あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

安全安心!軽量アルファベットサイン♪
この作品をみた人閲覧数 2,217

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

インテリアの主役級ポイントになるアルファベットサイン。
売ってるものは好みの大きさやフォントじゃないし、
何より、人とは違うが好きな私はちょっと変わったテイストで作ってみました!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:雑貨・ハンドメイド

主な材料

  • 3cm厚の発泡スチロール
  • 木かる粘土
  • シーナリープラスター
  • 木目調・漆喰調壁紙(A4程/できれば凹凸があるもの)
  • ドライグリーンモス
  • フェイクフラワー
  • [塗料]
  • ペンキ/アクリル絵の具/インスタントコーヒー/水性ステイン
  • (※用途で発泡スチロールへの塗装が可能と書かれているもの)

主な道具

  • [塗料等を塗るもの]
  • (はけ・使い古しの歯ブラシ・割りばし等)
  • マスキングテープ
  • 発泡スチロールカッター
  • お好みのフォントをプリントアウトした用紙
  • 半光沢スプレー
  • つや消しスプレー
  • 木工ボンド
  • やすり(#100~200)
  • インパクトドライバー+ダボ用キリ(引っかけ穴用)

Step1

BEFORE

はじめの準備として、お好きな文字のフォントを実際に作るアルファベットサインの実物大のサイズでプリントアウトをしておきます。

 

Step2

BEFORE

プリントアウトをしたら文字に添ってカットをします。
既存で売られているアルファベットサインは「ゴシック体」というフォントを多く見かけますが私は好みではないので「游明朝 Light」というフォントを使用しました。

 

Step3

BEFORE

カットしたものをマスキングテープで発泡スチロールに固定します。
ずれないようにテープを数か所張り付けれたらサインペンなどでなぞります。

Step4

BEFORE

作成予定のアルファベットを全部書きおこしたところです。

 

Step5

BEFORE

元々の発泡スチロールのボードが大きく、専用のカッターで分割するのは少し困難でしたのでお恥ずかしいですが包丁を使って分割しました。
発泡スチロールは反発力があるので、この場合は小刻みに刺しながらだとカットが楽です。

 

Step6

BEFORE

全ての文字を分割したところです。
ここから発泡スチロール専用のカッターを使用して文字を切り出していきます。

Step7

BEFORE

此方が発泡スチロールカッターです。使用頻度が低いと思いダイソーにて200円で購入しました。スチロールの厚みと同等幅だったので多少切り出しに苦戦しました。後ほど1cm幅が大きいものが300円で売っていることを知り少しショックを受けた次第です。

 

Step8

BEFORE

切り出したところです。この調子で全てのアルファベットを切り出しておきます。やはり専用のカッターは曲線も上手に切れるので是非使用をお勧めします。
尚、単2電池使用ですが、かなり電池を食うので予め多く用意しておくといいですよ。私は工程9に記載した苦戦の結果4、5本使いました。

 

Step9

BEFORE

【S・レンガ風編】

Sの文字はレンガの様な質感を意識してシーナリープラスターというものを使用しました。ジオラマ作成で主に使われる道具です。漆喰やセメント、石膏の様なものと思っていただければいいと思います。こちらは軽量なので、今回の用途では重量が出るセメントより優れ、漆喰だと容量が多く販売されているものばかりなので、あまりを持て余すリスクが少ないのも使用の際の大きなメリットです。

Step10

BEFORE

用法通りに水で溶きます。
お好みで多少荒く引いたコーヒーの粉(インスタント不可)を混ぜるのもいいです。

 

Step11

BEFORE

文字の表面とサイドに塗り終わったところです。
私は片付けの手間から割りばしで塗りましたが、それでも塗る際には全然問題ないと感じました。

ここで大切なことは片付けの際「余ったペーストを排水溝に流さない事」です。
排水管の中で硬化し、詰まりの原因になるので、使用後の道具などもペーパーなどで綺麗に拭いてから洗ってください。

 

Step12

BEFORE

完全に硬化したらアクリル絵の具で着色していきます。
まず赤茶色でベタ塗りです。塗っていると分かると思いますが、プラスターが水分を吸っていきます。

Step13

BEFORE

箇所によっては剥がれの原因にもなりかねない&このままでは重ね塗りが困難なので、水で溶いたボンド(以下:ボンド水)で表面をコーティングします。

 

Step14

BEFORE

乾いたら色を塗り重ねていきます。
赤茶色の上からファンデーションの様な色のベージュを絵の具を混ぜて作り、塗り重ねました。

 

Step15

BEFORE

所々に白色をポンポンとスポンジで塗り重ねます。

Step16

BEFORE

少量の黒色のペンキ(アクリル絵の具も可)を多量の水で薄めたものを塗ります。

 

Step17

BEFORE

黒色のペンキ水が完全に乾ききる前に、所々にインスタントコーヒーの粉末を直接指で塗りつけ、塗装が乾いたら再びボンド水を塗り表面をコーティングしたら「S:レンガ風」は完成です。

 

Step18

BEFORE

【H(小)・グリーン編】

下準備として適当な容器にグリーンモスとボンドと水を入れ混ぜておきます。
グリーンモスはダイソーにて気軽に購入できます。

Step19

BEFORE

発泡スチロールに直接ボンドを乗せ、その上から先ほどのモスを指で押し付けるように張り付けていきます。

 

Step20

BEFORE

全て貼り付けたところです。後半になると前半張り付けた辺りが中途半端に乾き始め、指で持っている部分がくっついて剥がれてくるので、そのたびに直してと根気がいる作業です。ちなみに、指への色移りを写真で見てとれるかと思います。

 

Step21

BEFORE

完全に乾いたところで、上から色を塗り重ねます。深緑色のアクリル絵の具をスポンジで叩くように塗りました。叩くように塗ることでモスの僅かな隙間から多少見える土台の発泡スチロールを隠すことができます。
乾いたところで、ボンド水でコーティングします。
先ほどの指への色移りから壁への色移りの影響を考慮&強度を上げるためにもコーティングは基本的に省かない方がいいと思います。

Step22

BEFORE

このままでも素敵ですが、ここで一工夫。
フェイクグリーンをインスタントコーヒーと黒色ペンキ水で着色をします。

 

Step23

BEFORE

着色したところです。
一気にアンティークカラーになり、先ほどのダークトーンになった文字に合う色になりました。

 

Step24

BEFORE

多少大目のボンドでお好きな場所に貼り付けて完成です。
グルーガンですと高温タイプか低温タイプか把握しないまま使用しておりますと場合によっては土台が溶ける恐れがあるので、ボンド使用の方が安全かと思います。(貼り直しがきくのもいい点です。)

Step25

BEFORE

【M・漆喰風編】

土台の表面に漆喰調の壁紙をボンドで貼り付けます。

 

Step26

BEFORE

私の雑貨作りではおなじみの木かる粘土とボンドでペーストを作ります。

 

Step27

BEFORE

こんな感じに袋の中で作ると便利です。写真の様にベタベタしたテクスチャを作ります。

Step28

BEFORE

文字に指でなぞる様に要所要所に塗りたくっていきます。

 

Step29

BEFORE

粘土が完全に乾いたら黒色のペンキを下塗りします、
必ず、発泡スチロールに塗れるペンキを使用してくださいね!

 

Step30

BEFORE

下地が乾ききる前にダークトーンのブルーグレー色をムラを意識しながら塗り重ね、乾いたら完成です。下地が乾ききる前に色を塗り重ねると所々色が混ざり凸凹があるおかげで簡単に陰影が強調されます。

Step31

BEFORE

【H(大)・アイアン風編】

文字をを黒色のペンキ(必ず発泡スチロール使用可能のもの)でベタ塗りします。

 

Step32

BEFORE

同じペンキを次は筆でボッテリのせ、筆を立てる様にし叩くように塗っていきます。
これで凹凸のある表面になりました。

 

Step33

BEFORE

乾いたらアクリル絵の具の黄土色を所々指やスポンジでトントンと叩くように乗せます。

Step34

BEFORE

続いて同じ個所に先ほどと同じように赤色を乗せます。

 

Step35

BEFORE

これまた同じように茶色をポンポンと成せます。

 

Step36

BEFORE

鉄の黒錆を意識して、青みがかった黒を作ります。
今回は「金・青・黒」を混ぜた色を作りました。
ただ、先ほどの塗装が隠れてしまっては意味がないので、塗料に水を加えた色水にします。

Step37

BEFORE

塗り終わったところです。
分かりやすい様に屋外で写真を撮ったのでかなり青が強く見えますが、屋内は暖色のライトなので青みが薄れほぼ黒にしか見えない仕上がりです。外の光が入ってやっと青みがかる印象の仕上がりとなりました。

 

Step38

BEFORE

間近で見ると錆色がうっすら見えます。

 

Step39

BEFORE

仕上げに半光沢スプレーを噴射して完成です。

Step40

BEFORE

【N・木材風編】

文字に木材調の壁紙を貼ります。
今回一番大きな文字でしたので、壁紙が継ぎはぎです。ここものちのちお直ししていきます。

 

Step41

BEFORE

木かる粘土をサイドから覆うように張り付けていきます。

 

Step42

BEFORE

この時、粘土を貼る場所に予めボンドを塗って、その上から貼り付けてください。
ここで表面での継ぎはぎとなっている壁紙の境目などの上も同じように粘土を塗りつけてください。

Step43

BEFORE

全体を覆うように貼り付けれました。
乾くと箇所によってはひび割れなどおこすかと思います。
そこもお直ししていきますよ。

 

Step44

BEFORE

まず、目の荒いヤスリでヤスリ掛けをしてぼこぼこ感など表面の粗をを無くします。

 

Step45

BEFORE

ここでヤスリ掛けして出てきた木の粉を水とボンドで混ぜてペーストを作ります。

Step46

BEFORE

ペーストを使ってひび割れ箇所を修繕していきます。
だいぶ目立たなくなりました。とはいえ、ここは裏側なのでそこまで根気よくお直ししなくても大丈夫です(笑)

 

Step47

BEFORE

表面もヤスリ掛けをします。
この際、彫刻刀で所々壁紙も削っても木の皮に剥がれみたいでいいですね。
木目に添ってカッターで粘土の上にも模様を掘っていきます。
(シンプルな縦模様の壁紙だったので、ただ縦方向に切込みを何か所も入れた位です)

 

Step48

BEFORE

全体を焦げ茶色で塗ります。
今回はアンティークリキッドを使用しました。
先ほどの彫刻刀で削った個所は皮の剥がれというよりも木の節のようになりました。
塗料によって印象が変わるかと思います。

Step49

BEFORE

上から水性ステインを塗ります。今回は古材風も意識しているので「シルバーグレイ」使用です。
心配な方は予め、発泡スチロールの切れ端などを使い溶けないか確認するのが、塗装するときに失敗がないと思います。
オイルステインなど油性の塗料は、ほぼ溶けると思ってください。使用しないが吉です。

 

Step50

BEFORE

塗り終わったところです。
見ての通り半光沢の艶を見て取れるかと思います。

 

Step51

BEFORE

つや消しスプレーを噴いて艶を消したら完成です。

Step52

BEFORE

S・H(小)、各質感です。
Sは「45g」 H(小)は「56g」

 

Step53

BEFORE

M・N、各質感です。
Mは「51g」 Nは「150g」

 

Step54

BEFORE

H、質感です。
Hは「37g」

Step55

BEFORE

壁への飾りつけは、1、マスキングテープ+両面テープ / 2、本体裏にダボ穴+壁への画鋲ひっかけ といった感じかと思います。
2の場合は、写真の様にインパクトドライバーにダボ用キリパーツをつけて穴を開けるといいですよ!

 

Step56

BEFORE

何も飾っていなかった真っ白な壁に飾ってみました!
一気に存在感のある空間に様変わりです(*^-^*)

この作品にまつわるストーリー

産まれたての赤ちゃんが居る我が家では、何か飾るのにも気を使います。
そういった落下の危険性を考えるも、何もない壁というのはほぼ不可能なのも現実です。(そんなこと言ったら転倒の恐れとかいって家具すら置けないですからね!)かといって、壁に何もないのは寂しいのも本音。
そこで、もし落下したとしても大丈夫なものを作ろうと思いったったのがこの作品です。

第一に「軽量」頭に落ちても怪我をしないもの。これを根底に作りました。
第二に「他にはないもの」これは偏屈な私の性格からです。

ごちゃごちゃしたアルファベットにも実は意味が。
いちばん大きな「N」は苗字から拝借。
次に大きな「H」は夫の名前から拝借。
その次に大きな「M」は私の名前から拝借。
同等の小さな「S」「H」は子供たちの名前から拝借。

こんな感じで、お家は家族で過ごす空間ということから、家族をモチーフとしたイニシャルを作りました(*^-^*)

複数作ったことで、工程も必然と多くなりましたが1つ1つはそこまで難しいことはないと思います。
興味を持たれたら是非参考に作っていただければと思います♪

この作品をみた人閲覧数 2,217 2 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 burubon。さん
Title アルファベットレター、...
内容 ホームセンターで購入した一つ108円の安いアルファベットレターを憧れのブリキのアルファベットレターみたいに加工してみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 サトボンママさん
Title 100均フェイクグリー...
内容 セリアのフェイクグリーンでアルファベットリースを 作りました

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あーこさん
Title 発砲スチロールでアルフ...
内容 発砲スチロールを使って今流行りのアルファベットオブジェを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 SERENO Flowerさん
Title 発泡スチロールのアルフ...
内容 アンティークやブロカントのお店でよく見かける、アルファベットのオブジェ。 素敵だけれど、いいお値段&欲しい文字がなかなか見つからない・・・。 それならば!と、自分で作ってみました♪。

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 TsunCoRicoさん
Title 超簡単! アルファベッ...
内容 おしゃれなお部屋には 必ず!といってもいいほど お見かけする『アルファベットオブジェ』。 100均商品で 簡単に作ってみました~☆

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komichiさん
Title アルファベットフック...
内容 1×4材の端材とseriaのアルファベットフックを利用して、キーフックを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chikoさん
Title 『木製アルファベット』...
内容 雑貨屋さんで購入した『木製アルファベット』を、レースでおめかししたり、色を塗ったりして簡単リメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 簡単DIY 縁の下の力...
内容 お洒落な雑貨には必ずと言っていいほどお洒落なタグが付きものだったりします。 インテリア雑貨のちょっとしたアクセントにピッタシなタグを自分好みに作れるように考えてみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kekoさん
Title 100均の額縁をゴージ...
内容 100均で売っているプラスチックの額縁。プラスチックでは質感がイマイチ。簡単に塗装して、ゴージャスな額縁に変身させました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kekoさん
Title シンプルでカッコイイに...
内容 ボロボロになったネコ用の爪とぎの代わりに壁付けのシンプルな爪とぎを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop