使って思い思いに汚していってください。
薄く全体に塗ると、前に塗った塗装自体もくすみが出て更に風味が増します。

 

Step20

BEFORE

次に蝶番を取り付けるための場所を定規やメジャーを使って調整しながら決めていきます。
表の面で調節するのは、トランクのベルトの間隔にもなるからです。
それも踏まえた上で左右対称の位置を決めてください。

 

Step21

BEFORE

位置を決めることが出来たら、その間隔で蝶番を写真の様な箇所に取り付けます。

Step22

BEFORE

次に革を順に必要な長さ・数だけカットします。
今回はこの後の加工で風味が出しやすいベージュ色の皮をチョイスしました。

 

Step23

BEFORE

まずはステーとなる革を切り出すために、写真の箱の箇所をメジャーなどを使って必要な長さを図ります。
(ステーとは扉や蓋を一定の角度で保持するための金具です。)

 

Step24

BEFORE

この様に、切り出しました。革自体にも加工を施すので、カットラインが少し歪んでいても大丈夫です。

Step25

BEFORE

革をロウ引きしていきます。
革細工をする方から見たら「え?」と思われてしまうかもしれませんが、
軽く雑貨作りする位で、本格的な道具を用意するほどでもない方にはこの方法が気軽に毛羽立ちの処理ができると思います。
そのうえ、アンティークに仕上がってしまうのです・・・!!!

 

Step26

BEFORE

ということで、さっそくクッキングシートで革と砕いたロウを挟み、アイロンの熱を当て素材に蝋を染み込ませていきます。

 

Step27

BEFORE

衝撃的な写真ですね(笑)
一見すると失敗した!焦げた!と思われるかもしれません。
・・・が、これでいいんです!!!

Step28

BEFORE

ということで、この調子で他にも必要な革を切り出していきましょう。
次はベルトパーツです。蝶番の幅で4つ切り出します。
長さは一箱の縦方向になる長さの1.5~2倍位の長さで余裕をもって切り出しておきましょう。

 

Step29

BEFORE

こちらもロウ引きします。相変わらずですが、ちょっと引くぐらい真っ黒ですね(笑)
それではお待ちかねの革への仕上げの作業です。

【手でグシャグシャに揉み込んでください。洗濯物をゴシゴシと手で擦り合わせて洗うようにしっかり揉みます。】

 

Step30

BEFORE

するとどういう事でしょう。
写真の様に揉んだ個所だけ色が変化していくのです。
①未加工 ②ロウ引き直後 ③もみ込んだ後

揉む加減で黒みを調節していきます。
揉むことによって、革自体もくったりとして使い古された風合いが出ます。

Step31

BEFORE

それではベルトの皮2つに尾錠を取り付ける穴を切り出していきます。

 

Step32

BEFORE

写真のような仕組みになっています。
①の様に穴に尾錠を通したら、②の様に革を後ろに折りたたみます。

 

Step33

BEFORE

ロウ引きしたものなので、普通の接着剤では接着が難しくなってきます。
ここで使うのが「ボンドG17」です。これを使って接着します。
臭いが強い接着剤なのでお気を付けください。

Step34

BEFORE

、蝶番の上から尾錠のないベルトをかぶせ、その上から画鋲などの針で穴を開けて改めてネジを締めて固定します。
固定が出来たらベルトを箱にぐるりと巻き付けます。

 

Step35

BEFORE

尾錠ベルトに先ほど固定したベルトを通し尾錠を留める所にアタリを付け目打ちなどで穴を開けます。

 

Step36

BEFORE

開けた穴に尾錠を留めて固定したら、尾錠ベルトの端を蝶番の場所に合わせて余分な部分をカットします。

Step37

BEFORE

先ほど同様に蝶番のネジを外して、2枚のベルトを上から被せ直し改めてネジを締めて固定します。

 

Step38

BEFORE

これでベルトの調整はできました。

 

Step39

BEFORE

ベルトが出来たところで、先ほどカットしてはみ出たベルトの切れ端を縦半分に切り、設置したベルトの間隔の長さで改めて2枚切り出し、取っ手の素材にします。
この時、飾りとなる太鼓鋲の直径と幅のサイズの兼ね合いも確認しておくといいですね。

Step40

BEFORE

では取っ手もG17で開閉部に貼り付けます。

 

Step41

BEFORE

貼り付けることが出来たら、写真の様に上から飾りになる太鼓鋲を刺し込みます。
この際、針が箱内部に貫通する長さの様でしたら予めニッパーでカットしておいてください。

 

Step42

BEFORE

ベルト箇所も完全に固定するため、G17で接着していきます。

Step43

BEFORE

接着箇所に太鼓鋲を先ほどの要領で刺し込みます。
言わずもがな、針が長い様ならニッパーでカットしてください。

 

Step44

BEFORE

裏側も忘れずに刺し込み飾りつけします。

 

Step45

BEFORE

ステーになる革を箱内部の写真のような位置にG17で接着します。

Step46

BEFORE

中は布張りにするため、ベルベット生地を用意しました。
基本的にお好みの布地で良いですが、厚みのある布地の方がいいと思います。

 

Step47

BEFORE

箱の内寸をはかる為、チラシや新聞紙などを当てて型紙を作ります。

 

Step48

BEFORE

型紙に合わせ、生地を必要な枚数分カットします。

Step49

BEFORE

工作用紙も底面2枚分切り出しておきます。

 

Step50

BEFORE

工作用紙と生地の裏をボンドで貼り合わせます。
これで底面は張りが出るうえ、貼り合わせる際にシワになりにくくなります。

 

Step51

BEFORE

箱の内部に写真の様に強力両面テープを貼ります。

Step52

BEFORE

まず側面に生地を直接貼ります。
角は目打ち等で綺麗に整えておきます。

 

Step53

BEFORE

側面全面が張り付けれたら、底面を貼ります。
ピッタシサイズなので、はめ込むような形で貼り付ける形になるかと思います。

 

Step54

BEFORE

ステーの箇所にも太鼓鋲で飾りを施します。
この際、目打ちで穴を開けると刺しやすくなります。

Step55

BEFORE

このままでは、生地の断面が見えて見っともないので、ベルベットリボンで縁取りをします。
リボンはグルーガンを使って少しずつ慎重に貼り付けていきます。
この時、側面の生地の端も箱自体に一緒に接着できると強度が増します。

 

Step56

BEFORE

この様に、トランクを閉じたときにリボンがなるべく干渉しない様な位置で貼り付けてください。

 

Step57

BEFORE

外側はアンティーク風味で中身は新品の様にきれいだと違和感がすごいのでコーヒー液で中の布を汚していきます。
この時、塗料を使って汚さない方がいいです。塗料だと乾いた際に布も塗料と一緒に固まってしまい、ごわごわした質感になってしまいます。
色水などだと生地の質感を損ないませんので、是非コーヒーなどをお勧めします。

Step58

BEFORE

中身もしっかり汚せました。しっかりと乾燥させてくださいね。
水気が余りにも多いと工作用紙がたわむので、作業は一気にせずに何回かに分けてやるのがいいと思います。

 

Step59

BEFORE

ここで、少し華やかにしたいので飾りつけの準備をします。
今回紹介するのは写真の転写シートです。
PCでデザインして予めプリントアウトしておきます。

 

Step60

BEFORE

ダブルガーゼ生地に用意したシートの使い方に沿って転写します。
このシートはタトゥーシールの様な感じを想像して頂ければいいと思います。

Step61

BEFORE

コーヒー液で汚します。この時、プリントを少し落としてみました。
(今回使用した水転写は洗濯で綺麗に落ちてしまいます。あくまでディスプレイとして使用する分には使える道具だと思います。)

 

Step62

BEFORE

箱の内側に「裁ほう上手」で貼り付けていきます。

 

Step63

BEFORE

レースやリボンをグルーガンで飾りつけもしてみました。
これで完成です。

Step64

BEFORE

外観はこの様な感じです。
もう少し濃い目のペンキの方が良かったかもです('ω')
数を作って、色違いやサイズ違いで重ねて置くのも素敵になりそうですね♪

 

Step65

BEFORE

開いた感じはこんな感じです。(見栄え悪い写真でお恥ずかしい;)
見た感じ、高さがある雑貨はあまり映えなさそうですね。
小さな雑貨をちょこんと飾るのが良さそうです(*'ω'*)

この作品にまつわるストーリー

実は箱の使い道を数カ月ぐらい考えながら日々を過ごしていました|д゚)
何処にでもあるものはあまり好きではない変わり者なので、考える時間は長く様々な資材だけ溜まっていく一方です(笑)

とは言うものの、今回は大きく変わったものを作った訳ではないんですが、少しでも存在感のあるトランクにしたくていつもの様に手探りで作業をしました。
「ああしたらイメージ通りに仕上がるかな」
「あれよりはこれを使った方が雰囲気が出るかな」
そんなことを考えながら、定番の加工から時には斬新な方法を試して、新しい発見もあるDIYはなかなか飽きないですね(*'ω'*)

今回の作品の様なトランクは色の組み合わせによって様々な印象のものが作れると思います。
【茶色×白】で ナチュラルに
【黒×エンジ】で クールに
【パステルカラー×白】で キュートに
是非、自分好みの組み合わせを見つけて作っていただけたら光栄です(*^-^*)

この作品をみた人閲覧数 1,869 2 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 Brunjuさん
Title Daisoさんの木箱で...
内容 見るとつい購入しちゃうマステを収納するためのアンティークトランク風BOXを作りました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komichiさん
Title 小さな洋書風 と トラ...
内容 SPF材の端材とアクリル絵の具、スタンプなどを使って、小さな雑貨を作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ポコ☆さん
Title ☆端材、100均取っ手...
内容 遊び心のある表札が欲しくて 作ってみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あーこさん
Title 木製トランクケース...
内容 家にあったレザーの端切れやセリアの金具を使って、イベント用の什器として木製トランクを作りました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 森小さん
Title 廃材トランク...
内容 ウッドの枠とブリキの底板の朽ち果てた箱を トランクに変身させました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komichiさん
Title 木片で*トランク風*雑...
内容 家に余ってた木材を使って*トランク風*雑貨を作ってみました♫

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title スクエアケースをトラン...
内容 今日は、セリアの木製インテリア スクエアケースをトランクキャリー風にリメイクしてみました~~~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 mayumamaさん
Title かまぼこ板で壁掛けとミ...
内容 実家の母からもらった大量のかまぼこ板を何かにリメイクできないかと考えて、壁掛けとミニトランクに変身させました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 簡単DIY 縁の下の力...
内容 お洒落な雑貨には必ずと言っていいほどお洒落なタグが付きものだったりします。 インテリア雑貨のちょっとしたアクセントにピッタシなタグを自分好みに作れるように考えてみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kekoさん
Title 100均の額縁をゴージ...
内容 100均で売っているプラスチックの額縁。プラスチックでは質感がイマイチ。簡単に塗装して、ゴージャスな額縁に変身させました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop