あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

カントリー調の椅子をアンティーク調にリメイク♪
この作品をみた人閲覧数 11,879

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

以前はナチュラルな物が好みだった私。
今ではシャビーなアンティーク調のインテリアに目覚めてしまったのです…!!
買うと高いテイストなので、思い切って今あるものを手直ししてリメイクしちゃいました!
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • リメイク予定の椅子
  • 目の荒い紙やすり(空とぎ#100~200がお勧め)
  • 水性ステイン(グレー)
  • アンティークリキッド
  • ペンキ(今回は黒とヘンプベージュ使用)
  • 水性ウレタンニス

主な道具

  • 塗料を塗るもの
  • (ステイン:スポンジ)
  • (ペンキ:はけ)
  • (アンティークリキッド:はけ・使い古しの歯ブラシ等)
  • 使い捨てポリエチレン手袋
  • ボンド
  • サランラップ
  • テープ

Step1

BEFORE

今回はこの飴色でカントリー調のダイニングチェアを大変身させたいと思います。

 

Step2

BEFORE

まずは、椅子に着色をしていきますがその準備としてヤスリ掛けをします。
使うのはこちらの「空とぎペーパー #120」目詰まりしずらいので使いやすいですよ。

 

Step3

BEFORE

こちらがヤスリ掛け前。適度に艶があります。

Step4

BEFORE

こちらがヤスリ掛け後。
艶が消え、元の飴色も落ち着きました。

 

Step5

BEFORE

全体のヤスリ掛け後です。
凸凹が多い分大変ですが、全工程で一番大変なのがここの作業なので、ここさえしっかりできていれば後はあっという間です!大変な分、一番大事な工程でもあります。

 

Step6

BEFORE

早速着色をしていきます。
まずは下地となる色です。私はこちらのステイン剤(シルバーグレイ色)を使用しました。
DIYをする方はウォールナット色が主流ですが、グレー色は古材風に仕上げれるのでアンティークさを出したい方にはぜひお勧めしたいお色です。
色を塗る時は使い捨てのビニール手袋などがあると手軽ですよ。

Step7

BEFORE

塗り終わったところです。
比較として、まだ加工していない同じ椅子を並べてみました。
(後にこの椅子もリメイクします)
これで2度塗りぐらいです。

 

Step8

BEFORE

ただ、ステインだけでは のっぺりとした印象でアンティークさは出ていません。
そこで「アンティークリキッド」の出番です。
ヤスリ掛けや傷をつけるのもいいですが、我が家には赤子が居るぶん、スピード&安全性を優先しました。
この塗料、手軽で使いやすいので大変お勧めですよ!

 

Step9

BEFORE

塗り終わったところです。だいぶメリハリがついた印象です。
・全体的に少量の塗料を刷毛で掠れる様に塗る。
・濃い薄い/掠れの荒さや細かさ調整/刷毛とのタッチの違い:歯ブラシを使って表現。
これを意識して塗り重ねていきました。

Step10

BEFORE

座面の部分です。
基本的には角や家具が接触しやすい部分に掠れる様に塗っておけば、まず間違いない仕上がりになるかと思います。
ここで、1脚目は加工終了です。

 

Step11

no image

2脚目に取り掛かります。
こちらはまた違う仕上がりにしていきたいと思います。
前提としてヤスリ掛けはできているものとして、工程は飛ばします。

 

Step12

BEFORE

椅子全体にアンティークリキッドを塗ります。
今回は手元にある塗料で、手軽な茶色がこれだっただけで、茶色のペンキやステインなどでもいいと思います。

Step13

BEFORE

先の塗料で完全にのっぺりとした塗装になったので、次に黒色のペンキを使い簡単な陰影をつけていきます。

 

Step14

BEFORE

塗り終わったところです。
工程12の写真の座面を見ると違いがよくわかるかと思います。

ここでのコツは、水でぬらした刷毛にごく少量のペンキを刷毛の先に着け、サッと箒で掃くかの様に一定方向に往復するように塗ることです。
普通に塗っても、塗り始めは濃く塗り終わりは薄いものですが、刷毛の水分で下に塗った塗料と綺麗に馴染み、簡単に陰影が表現できます。

 

Step15

BEFORE

メインとなる塗料を塗ります。
今回は「ヘンプベージュ」という色を使用しました。
ホワイト系の仕上がりを目指していますが、あくまでもアンティークが目標。
ということで、オフホワイトが多少くすんだ印象の色のペンキを選びました。

Step16

BEFORE

こちらのペンキは、臭いが少ない。乾くのが早い。塗りやすい。評判通りのお品でした!赤ちゃんにも安全ですし、小さなお子さんのいる家庭で大活躍しそうな印象です。

今回は納豆のパックをトレイに使いました。
というのも、この後の工程で紹介する加工で多少もたつくことがあるので、
乾くのが早い塗料な分、小出しで作業していたからという背景が。

 

Step17

BEFORE

早速塗っていきます。
最初から最後まで、基本的には下地が多少見え隠れするようにムラが出るよう塗ります。

 

Step18

BEFORE

塗料が完全に乾ききる前にテープを貼ります。

Step19

BEFORE

思い切って剥がします!
そうすると写真の様にペンキの剥がれが簡単にできます。
こればかりはヤスリ掛けでもペイントでも、なかなかうまく表現できないんですよね。

 

Step20

BEFORE

ただ、成功も確実ではないのでココで裏技です。
まずは作業が捗りやすい様に指にラップを巻きます。
振り返ってみるとビニール手袋でも全然大丈夫な作業でした(笑)

 

Step21

BEFORE

ペンキ剥がし加工をしたい箇所にボンドを塗ります。
乾ききらないうちに、そのうえからペンキを塗ります。
これだけです。

Step22

BEFORE

此方が検証した写真です。
先に記した方法を施し、ペンキが完全に乾ききる一歩前にテープを貼ります。
向かって左側がボンドなし。右側がボンドありです。

 

Step23

BEFORE

剥がしたところです。一目瞭然の結果となりました。

 

Step24

BEFORE

といっても、この様にやりすぎてしまう事も・・・

Step25

BEFORE

そんな時は剥がし過ぎた部分に、また上からペンキを塗ればいいので大丈夫です!
ここでの不自然なムラもあとで修正していきますので大丈夫ですよ。

 

Step26

BEFORE

椅子全体にペンキ剥がしのエイジング加工が完了しました。

 

Step27

BEFORE

中には、下地の色まで剥がれてしまった個所もあるので直していきます。

Step28

BEFORE

細かい部分なので思い切ってサインペンで大部分を塗りました。
塗ったそばから指で伸ばすと上手に馴染みますよ。

 

Step29

BEFORE

その上からアンティークリキッドをさらに乗せます。
基本的には歯ブラシでサッと擦り付けたりして汚し加工です。
ここはやり過ぎない様に気をつけます。

 

Step30

BEFORE

椅子全体にアンティークリキッドを所々塗ったところです。
工程25でのムラもこれで上手にごまかすことが出来ました!
工程26の写真と比べるとだいぶアンティークな雰囲気が漂ってきましたね。

Step31

BEFORE

座面のアップです。

 

Step32

BEFORE

背もたれ部分のアップです。
ペンキ剥がしの時のボンドが一部うまい具合にひび割れのクラック加工にもなりました。
ボンドをオーバーに塗っていてもこんな形でエイジング加工に繋がるので安心です。

 

Step33

BEFORE

ということで、カントリー調の椅子がアンティーク調に大変身しました♪

Step34

BEFORE

ダイニングで使う椅子なのでお掃除しやすい様に、此方のニスで仕上げると完璧です。
ウレタンニスは油性ニス等に比べるとお値段は張るものの、しっかりとしたコーティングになる上に、子どもにも安全なので食事の場の家具などの仕上げに最適ですよ!

この作品にまつわるストーリー

子どもが寝る間にコツコツと作業し、1週間ぐらいかけて完成することが出来ました!
時間があれば、この夏の時期なら塗料の乾きも早いので器用な方は1日で完成しそうですね。

基本的には塗り方の工程が主な作業なので、椅子以外でのDIY作品などにも応用は断然きくと思います(*^-^*)

好みが時代とともに変わる分、インテリアには完成がないと思っているので、こうやって気軽にお直しできるのがDIYのいいところだと思います♪

完成した翌日から息子が頻繁に座ってくれて嬉しい限りです(*'ω'*)
でも子ども用の椅子に座る頻度が減ってちょっと困った気がしないでもない事も(笑)

この作品をみた人閲覧数 11,879 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 ishiyasuさん
Title レトロダイニングテーブ...
内容 フローリングと鉄脚でダイニングテーブルを作りました!http://www.youtube.com/watch?v=_Vkt-k9_xiI&list=UU3Hnjip1IxKb4eRDU53XuZg

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chocoさん
Title ダイニングチェアが変身...
内容 ダイニングチェアの雰囲気をガラっと変えてみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 riesanchiさん
Title ダイニングキッチンへの...
内容 古い団地のダイニングキッチンへと続くドア全体を、DIYしちゃいました♪

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 マタンマタンさん
Title ダイニングテーブルを作...
内容 もともと使っていたダイニングテーブルが今のキッチンには少し大きかったので、新しく作ることにしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komomoさん
Title ダイニングテーブルをひ...
内容 ツルツルの白いダーニングテーブル。 質感も大きさも変えたかったので、セルフリフォーム!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 mi-na☆さん
Title ダイニングの照明を男前...
内容 ダイニングの照明のステンレス部分を塗って、男前に変身させました~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kekoさん
Title ダイニング壁をjunk...
内容 面白みのない白のビニルクロス壁をお安い板でjunkにリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ★モモ★さん
Title ダイニングテーブルをリ...
内容 子供が落書きしてテーブルクロスで誤魔化しながらつかっていたダイニングテーブルを簡単リメイク♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ゆんさん
Title ナチュラルなダイニング...
内容 去年、和室を洋室にDIYしたので、ダイニングテーブルも新調したくなり作ってみた。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 店長さん
Title ダイニングチェアをガー...
内容 使わなくなったダイニングチェアをガーデンチェアにリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop