あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

女の子ママ必見 見せる収納 ヘアクリップボード♪
この作品をみた人閲覧数 2,074

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

娘ももうすぐ1歳。親の欲目もありますが日に日に可愛くなってきました(笑)
女の子ということもあり、お洒落を少し意識してきたのでヘアクリップを作ろうと思い、収納も考えて作ってみました('ω')
作者: まりっくまさん
カテゴリー:収納・片づけ・暮らし

主な材料

  • ・フォトフレーム
  • ・合板
  • ・レースやリボン
  • ・レースモチーフや飾り
  • ・シート状のキルト綿
  • ・お好みの布
  • ・お好みのペンキ
  • ・ミッチャクロン

主な道具

  • ・ふで
  • ・布用ボンド
  • ・アイロン
  • ・デザインナイフ
  • ・ニッパー
  • ・マスキングテープ
  • ・ドライバー

Step1

BEFORE

お好みのフォトフレームを用意します。
今回は0歳の娘のヘアクリップを収納するので小さすぎず大きすぎずということで2L判サイズのものを用意しました。
サイズやフレームのデザインはお好みで用意して大丈夫です。

 

Step2

BEFORE

用意したアンティーク調の額ですが、思ったより中のスペースが小さいので余分な場所をカットしようと思います。
写真のラインのところを思い切ってカットします。

 

Step3

BEFORE

この額の場合、裏側に写真がずれないようにするコーナー出っ張りがあったので、予めニッパーでカットしておくと、フレームのカットラインとの緩衝が減り切りやすくなりますよ。

Step4

BEFORE

デザインナイフで切り取ったところです。
中が広くなったので使いやすさが出てきました。

 

Step5

BEFORE

ただ、このままではカット面にバリがあります。
怪我をするといけないので表面を軽く整えたいと思います。
この時、背板の押さえ金具?(名前がわからなくてすみません;)をドライバーを使ってネジを外して取って置きましょう。

 

Step6

BEFORE

基本的には、表立って見える個所ではないので、粗目のやすりで目立ったバリを削った後に細目のやすりで簡単に整えます。
良く見える個所の場合は粗目→中目→細目→極細目と段階を踏まえた方が仕上がりは綺麗ですよ

Step7

BEFORE

整えることが出来たら、ミッチャクロンマルチスプレーを吹き付け、下地を作ります。

 

Step8

BEFORE

乾いたところで、フレームの色を塗装します。

 

Step9

BEFORE

今回は娘のものということで甘い印象の色を作りました。
小豆クリームの様な色です(分かりずらくてすみません;)
ビビットやパステルだとシャビーインテリアを目指す我が家に馴染みにくいので、ここは彩度が低めのパステルカラーで落ち着いた可愛さを意識して塗りました。

Step10

BEFORE

凹凸の激しいデザインなので筆で塗り残しが無いようにシッカリ塗装します。
フレームの塗装はこれだけです。
流石に赤ちゃん向けにエイジング加工は気が引けたのも理由です(*_*;

 

Step11

BEFORE

次にフレームの中のディスプレイ部分に取り掛かります。
元々あった背板を合板に当ててサイズを書き写します。

 

Step12

BEFORE

書き写すことが出来たら、それよりも少し小さめにカットしていきます。
多少根気が要りますが、デザインナイフやカッターで何度もラインをなぞってカットできます。

Step13

BEFORE

カット出来たところで、カット面をヤスリで整えます。
最終的には布で覆われる個所ではありますが、布の破れにも繋がりかねないので面倒かもしれませんがヤスリはかけておきましょう。

 

Step14

BEFORE

シート状のキルト綿を板に合わせたサイズでカットします。

 

Step15

BEFORE

布に至っては、写真の様に板よりも大きめにカットしておきます。
ここはアバウトで構いません。

Step16

BEFORE

素材となるレースやモチーフを用意しました。
フレームに合わせてロマンチックなテイストです。

 

Step17

BEFORE

フレームを乗せて完成をイメージしながら、お好みで中のデザインを考えます。
この時、クリップなども用意してレースやリボンの感覚を調整するといいですね。

 

Step18

BEFORE

イメージが出来たところで、飾り素材は横に置いておいて、
布→綿→板の順で重ね、斜めの端の布をマスキングテープで板に仮止めします。

Step19

BEFORE

同様に、上下左右の布もマスキングテープで仮止めします。

 

Step20

BEFORE

引っ繰り返したら先ほど考えたデザイン通りに飾りを載せていきます。
微調整もしっかりしたらマスキングテープでしっかり固定しておきます。

 

Step21

BEFORE

板と綿を剥がし、折りジワをアイロンがけしたら、裁ほう上手(布用ボンド)を使い飾り素材を接着していきます。

Step22

BEFORE

私の様な感じで飾っていく場合は、写真の四角のラインの中のレースやリボンを接着します。丸のラインの中はクリップを挟む箇所になってくるので接着しないように気を付けてください。

 

Step23

BEFORE

リボンの場合は気にせずボンドを塗れますが、レースの場合は穴が開いているので接着剤を塗る際、下に紙をひいて塗ると布を汚さずに塗れます。

 

Step24

BEFORE

貼り付けたら、ボンドの特性上アイロンの熱を加えると接着が強力になるのでクッキングシートを間にかませてアイロンの熱を当てていきます。

Step25

BEFORE

先ほど同様、布→綿→板の順で乗せたら、布の端を先ほどの布用ボンドで板に貼り付けていきます。
この時、端を一つ折り目でボンドを塗り、二つ折り目で板に貼り付けアイロンで一気に貼り付けます。自然乾燥は布が剥がれてきてしまうので、アイロンで瞬時に糊を乾かすのが作業効率が良くてお勧めです。
注意する点は布の角にはボンドを塗らずにおくことです。

 

Step26

BEFORE

上下左右貼り付けることが出来ました。

 

Step27

BEFORE

このままだと斜めの箇所の布が飛び出てしまい、額に収めることが出来なくなってしまうので、布を中に織り込んでボンドで接着します。

Step28

BEFORE

今度こそ、上手に布を張ることが出来ました。

 

Step29

BEFORE

額に背板の押さえ金具を改めて取り付けて、作った中身と元々あった背板をはめ込んで押さえ金具で外れない様に固定します。

 

Step30

BEFORE

これで完成しました!!
額のデザインや中身のデザイン、それに大きさでも、作り方によってだいぶ印象が変わってきますね。

Step31

BEFORE

実際にヘアクリップを飾ってみました。
娘がおませさんになりそうな2歳くらいの頃に一緒に選ぶのが楽しみです(*^-^*)

 

Step32

BEFORE

因みにクリップはこの様な感じに挟んで飾ります。
小さなお子様でも簡単に使えます(*^-^*)

この作品にまつわるストーリー

今回は、いつも息子の物を作っていて娘の物がないなと気づいたことから作った作品になります。

とは言っても、まだ娘は0歳。自分で何か目的を持って使用するのが難しい年だし、作る物によっては3歳のお兄ちゃんに取られかねないと考えた結果・・・。

唯一、息子では活用できないであろう髪飾りの収納になりました。

娘は髪の毛が伸びるのが遅いので、男の子に間違われることもしばしば・・・・。
最近流行り?の赤ちゃんにも使える様なヘアクリップで女の子らしさをアピールできればと思っています(笑)
今回はその髪飾りの為の収納ボードですね(*^-^*)

見せる形の収納なので、娘も意思疎通が出来る様になったら選んで使うことができます(*^-^*)
髪の毛が伸びてきたら伸びてきたで、次はヘアゴムなども増えてくると思うので、その時はその時で今回の作品と統一感を感じられるような収納を考えなきゃですね(笑)

特別な工具は使っていないので誰でも気軽に作れることと、
汎用性がありそうなので各々の好みで是非とも娘様の為に作っていただければと思います♪

この作品をみた人閲覧数 2,074 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 komomoさん
Title 壁紙変えて、もっと女の...
内容 白くてつまらない壁紙を、女の子らしい柄モノにチェンジ!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title ペグボード用フック...
内容 ペグボードを自作したので、フックも作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title 作業小屋の壁の一部分を...
内容 ペグボードを使ってDIYしたいと思っていたのですが、作業小屋に居るときに壁を見て、ペグボードを自作できるのでは?と思ったので、やってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あかさん
Title 洗面所の壁収納...
内容 リニューアル(о´∀`о)

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title カウンター下の収納を整...
内容 雑然としていたカウンター下にお揃いの収納を作ってすっきりさせてみました。 最初に作った木箱に使った板は、以前DIYで作ったキャビネットの扉に使われていたものの再利用です。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title タワーペンスタンドを自...
内容 知人が、斜めに鉛筆などの文房具を入れるペンスタンドを使っていて、使いやすそうだったので、自作してみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title キッチンストッカーを使...
内容 以前に作ったキッチン用の収納ストッカーを、使いやすいように改良しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 akaneさん
Title ガサガサになった木製カ...
内容 オイル仕上げの木製スプーン、お手入れを怠っていたら表面はガサガサに荒れてつやも全くない程乾燥してしまいました。きちんとお手入れして元のように生まれ変わらせたいと思います。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 neige+yyyさん
Title すのこベッドをDIY♪...
内容 大手術を終え退院してくる夫がゆっくり休めるように… 子供二人も同じ部屋で寝てますが寝相が悪くて夜中に蹴られたり…目が覚めてしまいます。 これでは十分に体を休めてもらえません。 なのでベッドを急遽自作!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 mintさん
Title カラーボックスで子供用...
内容 子供が自分で服を片付けられる収納をカラーボックスで作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop