あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

男の子ママ必見!片づけ簡単♪ ジオラマボックス
この作品をみた人閲覧数 5,996

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

息子お気に入りの恐竜フィギュア。
ただ…沢山の恐竜が部屋のあちこちに散乱する日々。。
それならばと遊びと収納を一緒にし、母と子共々、大満足にしてみました!?
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • 【セリアで購入】
  • ・インテリアブリキフレーム ×2
  • ・木製トレイ M × 3
  • ・強力マグネットミニ 8P
  • ・木板 45×15 × 3
  • ・合板 45×30
  • ・お好みの転写シール
  • ・ブリキナンバープレート
  • ・持ち手 アンティーク ×2
  • ・カラーUVレジン
  • なし
  • 【その他で用意】
  • ・グリーンモス(または芝生風シート)
  • ・ボンド
  • ・小鋲(1.6mm)
  • ・茶色・ベージュの塗料 + お好みの色の塗料
  • ・つや消し、光沢または半光沢スプレー
  • ・モノクロ反転に印刷したトナー用紙
  • ・蝶番
  • ・ドライバー
  • ・TOMIX シーナリーブラスター(中級編)

主な道具

  • ・紙やすり
  • ・塗装用ふでまたは刷毛
  • ・使い古しの歯ブラシ
  • ・マスキングテープ
  • ・彫刻刀
  • ・カッター
  • ・メジャーまたは定規
  • ・プラスドライバー
  • ・グルーガン・グルー または 木工用パテ
  • ・パソコン
  • ・除光液
  • ・のこぎり

Step1

BEFORE

こちらが大好きなおばあちゃんからもらったことがキッカケで息子が大好きになった恐竜です。

ただ、お恥ずかしいですが、見てのとおり取りあえず家にあった袋に入れて無くさない様に仕舞っていました。
ちょっと見栄えにも良くないので「かーちゃん、恐竜のお家作るわ!」と息子に宣言し行動に移すことにしました。

 

Step2

BEFORE

まず最初にメインとなる材料から加工していきます。

 

Step3

BEFORE

最初に木製トレイの側面の四隅に磁石をはめ込みたいのでボールペンなどで簡単なアタリをつけておきます。
この時、磁石を傍に置くとサイズの目安になりますね。

Step4

BEFORE

写真の様なアールのある彫刻刀を木材と垂直に立てて
力を少し入れつつ、ドリルの回転の要領でダボ穴を掘っていきます。
だいぶ際を加工するのもあるので慎重に作業します。
(小学生の頃に購入した彫刻刀セットに封入されていたものなので、割と入手は困難な道具ではないと思います)

 

Step5

BEFORE

強力マグネットは密封した形でパッケージされているので、
写真の様に開封せずにサイズを確認しながら掘る作業ができます。

 

Step6

BEFORE

ダボ穴が掘れたところで、接着剤でマグネットを接着します。
この時、使用する接着剤は粘度のないものを選んでください。(液体タイプ)

※粘度があると、かさが出来てしまい、はめ込んでもマグネットがはみ出てしまう可能性が高いためです。
因みに、マグネットにはS極N極あるので、この時、パッケージの向きのままではめると間違いないです。
不安な方は、サインペンなどで片面に色を付け目印にするといいですね。

Step7

BEFORE

そうはいいつつも、実は端を割ってしまっていました・・・。
こんな時は、マグネットを接着した後にグルーガンのグルーを流し込み、はみ出た部分をカッターでカットすると綺麗な側面に元通りです。
他にも、パテで埋める方法などもあります。

 

Step8

BEFORE

次に木製トレイの1つを底を剥がします。
私の場合、強引に剥がしましたが、後に泣きを見ることに・・・。

 

Step9

BEFORE

ということで、バリをカッターで綺麗にカットしました。

元々、底板は厚みがないので、最初からカッターでカットした方が【仕上がりは断然綺麗】です。
トレーの内側から側面に沿って刃を入れていくので、カットが変に曲がることもないと思います。
何よりも、底が綺麗な仕上がりになります。

Step10

BEFORE

ということで綺麗に底をくりぬけました。
ちなみにこの工程8を私は無理やりやってしまったので底の面に汚い凸凹が・・・
無駄にヤスリ掛けをしました。
いつもDIYは突発的の行き当たりばったりのなので、こんなヘマもしばしば(^-^;

 

Step11

BEFORE

底をくりぬいたトレイだったものと、残りの未加工の木製トレイをボンドで接着します。
ボンドが乾いたら、工程3と同様にマグネットを接着しますが、此方の底が深い方は長辺の角( □ ← この下の角2個)だけにマグネットを接着します。

 

Step12

BEFORE

ここで下地ができた箱2つに、外側・内側の両方をお好みの色で塗装をしていきます。
私の場合は、息子が大きくなっても使える様な色味で濃紺と黒を混ぜて墨色を作り塗りました。

Step13

BEFORE

次にブリキトレーを加工していきます。
この商品は裏面は段ボールが張り付けられています。
ここがジオラマの土台となります。
ボンドとグリーンモスと容器を用意します。

 

Step14

BEFORE

トレーの中でモスとボンドを混ぜます。
このままではパサパサなうえに、混ざりにもムラが出てきてしまうので、水を調節しながら足していきます。
混ぜたモスを絞って、水分が少し出てくるぐらいが適量です。

 

Step15

BEFORE

ブリキフレームの段ボール面にボンドを塗ります。
ここは厚めにしっかりと塗ってください。

Step16

BEFORE

モスを敷き詰めたところです。しっかりと押して圧着させます。
因みにモス部分は水分を含んでいる分、乾くのに1~2日程かかります。
簡易的に作る場合は芝生シートなどをグルーガンで接着するのも手です。

 

Step17

BEFORE

茶色の水性塗料を水で薄めたものを筆で、モスとフレームにムラが出る様にトントンと色を載せていきます。
フレーム部分は乾いたら新たに色を載せての繰り返しで深みのあるムラができます。

残りもう一つのブリキフレームにも同じように色を載せていってください。

 

Step18

BEFORE

モスを載せたフレームが、しっかりと乾いたら四隅に画鋲などで穴を開けます。
モスのない方のフレームも段ボールの面の方のフレームの長辺の角( □ ← この下の角2個)穴を開けます。

Step19

BEFORE

小さいビスをその穴につけます。
先に穴を開けることによってフレームの角の割れを防ぐことができます。

 

Step20

BEFORE

トレイに持ち手を取り付けます。

 

Step21

BEFORE

次に木板をカットするために、ブリキフレームを使ってサイズを測り、線を引きます。
【天板・底板(同サイズ/ブリキフレーム長辺サイズ+木板の厚み×2)】

Step22

BEFORE

【側面板×2(ブリキフレーム短辺サイズ)】
【仕切り (ブリキフレーム同サイズ)】

 

Step23

BEFORE

カットできたら、組み立てた際に木が触れ合うラインに予めアタリを描き、画鋲で穴を開けておきます。
この時、カットで出た端材を利用し、触れ合う木の厚み内にアタリを描ける様に確認しながら作業すると失敗が少ないですよ。

 

Step24

BEFORE

画鋲の穴に小鋲を設置します。
そして木の接着面にボンドを塗ります。

Step25

BEFORE

この様な向きで小鋲を押し込むと、比較的簡単に綺麗な90度で板を固定し小鋲を打ち込めます。
これは、使用している木材が桐材で、比較的柔らかい木材だから出来る方法です。
トンカチ要らずなので、音も出なくて子どもが寝静まった後の作業の我が家では助かっています。壁に画鋲を刺すぐらいの力感覚です。

 

Step26

BEFORE

その様な要領で、□型に組み立てることが出来ました。
因みに側面の板は、ほぼ四角なので、カット面を接着面にすると仕上がりが綺麗ですよ。

 

Step27

BEFORE

木製トレイ2つにブリキフレーム2つ、更に仕切り板を中に入れ、仕切り部分の高さや位置をを調節します。

Step28

BEFORE

私の場合は、下から9.5cmの位置に仕切り板の底面が来る位置にしました。

 

Step29

BEFORE

板を組み立てた要領で、アタリを付け画鋲を刺して穴を開けておきます。
板の厚みは0.9mmなので、アタリは底面から10cmの高さが丁度いいです。
その後、ボンドを塗った板をはめ込み、穴に小鋲をセットし押し込み、板を固定します。

 

Step30

BEFORE

こんな感じになります。ちなみに、まだ不器用な子どもが使うので、出し入れしやすい様に少し高さに余裕を持たせた作りになっています。

Step31

BEFORE

ボンドが乾いたら、使った際に怪我しない様に角などを粗目のヤスリで簡単にヤスリ掛けしておきます。
拘る方はだんだんと目の細かいヤスリにし、滑らかに仕上げてください。

 

Step32

BEFORE

次に塗装です。下地に茶色を塗ったところです。
中は基本的に見えないので、大雑把で大丈夫です。

 

Step33

BEFORE

茶色の塗料が乾いたところで次はダークグレーの塗料を塗ります。
この時、ベタ塗りせずに、筆を垂直に立てて掠れる部分をいくつか残しながら一定方向を往復する形で塗っていきます。
中も同じ色で塗ります。中は同じ様な塗装を意識しつつも、ちょっと塗るのが大変&見えない部分なのでここも多少大雑把で大丈夫です。

Step34

BEFORE

次は使い古したごわごわの刷毛の先に黒色の塗料を少量つけます。

 

Step35

BEFORE

経年劣化で汚れそうな箇所などに掠れた様に色を載せていきます。
この時、基本的には先ほどのダークグレーと同じ方向に塗ってください。

 

Step36

BEFORE

さて、薄々お気づきでしょうが、このままでは取っ手を付けた引き出しが
ケースの奥に飛び出してしまいます。なので次に背面を合板で作ります。
先ほどペイントした箱を合板に当ててサイズを線で描きだします。
描き出した後はカッターで何度も線をなぞりカット。その後は怪我をしない様にヤスリ掛けをします。

Step37

BEFORE

ここで登場がこちら。
パソコンであらかじめ【左右反転】にしておいたデザインを自宅でプリントアウト。
さらにこれをコンビニで白黒印刷します。

※この時、フリーの素材の木のシルエットをお借りして作りました。
ネット上の素材を使う際はサイト上の規約をしっかり確認したうえで自己責任で利用をお願いします。(中には商用利用不可なもの、HPのデザイン限定など配布先でルールが異なる為です)

 

Step38

BEFORE

次にコンビニでプリントアウトした方を使いやすくカット。
プリント面が合板にふれる形で上にのせ、マスキングテープなどで固定します。

 

Step39

BEFORE

ここで登場が除光液です。あとは丸みを帯びた棒などです。(今回は使い古しの歯ブラシの持ち手を利用)
ここで、固定した紙の上から除光液をしっかりかけます。

Step40

BEFORE

除光液が乾ききる前に、プリントした箇所をしっかりこすります。

 

Step41

BEFORE

除光液が乾いたら紙を剥がします。
薄ら転写されました。そうです。セルフで好きなものを転写できる方法です。
ただ、今回は 板・除光液・トナー用紙 の相性が悪くこんな仕上がり・・・。

相性がいい素材同士(例えば、滑らかな表面の木材・余分な成分が入っていない除光液・大きなデザインなど)だともっと分かりやすく転写できた可能性が高いと思います。

ということで、今回は更に上から油性ペンで描き描き・・・

 

Step42

BEFORE

はっきりと描けたところで、表面を少しだけやすりがけ。
これで、油性ペンのインクが染み込み過ぎた個所などの粗が誤魔化せるうえに、古ぼけた感じを出せます。

Step43

BEFORE

これを、箱で使った塗料と同じもの同じ順でペイント。
転写があるので、茶色の塗料は、ステインなど木目がわかるものを使うといいです。
私の場合はイマジン、アンティークリキッドを使用しました。
無い場合も水で薄めたペンキでも代用可です。
裏面にも塗装を忘れずにしてください。接着後は塗装が難しいです。

 

Step44

BEFORE

ペイントが乾いたところで、箱に接着します。
の前に、今までの工程同様に画鋲であらかじめ穴のガイドを作り、小鋲をセット、箱にボンドを塗って貼り付け、小鋲を刺し込んでください。
これで、箱は完成です。

 

Step45

BEFORE

次に、大きい方の木製トレイにジオラマを作っていない方のブリキフレームを取り付けます。
蝶番を、フレーム・引き出し共にマグネットのない長辺の方へ取り付けます。
この際、蝶番を取り付けたい所に当て、ペンでネジ穴にアタリをつけます。
そして画鋲で穴を開けてネジのガイドを作ってあげると力要らずで取り付けれます。

Step46

no image

【中級編の工程です。お好みで作業してください。】

 

Step47

BEFORE

更にジオラマを作って行きます。
主に使用するのは、シーナリープラスター・UVレジン・写真にはありませんがグリーンモスです。

 

Step48

BEFORE

シーナリープラスターをボンドと茶色の塗料と水で練り混ぜます。

※先に記載しますが、片付けの際ブラスターは流しに流さないでください。硬化して詰まりの原因になります。なので、少量ずつ用意するのがお勧めです。道具も使い捨て前提で要らないもの(割りばしやプラスチックスプーンなどといったもの)を利用してください。

Step49

BEFORE

小さい方の木製トレイの中に塗っていきます。

 

Step50

BEFORE

乾ききる前にベージュのペンキを中の側面ごと塗っていき、
仕上げに使い古しの歯ブラシでトントンと地面の凸凹を作ります。
凸凹を作った際に、色むらが出来、不自然さが一気に減ります。

 

Step51

BEFORE

そして、ボンド水と混ぜたグリーンモスを所々に配置、
更に息子が石ブームの時に散歩の度に拾ってきていた小石をボンドで配置しました。
そこで、いったん乾かします。乾くのに2~3日かかります。
乾いた後にレジンを使用します。

Step52

BEFORE

最初から色がついているUVレジンなので、ただ、所々に流し込むだけで水溜りが簡単にできます。
これを太陽光に当て硬化させていきます。
念入りに一日、外で太陽光に当てます。

※硬化が足りないと表面がべとつきます。

 

Step53

BEFORE

そしてこちらは、お好みの工程です。
こちらは以前、錆ペイントしていて飾っておいたブリキフレーム。
此方を粘度のある接着剤で蝶番のつけたブリキフレームの裏(段ボール面)に接着します。
予め、段ボール面にペイントしておきましょう。

 

Step54

BEFORE

ということで、貼り付けれました。
横幅はほぼピッタシです。凸凹した素材ですので、サラッとした接着剤よりも粘度のある接着剤の方が好ましいです。

Step55

BEFORE

仕上げに、ブリキ面に市販の転写シールを貼ります。

 

Step56

BEFORE

シンプルに仕上げました。
3歳の息子でもわかりやすい様に、大きな数字で番号をふりました。

 

Step57

BEFORE

ここで、半光沢または光沢スプレーを転写シールの上から塗装します。
これで、剥がれにくくなるうえに、転写シールならではの半透明の枠が目立たなくなり仕上がりがぐんと上がります。

Step58

BEFORE

No.1のジオラマ引き出しです。
蓋と引き出し内で2つのシーンが出来ました!
取り外しできるので広く遊べます。
磁石がついているので蓋もずれずにしっかり閉まります。

 

Step59

BEFORE

ジオラマ部分も大人でも楽しめそうな作りです。

 

Step60

BEFORE

No2は恐竜を収納する引き出しです。
ブリキ部分は実はマグネットがつけられるという仕様となります。
ここはマグネットもつけれるホワイトボードシートを貼ってもいいですね。

Step61

BEFORE

今回の息子の玩具箱にお道具箱一緒に並べた姿です。
このデザインなら小学生になっても使えるかな?長い目で使うことを意識して作ってみました。

 

Step62

BEFORE

裏側です。
引きで見ても転写デザインがしっかり見えて個人的には満足な仕上がりです(*^-^*)

この作品にまつわるストーリー

今回は息子の物を同時進行で作っていきました。
というのも、ミシンの調子が悪くてDIYするかーと思い立ったのがキッカケです(笑)
計画性も何もないスタートでしたが、形にはなってくれてよかったです|д゚)

家から徒歩5分の位置に100円ショップセリアがあるので、私のDIYにはよく材料として登場することが多いです。

今回の作品を作って、とりあえず恐竜が行方不明になることはなくなりました。
よく息子が「トリケラトプスが無いいいい」と泣きべそをかいて、親子で探すことが多かったのでそれが無くなっただけで私自身も満足です(笑)
実際、息子も毎日の様に遊び、片付けも出来る様になりました。

そして、転写の中の英字には「この世界は、我々の想像力を描くためのキャンバスにすぎない。」と偉人の名言を。こっそりと、思いを込めてみました('ω')

工程の説明が多く億劫になるかもしれませんが、作業自体は単純なものが多いです。
(私の説明が下手なので、少しでもわかりやすくなればと、ちょっと長い文になる傾向があります(-_-;))

普段からDIYされる方の場合はセリアの商品に拘らずとも、好きなサイズで制作することもできるかと思います。参考になさってください('ω')

作って使っているからこそ思ったのですが、男の子のお子さんが居る方にこそ是非作っていただきたい作品です(*^-^*)

この作品をみた人閲覧数 5,996 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 まりりんさん
Title 超簡単ウッドデッキ...
内容 基本さえ知っていれば超簡単!「基礎」作りを省いたので女二人で半日で完成しました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ホーム・オーガナイザー/にしおかゆきえさん
Title 猫のコタツを簡単に作り...
内容 もともとあるテーブールを使ってお金もほとんどかからず簡単に作りました

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komomoさん
Title 白い本棚を壁紙で簡単リ...
内容 安っぽい真っ白な本棚がキライで・・・

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 みりさん
Title 超簡単♪お庭にもお部屋...
内容 お庭に背景がほしかったので板壁を作りました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 makiさん
Title *タンスを簡単リメイク...
内容 リサイクルショップで買ってきたタンスを、子供向きに可愛くリメイクしてみました~♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 neige+yyyさん
Title 流木で☆窓枠に置ける簡...
内容 冬の寒さに当てないように、多肉植物を屋内に…。 冬場は日照時間の少ない当地方でも、お日様出た時はお日様に当ててあげたい。 一番日当たりのいい二階の南側の窓枠に置ける寸法で、簡単な棚を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kyota*さん
Title 小引出しを簡単リメイク...
内容 フリマで格安で手に入れた引出しをプチリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title 元パソコンデスクのハン...
内容 元は、パソコンデスクとして購入したデスク。。。使われていなかったので、以前ハンガーラックにリメイクしていましたが・・・ 、もっとお気に入りになるように今回新たに手を加えてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chikoさん
Title 簡単ハンドメイド...
内容 おもに100均グッズを使って、ネックレスやキーホルダーをアレンジしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 武朋さん
Title 簡単1分和風モダン襖へ...
内容 古い家ですので昔からの和の襖です 張り替えようとして襖を外すと裏地は花柄の和モダンな がらでしたので表裏を外して入れ替えました

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop