あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



neige+yyy さん

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
ここにピッタリ合う棚が欲しい!でも探してもいいのが見つからない。探してないなら作ればいいじゃない?がキッカケ。
スッキリ収まった自分の思う棚ができて「ピッタリ!♪」にすっかりハマり、本格的に「自分の趣味」と言えるものになりました。
ハッキリ、いつごろからというのは覚えていませんが、小学生のころから、裁縫してリカちゃん人形の服を作ったりしてましたので、作るのはず~っと、好きなんだな( *´艸`)

いつかやってみたいDIY・手づくり
キッチン・トイレ・洗面所のリメイク!
玄関も下駄箱を増設したいし、部屋中、漆喰を塗りたい!!
庭もDIYで、自分の手でゆっくり作り上げていきたいです。

ひとこと
2013年、遅ればせながら雑誌「comehome!」に出会い、必死に集めて読み込み、ナチュラルなインテリアに憧れるように。
同じ主婦であるみなさんが、DIYで家の中をお気に入りのものでいっぱいにしてらっしゃるのを見て「こういうのいいなぁ…」と憧れるように。
その雑誌に出会うよりも前にDIYはしていましたが、家の中を自分でリフォームしていきたい、自分でもできるかもしれない、という気持ちにさせてくれた雑誌との出会いにより、DIY熱が上がりました。

これはこういう風に作る、ってのっている本も最近では増えてきましたが、枠にとらわれず、自分なりに考えて作ったものが、同じDIY好きさんの役にたてれば、共有できればと思い、こちらで公開しようと思いました。
オリジナルすぎて、部分的にしかお役に立てないかもしれませんが、時間をかけて考えて作ったものがほとんどです。

あなたのヒラメキのヒントになれば…と思います(*´ω`*)

古い郵便ポストをリメイク
この作品をみた人閲覧数 4,693

BEFORE

BEFORE

AFTER

BEFORE

古い郵便ポストのさびが浮いてきたので、端材を切って、塗って、貼って、リメイクしました。
薄い合板を使い、マスキングテープをポストに貼ってから両面テープでの貼り付けですのでまた気軽にリメイクできます。
作者: neige+yyyさん
カテゴリー:その他いろいろ

主な材料

  • 合板 3ミリ厚 (薄い方が扱いやすいです)
  • 桐の板 (贈答品の桐の箱のフタなどあれば)

主な道具

  • ノコギリ
  • マスキングテープ
  • 両面テープ(外用の強力なもの)
  • 好みの塗料・刷毛
  • ヤスリ

Step1

BEFORE

元々は赤いスチール製のポスト。亡くなって空き家となった義曾祖父の家から外し、現在の家の前の住まいからずっと使ってきました。
プラ製の窓は劣化で割れていて、現在の住まいに移った際に窓を外し、タイルを貼った板を背後から取り付け、ポストも赤からオレンジに塗り替え10年使用してきました。

 

Step2

BEFORE

元々あった錆が浮いてきて気になっていましたが、なかなか手をつけられず放置していました。
買い替えるか迷いましたがそれなりに愛着もあり、リメイクして使うことにしました。

 

Step3

BEFORE

今回は家にあった端材で作りましたが、ホームセンターで3~4ミリ厚ぐらいの合板のハーフカットぐらいので十分足りると思います。
表面がツルツルした感じの合板が扱いやすいと思います。
今回は、サイズをはかって印をつけていくことをせず、現物に板を直接合わせて採寸していきました。
合板が大きいときはもちろんメジャーなどではかって板に印を付けた方がいいです。

Step4

BEFORE

Step3の画像のように、屋根のところは斜めですので、側面の板の上部は斜めにカットします。
今回使った端材では若干寸法が足りなかったので、他の手を加えることにし、足りないままにしました。

 

Step5

BEFORE

横も縦も、ポストに板を合わせては印をつけ、線を引き、カットしていきました。
ポストのつまみ部分を切り欠くため、板をあてがい印つけをしているところです。

 

Step6

BEFORE

フタ部分、下枠部分ともにつまみのところに当たる部分を切り欠きました。
カッターナイフ、ノコギリ、ヤスリなどを使い切り欠きました。

Step7

BEFORE

各部分、細いパーツも作らなくてはいけないので、端材を無駄なく使おうと思ったら結構危ない作業…。
細かな作業になるので、ダボ切りのノコギリがあれば便利です。
カッターナイフの方が便利なこともあります。

 

Step8

BEFORE

ポストの屋根には贈答品の桐の箱のフタを使いました。
我が家にはたまたまいいサイズn桐の板があっただけなので参考にはなりにくいですが、百均で売っている6、7ミリ厚の桐の板がちょうどよいと思います。
屋根は側面などに貼る板と厚みが違う方が見た感じバランスがいいと思うので、扱いやすく百均で入手しやすい桐材が適していると思います。
反りのないものをお選びください。

 

Step9

BEFORE

いいサイズが家に眠っていた!と思いきや、左右には寸法がちょうどすぎで足りない。
前後にはせりだし過ぎ。
ですのでまずは前後の長さを決め、カットします。
元々のポストの屋根より、ヒサシを1センチ長くしました。

Step10

BEFORE

左右にもヒサシが欲しかったので、ポストの屋根と同じぐらいの横幅のこの端材ではちょっと足りない。
横に継ぎ足せばよいのですが、わずか2センチの板を一番端に継ぎ足すのでは接着面が少ないかと思い、桐の板の端を5センチぐらい一旦切り、大きい板と5センチの板の間にプラスしたい分を切って挟むことにしました。
例えば、2センチの板を端に貼るとしたら接着面が1センチぐらいになるとします。
この場合だと2センチの板を間に挟むので、端の板が5センチの板になり、接着面が4センチになる、というわけです。

この工程は買ってきたきりの板がある場合は必要ない工程ですね。

 

Step11

BEFORE

この工程もお好みで。
でもやった方がかわいくなると思います。

板を継ぎ足したので、ごまかしの意味も兼ねて、キリの板に溝をきります。
左、ノコギリで筋をつけた後にやすりのエッジを利用して三角の溝をつけたもの。
右、彫刻刀で片側ずつ斜めにカットしたもの。
ヤスリのエッジ(角)で細工した方が真っ直ぐキレイに仕上がり、効率もよかったです。

 

Step12

BEFORE

彫刻刀では真っ直ぐにするのは難しいですが、これも味があっていいかもしれません。

Step13

BEFORE

カッターナイフでも、ノコギリでもいいのですが、真っ直ぐ筋をつけておいてヤスリの角を利用してゴシゴシこすった方が真っ直ぐできれいでした。

 

Step14

BEFORE

間に不足分の板を挟んで、屋根はこんな感じに仕上がりました。

 

Step15

BEFORE

Step4の、側面の板の長さが足りなくて側面上部がちらっと見えてしまう(端材を使いたいからそうなっただけです)とこをろ隠すため、ポストの屋根部分の側面に破風板(?)をつけます。
ポストの屋根の側面もこれで隠れます。

Step16

BEFORE

各パーツ、切り終りました。

この画像にはありませんが、後から屋根のヒサシの下に5ミリの角棒を付けることにしました。
元のポストを隠すべく、作っていったので、隠れてないところがないかチェックしながら作っていきました。

両面に木部保護塗料を塗り、乾いてから表面のみつや消しホワイトを塗り重ねました。
ここはお好みで。

 

Step17

BEFORE

ポスト本体をしっかり拭いて汚れを取り乾かしてから、両面テープを貼るところへマスキングテープを先に貼ります。

今回は後々板を張り替えたくなった時のために、両面テープがはがしやすいようにマスキングテープを先に貼りました。

 

Step18

BEFORE

マスキングテープの上に両面テープを貼って、板を貼り合わせていきます。
外用の強力なものがいいと思います。百均でもあります。クッション性のあるものはその分厚みが増すので、表のフタの両サイドの縦パーツの幅を板の厚みプラス両面テープの厚み分増やした方が仕上がりキレイです。
(私は今回失敗して側面の板が表から見えてしまってますが…)

Step19

BEFORE

貼り終りました。

蓋の部分には凹凸があったので、1ミリ厚のちょっとクッション性のある両面テープを使いました。
ちょうどつまみの上のところに膨らみがあるので、それの両サイドは分厚い両面テープを使ってます。
上のフラップ部分も同じ厚みの両面テープを使っています。

 

Step20

BEFORE

スタンプを押したり、文字を入れてみたり、ステッカー貼ってみたり…アレンジ自在です。

失敗したな~、と思う点は板の厚みを計算に入れきっておらず、側面の板が表から見えてることと、フタとフラップが干渉して、フタを開ききると引っかかって閉じない点です。
フラップを片手で押し込みながらフタをしなくてはいけない状態だったので、干渉してる部分をそれぞれ斜めに削り落としました。

生まれ変わった古いポスト。
またこの先もエイジングしたり、塗り替えたり気軽にできるようになったと思います。まだまだ我が家で使っていきたいと思います。

この作品にまつわるストーリー

古い郵便ポストを義曾祖父の家から移して、前に住んでいた借家から12年間使い続けてきました。
借家から引き揚げて新築の家に取り付けることになった際、サビを落とし赤からオレンジに塗り替え、劣化したプラスチックの窓はタイルを貼った板を後ろから貼り付けて使っていました。
このところ、サビが目立ってきたので買い替えか塗り替えか検討しておりました。
使い続けていたので愛着もあり、捨てるのは惜しく、リメイクすることにしました。
ただ塗り替えるのも一つの手だったのですが、今回は今自分の好みのナチュラルな感じを出したくて、板を貼ることにしました。
欲張りで、また張り替えたい日がくるかもしれない、とマスキングテープと両面テープを使い張り替えが出来るようにしました。
10年間、オレンジがクリーム色の壁によく映えていて、子供たちも郵便が来ていないか玄関通る度に開けて見てくれてたポスト。
今回のリメイクを子供たちは大変喜んでくれ、またパカパカ、郵便チェックをしてくれています。
子供たちには「お母さんが作ったポスト」という位置づけになり、ちょっと嬉しい。
リメイクした私自身も玄関通る度に郵便見るたびに今までより楽しくなりました。
確かに新しいポストも欲しいと思ってはいましたが、こうやってまた古いポストを使い続けるというのもいいものだな、と思いました。

この作品をみた人閲覧数 4,693 0 0
閲覧者からのコメント2件
1 お名前:とも 2016-01-06 07:23:50
見違えるように綺麗になりましたね!
木の温かみを感じます!
今現状ポストがないのでぜひ参考にしたいと思います!
ありがとうございました♪
2 お名前:neige+yyy 2016-02-08 07:47:44
ともさん♪
コメントありがとうございます。
これでまた使い続けることができますし、木を貼ったので再塗装もしやすくなりました。
参考になれば嬉しいです。

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 小福さん
Title 郵便ポスト...
内容 たけパパ(主人)が郵便ポストを作ってくれたので、お店の外につけてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 natural cloverさん
Title ポストカード立てをDI...
内容 ポストカードを立てれるように 溝付きの物を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 アチさん
Title ポストをリメイク☆...
内容 屋外にあった、手作りのポストをリメイク☆

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 みりさん
Title 郵便ポストDIY...
内容 郵便ポストをDIYしました(=´∀`) 大きめの小包も入るように大きめにしました。 材料費も安く簡単にできるのでオススメです♪ 文字を書いたりおうち風のデザインにしたのでガーデニングにも馴染みます。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 シゲウッドソンさん
Title ポストのリメイク...
内容 ポストのイメージチェンジを

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 らんぼーさん
Title ポスト...
内容 引っ越してきたときのままで3年、ポストを作り直しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 アチさん
Title § ポスト兼用の板壁を...
内容 SPFの端材を使って、玄関扉の横にポスト兼用の板壁を作りました~♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 makiさん
Title *試験管立て&ポスト*...
内容 試験管立てもどきを作ってみました♪ それと、リモコンを収納するポスト風収納箱も♫

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 alicecarrollさん
Title 玄関ドアのポスト...
内容 殺風景な玄関ドアを100均シートでリフォームしたので 併せてポストを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 neige+yyyさん
Title 古い椅子をリペア(仮)...
内容 手に入れたアンティークミシンについてきた古い椅子。 座面が破れていたので、修理しました。 リメイク、ともいえるのかな。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop