あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

気軽で簡単♪ 「紙モノ」アンティークなエイジング加工のコツ
この作品をみた人閲覧数 8,175

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

シャビーシックにはアンティーク感は必要不可欠。
小さな雑貨こそインテリアを引き立たせる縁の下の力持ちです!
今回は、家にあるもので気軽に出来る紙モノのエイジング加工の方法をまとめてみました!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • メインとなる紙もの
  • (ポストカード・手紙・ポスター等)
  • 巨峰の皮(絵の具の色水でも可能)
  • 粉末インスタントコーヒー
  • 線香(緑色)
  • 蝋燭

主な道具

  • 紙やすり
  • マスキングテープ(飾りつけ用・壁紙用低粘着タイプ)
  • 強力両面テープ
  • ペンチなど挟むもの
  • ふで
  • 使い古しの歯ブラシ
  • キッチンペーパーまたはティッシュペーパー
  • アイロン

Step1

BEFORE

[seria]で素敵なアンティーク調の押し花ポストカードを一目ぼれして購入しました!
こちらを更に古びた雰囲気を出したくて加工してみようと思います。

 

Step2

BEFORE

まずはじめに、ポストカード全体を紙やすりでヤスリ掛けしていきます。
ここでのポイントは「ムラを意識」「一定方向」「紙の端も忘れずにやする」です。
これだけでも痛みが出て雰囲気が出てきますね。

 

Step3

no image

ちなみにヤスリは粗目でも細目でもどちらでも構いません。
私は粗目の紙やすりを常にストックしているのでそちらを使いました。
大胆にいくなら「粗目」微調整しながら慎重にいきたいなら「細目」でしょうか。

Step4

BEFORE

ヤスリ掛けでもこんな方法があります。
棒状の固いもの(5mm以下がお勧め・今回は筆を使いました)を紙の下に置き、その上からヤスリ掛けをします。

 

Step5

BEFORE

すると、写真の様に棒に沿ったラインが強めにヤスリ掛けされます。

 

Step6

BEFORE

この方法をランダムにいろんな方向で行うと、まるでロウ引きした紙の折りジワの様な模様が生まれます。
ソフトな加工をお好み&ロウ引きは敷居が高いという方にお勧めの加工方法です♪

Step7

no image

※注意してほしいのは、加工しようとしている紙モノの背景に色があることが前提なことです。
やすりがけすると、そこの部分は削れて減色し白がかってくるので、元の背景が白色だとロウ引き加工の表現は難しくなってきますのでお気を付けください。

 

Step8

BEFORE

次に着色をしていきます。
少し不気味な写真ですが、こちらは巨峰の皮を煮出したものです。
(丁度、レースを染めた後でしたので都合よく、今回使用しました。余談ですが巨峰の皮は麦茶パックに入れてあると、お片付けがらくですよ♪)

紙に着色するなら絵の具などでの色水でも可能だと思います。
この液に、ポストカードを5分~10分浸します。

 

Step9

BEFORE

写真の上3つが今回 色水に浸したものです。
元々、左側3つが緑色の背景。右側3つがオレンジ色のポストカードでした。
次の工程に進む為にも着色した紙はしっかり乾かしてくださいね。

Step10

BEFORE

次にインスタントコーヒーで染みを作っていきます。
はじめに濃い位のコーヒーを作ります。

 

Step11

BEFORE

筆または歯ブラシで適当に染みを描きます。
筆なら立ててトントンと強弱つけて叩いてみたり、歯ブラシなら毛先をしごいて液を飛ばしてみたりと、お好みで描いてみてください。
ここでの染みは後で馴染めせる為に薄まるので不自然なもので大丈夫です。

 

Step12

BEFORE

次に、染みを作ったコーヒー液が乾ききる前に紙自体を流水ですすぎます。
多少色が薄まった&紙が濡れました。因みに濡れているのがこの後の工程で大事なので、まだ乾かさないでください。

Step13

BEFORE

濡れている紙に上からコーヒー液を全体的に塗ります。
塗って、30秒位でティッシュペーパーまたはキッチンペーパーで「ポンポン」とコーヒー液をふき取ります。
ポンポンと拭くことによって、紙を必要以上に痛ませることがない&色の出のムラを調節することができます。

 

Step14

BEFORE

此方がふき取った後のポストカードです。

今回の染み作りでの濡れた状態での作業の利点は、
・濡れたことにより、紙自体にダイレクトに色が入りにくいので、元のカードの色を損なわずにすむ。
・薄く色が付く分に、くすんだ印象を持たせることができる。
・変に調節をしなくても、先に作った染みと上手く馴染む。
この3点です。

 

Step15

BEFORE

染み作りが出来たらしっかり乾燥させます。
お天気が良かったので外に干しました。風の強い日などは飛ばされないように気を付けてくださいね。

Step16

BEFORE

乾いたところで、更に小さな痛みを持たせるために紙を「ぐしゃ」っとします。
ここもお好みでしてもしなくても大丈夫です。完成後にはそんなに目立つ痛みにはならないので、本当に気持ち程度の工程です。

 

Step17

BEFORE

飾る分には見えない個所ですが、裏側にも染みを作ります。
ここは簡単に、薄めのコーヒー液を塗って、拭き取らずにそのまま乾かします。
先ほど「ぐしゃ」っとした折りジワで凹凸がある分コーヒー液の載りかたにムラができるので乾いた後にも自然なムラの染みが出来ます。

 

Step18

BEFORE

乾いたところです。適度に古い印象が生まれました。
見えない個所でもあるので裏面の加工はこの程度にしておきます。
拘る方は表の面に施した染み等を更に乗せてもいいですね!

Step19

BEFORE

次に線香を用意します。此方で紙の端を傷めます!
火を使う作業ですので台所での作業がお勧めです。
煙が出ますので、換気扇はしっかりつけて作業をします。
それと予め、薄めのコーヒー液は用意しておいてください。

 

Step20

BEFORE

線香に火をつけたら、紙の端を炙っていきます。
紙の材質によっては燃え方の広がる具合の速さが違うので気を付けて作業をしてください。

紙に火種が出来てしまったら、大きくならないうちに線香の燃えていない個所を押し当てると空気に触れる面が無くなるのですぐに鎮火します。
慣れるとこれを利用して端の痛みの強弱をつけていけますよ。

ちなみに、線香の灰は「集めて取っておいてください」
アルミホイルの上など安全ですよ。

 

Step21

BEFORE

1枚、箸の処理が出来ました。一見するともう燃えることはないと思いますが、
一応念のためということで端をコーヒー液で濡らしていきます。

Step22

BEFORE

濡らすだけでは水でもいいのでは?と思うかもしれませんが、水ではせっかくの下地の色が薄くにじんでしまいます。

色の濃さで言うと【 端の焦げ → コーヒー液 → 下地の紙のくすみ 】といった順になるので、ちょうど中間色となり色馴染みもよく、発火の恐れも防げて一石二鳥です。

写真が丁度馴染ませた箇所です。
余りお好みでない方は、コーヒー液を端に塗った後にすぐ拭えばさほど色が付きません。拭うといってもやはり水よりは適していると思います。

 

Step23

BEFORE

ちなみにこのポストカードのカビ的なもの。実は意外なものでそれっぽく作っています。
それは先ほど取っておいた「線香の灰」です。

濡らした指に灰を取って紙に塗りこみます。
すると、塗りこんだ個所に色がつかないものだなと思っていた矢先、数十秒ほどでじわじわ~とくすんだ緑の色が浮かび上がってきます。ふわ~っと色づく様は見ていて面白いものがありまよ。

乾かないうちに次は薄めのコーヒー液を指につけてさらに上から塗りこむと右下の様な感じにカビの強弱が生まれます。

 

Step24

no image

ちなみに、今回の様なカビ加工の場合、お線香は「緑色」の物を使用してください。
我が家にある線香が緑色の物だったので、この線香でしか試していないぶん、灰の色の出方が線香の色に準じたものかはまだ未確認なところがあるからです。
(いろいろな色の線香などありますよね、紫や赤や青など…機会があれば試してみたいです)

Step25

BEFORE

全ての工程を終えたら、しっかり乾かしてアンティーク風エイジング加工の完成です!!

 

Step26

BEFORE

今回は6枚同時進行してみました。
加工もそれぞれ工程で差をつけていると、同じことをしていても仕上がりが全く違ってくるのが面白いですよね(*'ω'*)

 

Step27

BEFORE

因みにこちらは同じ加工をしたポスターです。
ポストカードと比べ、さらにボロボロにしてみました。
このままでは耐久性に難ありなので、蝋燭でロウ引きをします。

Step28

BEFORE

まず蝋燭を砕くのですが、賃貸住宅の我が家では金づちで叩くなどの音はよろしくありません。
そこで、ペーパーなどで蝋燭を包み、その上からペンチなど挟む工具で蝋燭を挟み砕いていきました。

 

Step29

BEFORE

クッキングシート → ポスター → 砕いた蝋燭 → クッキングシート という順でポスターと蝋燭をシートで挟みます。
この時、一番下に汚れ防止として厚紙や段ボールなど敷いておくといいですよ!

 

Step30

BEFORE

挟めたら上からアイロンをかけていきます。
クッキングシートごしに蝋が溶けて紙に染み込んでいくさまがよくわかります。

ここで、蝋が多すぎるとクッキングシートから溶け出した蝋がこぼれて出てきてしまうので要注意です。
そういった保険の為にも、一気にやらず少しずつ作業を行う&下に汚れ防止の厚紙などを敷くといった準備が大切ですね。

Step31

BEFORE

半分ロウ引きした様です。
ロウ引きした部分は油が染みたような、そんな色合いになるのが特徴的ですね。
余熱があるうちに加工を施した部分をティッシュやクッキングシートなどで拭くと余分だった分の蝋が綺麗にとれますよ!

 

Step32

BEFORE

ここでのポイントは、ロウ引き後にインスタントコーヒーの「粉末」を部分的に少し振りかけることです。
そのあと、改めてアイロンを当てると・・・

 

Step33

BEFORE

写真の様に染みが出来ました。
粉末が蝋に溶け出すのですが、粉末状の時と比べ染み部分に広がりができるので、ここも少量ずつがコツです。
(アイロンをかけながらコーヒーのいい香りが漂います(笑))

Step34

BEFORE

そしてこちらが蠟引きが出来たポスターです。
ハードなエイジングをしたので、ハロウィンの様な雰囲気がしっかり出たと思います(*^-^*)

 

Step35

BEFORE

こちらはもっと以前にエイジングしていたロウ引き押し花ポスターです。
先ほどのポスターと比べるとソフトなエイジングに留めておいています。
同じ作業でも、こんなに印象が変わります!

 

Step36

BEFORE

そして、こちらは今回メインの加工をしていたポストカードのビフォアの飾りっぷりです。少し物足りなさがあります。

Step37

BEFORE

此方が完成後のポストカードの飾りっぷりです。
敢えて比較しやすい様に同じものを同じように並べてみました。
フレームを足したこともありますが、カード自体の印象はがらりと変わりました!
…マスキングテープが真っ白なのだけちょっと残念(^-^;

 

Step38

BEFORE

因みにマスキングテープだけではカードが剥がれ落ちやすいかもしれないので、保険としてこちらも使用します。
(家具の後ろに落ちたら取るのが大変ですからね('Д';))

・黄色のマスキングテープ(壁紙用マスキングテープ(弱粘着))
・白のマスキングテープ(表面に出る飾りのテープ/お好みで)
・強力両面テープ

 

Step39

BEFORE

ポストカードの裏に弱粘着のマスキングテープを貼り、その上から強力両面テープを貼ります。
これで、ポストカード自体に両面テープを貼らないのでカード自体は剥がすときなど痛みにくいです。

(せっかく作ったので大切に扱いたいですよね('ω'))

Step40

BEFORE

ただ、壁紙自体に両面テープを貼ると、剥がすときに壁紙を痛めてしまいますよね。
そうならないように、壁紙の方にも弱粘着マスキングテープを貼ります。
もともと、壁紙の上から壁紙を貼る用途に使うテープなので安心して使えます。

そしてこのマスキングテープの上に、先ほどのポストカードの両面テープ部分を貼れば、壁もカードも傷めずに飾ることができます♪

 

Step41

BEFORE

まだ発展途上の壁ですが、とりあえず今回作ったポストカードを全部貼ってみました!
リビングダイニングの壁面ですが、前より少しにぎやかになったかな?好きな空間に少しづつ近づいてきました(*'ω'*)♪

写真を撮った後も、また少しいじりました(笑)まだまだ発展途上です('ω')

この作品にまつわるストーリー

エイジング加工といっても、人によって様々な方法がありますよね。
やはり定番は「やすりがけ」「コーヒー染め」ですが、同じ材料道具でもやり方次第で一気にそれらしい雰囲気が出ます。
今回紹介した方法で、個々の好みのエイジング方法を見つけていただけたら幸いです(*'ω'*)

余談ではありますが、線香の灰でカビ加工は聞いたことない方が多いんじゃないでしょうか?
かくいう私も偶然の産物という感じで生み出しました(笑)
ネットで検索しても引っかからない…これは私発案から人々に伝わっていくのでは!!?と少しドキドキしている次第です(; ・`д・´)需要があるといいんですが…(笑)

材料も家庭的?なものを中心に使っているぶん、よくわからないものはないと思うので、初心者さんにも気軽にできるとおもいます♪
メインとなる紙モノも100円SHOPセリア購入の物ばかりです(笑)

ぜひ興味を持たれた際は作っていただければと思います(*^-^*)

この作品をみた人閲覧数 8,175 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 Brunjuさん
Title 銀ピカ掛け時計をアンテ...
内容 銀ピカでナチュラルなお部屋に合わない掛け時計を、シャビー感のあるアンティーク風時計に変身させました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 AQUAさん
Title 安っぽいライティングデ...
内容 15,6年前に購入したものの、安っぽい感じが他のアンティークの家具から浮いてしまい、ほぼ粗大ごみ行きだったライティングデスクをアンティーク風にリメイク。晴れてリビングデビューとなりました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 店長さん
Title ビーズクッションをアン...
内容 カジュアルなビーズクッションの、カバーを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あーこさん
Title アンティーク風テーブル...
内容 階段の手すりを利用してアンティーク風テーブルを作りました。それと、ダイニングテーブルをリメイクして大きなテーブルを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 みりさん
Title 和室のふすまをアンティ...
内容 和室のふすまに木材をつけてアンティーク風のドアにリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 *Petit*choco*さん
Title アンティーク風サビサビ...
内容 『錆び反応させる塗料』を使って、いろんな雑貨をアンティーク風にペイントリメイクしてみました~(≧ω≦)b

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 シゲウッドソンさん
Title 和室の天井をアンティー...
内容 木目調のプリント合板でできている和室天井を塗装だけでアンティーク風にしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 アメイロ店主さん
Title 欅の本箱 アンティーク...
内容 先月仕入れてきた本箱。 シンプルなデザインで欅(けやき)の木目が綺麗な(はず?)の一品を再生しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 Rie*さん
Title リビングのドアをアンテ...
内容 もともとは、何の変鉄もない普通のドアをくり貫いて、窓を作り、細い木を貼って、リビングの壁と同じようにペンキで塗り塗りしました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 難しいコツは無し!お洒...
内容 ハンドメイドをする方ならわかる、次々と増えていく資材たち… 気づけばレースのハギレが大変なことになっていました。 どうせなら可愛く素敵な収納道具を用意しようと作ってみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop