あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:25
  • 住所:愛知県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
3歳の息子と0歳の娘のいる主婦です。

子どもが寝付いてから家事を終わらせ、自由になれる貴重な1時間で気ままにDIYをしています。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

木のシンプル掛け時計が石膏風アンティーク風に大変身
この作品をみた人閲覧数 11,021

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

ある日、シックでシャビーなインテリアに心を奪われてしまいました。
この手の雑貨や家具は買うと高くて普通じゃ手が出せないし…
ならば見様見真似で作っちゃえ!と家にある材料を使って作っちゃいました♪
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • 手を加えても惜しくない掛け時計
  • 木かる粘土
  • 接着剤(ボンド・ウルトラ多用途SU等)
  • 適当に凸凹した質感の壁紙(A4あれば十分です。)
  • ミッチャクロンマルチ
  • ラインストーン
  • つや消しペンキ(※ミディーグレーとブラック)

主な道具

  • ふで
  • スパチュラ
  • 透明下敷きなど
  • マスキングテープ
  • デザインナイフ

Step1

BEFORE

まず透明の下敷きなど向こう側が透けて見えるものを掛け時計にマスキングテープなどで固定します。
今回はわかりやすい様に、プラスチック板の淵にマスキングテープを貼っております。

 

Step2

BEFORE

プラスチック板の上で時計の淵となる場所に、木かる粘土で飾りを作ります。
別で飾りを予め作ってしまうと、いざ接着の際に枠の中に納まらなかったということがおきやすいと思います。
直線上での飾りならともかく、今回はカーブのある淵に装飾を施しますので、
なおさらこの「1」「2」の工程が大切となってきます。

 

Step3

BEFORE

時計上部と同じような飾りを時計下部でも仕上げていきます。
マスキングテープが貼ってないのでわかりにくいですが、下部分にもプラスチック板が固定されていて、その上から装飾を造形しています。

造形の際のポイントは山の様に造形のてっぺんは尖っていることと、カーブ部分には遠心力に従った角度をつけてあげるとメリハリがついてのっぺりとした印象を防げます。

Step4

BEFORE

あると便利なのが、スパチュラです。
どうしても指だけで作業には細かい部分で限界があるので、持っていると何かと便利だと思います。
写真のスパチュラは模型屋さんにて購入できると思います。
今回だけしか用途が浮かばない様でしたら「爪楊枝」などが代用できそうです。

 

Step5

BEFORE

次に時計のガラス部分をマスキングテープで保護していきます。
この時、しっかり端までテープを接着してください。
その後、余分な分をカットしていきます。

 

Step6

BEFORE

写真に写っているデザインナイフはオルファのアートナイフプロです。
カッターナイフでも構いませんが、切れ味と使い心地が段違いなので、
刃の形が用途ごとに交換できるデザインナイフ等をお勧めします。
ホームセンターにて購入できると思います。

Step7

BEFORE

カットのコツは、ガラス部分と木枠部分の間に僅かな隙間があるので、
そこの中にカッターの刃を潜り込ませてあげながら刃を寝かせつつカットしていきます。
そうすると、ガラス部分には傷がつかずに余分なテープだけカットできます。

 

Step8

BEFORE

余分なテープをカットし終わったら次に「ミッチャクロンマルチスプレー」を木枠に吹き付けていきます。
この際、木枠の側面もしっかりとスプレーしておいてください。

 

Step9

BEFORE

次に壁紙を用意します。本当に適当に凸凹した壁紙で大丈夫です。
欲を言えばですが、写真の様な漆喰風のペタペタ塗ってある質感のものが用意できるのが好ましいです。

Step10

BEFORE

先ほどの壁紙を時計のカーブに合わせ適当にカットします。
カットしたものをボンドで適当な場所に接着します。
はみ出しさえしなければ本当に適当で大丈夫です。この後の作業でその辺りをカバーしていきます。

 

Step11

BEFORE

次に木かる粘土とボンドを混ぜていきます。
この様にクッキングシートの上で捏ねるもよし。ビニール袋の中で捏ねるも良しです。
ただ次は直接の手作業ですので、前者の方が作業はしやすいです。

 

Step12

BEFORE

捏ねた木かる粘土を時計に塗ったくっていきます。
壁紙と壁紙の隙間は厚塗り感をだし、壁紙の部分には薄塗りを意識しつつ
指で滑らかにしたり荒くしたりと所々で強弱をつけていきます。
多少木の面が表立っていても大丈夫です。
初めにミッチャクロンをスプレーしておいたので、いざ着色の時にペンキがそこだけ弾くということはないので安心です。

表となる部分に塗った粘土があらかた乾いたら側面もガッツリと厚塗りしていきます。

Step13

BEFORE

最初に作った飾りがしっかりと乾燥しているのを確認したら、プラスチック板から剥がして時計に接着していきます。
この時、「4」の写真にの一番右にある様な、薄い粘土ベラがあると飾りを傷つけずに丁寧にはがせるので便利です。
剥がすときはプラスチック板を軽く曲げて飾りの端の底に隙間が出来たらそこから粘土ベラをゆっくり差し込んであげると細かい装飾でも割れることなく剥がせると思います。
接着に関してはボンドで大丈夫です。この時、マスキングテープから薄らと見える時計盤をしっかり確認して貼る位置を間違えないようにしてください。

 

Step14

BEFORE

次に細かい装飾を施します。
写真の様なサイズ違いのラインストーンを用意してください。
写真の接着剤は名前の様に多用途なのでDIYに関わらず大変お勧めです。

(ただ、写真を撮ったはいいものの中身が足りなくなったので、途中からボンドを使用して接着しています。ボンドでも接着できるのは確認したのですが、今回の様に完成した後に飾るだけであまり手を触れないものならいいのですが、よく触るようなものを作るのに今回の作業を参考にすると剥がれてしまいやすいかも知れませんので、用途によって接着剤を使い分けるのが一番だと思います。)

 

Step15

BEFORE

写真の様な感じでラインストーンを接着していきます。
装飾のデザインについては個々のお好みでどうぞ(*^-^*)

Step16

BEFORE

ラインストーンをすべて貼った姿です。
木枠の外側の縁にラインストーンを1周しっかり貼ると一段と完成度が上がります!
接着したボンドが乾いたらラインストーンにミッチャクロンをスプレーします。

 

Step17

BEFORE

塗料を用意します。
ここで大切なのが「ミディーグレー(つや消し)」のペンキを用意することです。
この色はまさに石膏に乾くと近い色なのでぜひ購入を検討してみてください。
その他に「ブラック(つや消し)」も用意してあると応用がきいていいです。

まずは両方のペンキを混ぜて写真の様な「ライトグレー」を作ります。

 

Step18

BEFORE

写真が飛んでしまって申し訳ないのですが、下塗りが終了した処です。
「ライトグレー」を全体に大雑把でいいので塗り終えたらそのペンキに黒を足して「グレー」を作ります。
「グレー」も所々にまばらに塗り足したら更に黒を足して「ダークグレー」を作ります。
「ダークグレー」は主に飾りや影となる部分に塗れると良いです。

Step19

BEFORE

下塗りが乾いたところで、「ミディーグレー」のペンキを塗っていきます。

 

Step20

BEFORE

側面の部分で説明します。
まずミディーグレーの色がのったところです。

 

Step21

BEFORE

次に、ペンキが乾かないうちにティッシュなどでポンポンと少し塗料を拭います。
こうすることでよく振れやすい部分と触れにくい部分とで陰影が自然に表現できます。

Step22

BEFORE

「20」「21」の作業を数回繰り返します。表も同様の作業をしておきます。

 

Step23

BEFORE

表の塗りが完成したらペンキが版画脇の時点でマスキングテープを剥がしてください。
乾いた後に剥がすと塗料も一緒に剥がれてしまう恐れがある為です。

多少、ガラスの面にペンキが付いていても、乾いた後で爪で少し引っ掻いたあげれば簡単にはがせます。
(流石に大胆にペンキが付いてるようでしたら、乾く前に気を付けながらお掃除してあげてください;)

 

Step24

BEFORE

ペンキが乾いたところで、完成です!!長々とお疲れ様でした<(_ _)>
お勧めは時計の文字盤がローマ数字の物だといいのですが、電波時計故に解体して文字盤を交換して壊れたら元も子もないなと思い踏みとどまってしまいました・・・(´Д`)
アナログの時計だったり、お安く時計自体を購入して壊れても財布は痛くないという事だったら自分でローマ数字の文字盤を作って中身を交換するのもいいと思います!むしろ是非と言いたいです(笑)

この作品にまつわるストーリー

今回は多趣味故に手元に色んな道具や材料があったのでそれを使用したことで、新たに材料費が一切掛からずに作れました(*'ω'*)

お金がなくても頭と腕は使いようです!工夫次第ですごく安く素敵なものが作れます!
それをモットーにケチケチDIYを日々しています。

今回の作品は、材料自体も簡単に揃えられるし、面倒な木のカットやサイズの計算もいらない。工具なんて必要ありません。もちろん体力も必要ないので、か弱い女の人でも大丈夫です!
ということで、気軽にチャレンジのできるDIYなんじゃないかなぁと思い作品公開に至りました。

気軽にチャレンジ出来る割には、完成度はそれなりに見れる様な物ができたんじゃないかと|д゚)ソワソワ

この作品をみた人閲覧数 11,021 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 佳子さん
Title 簡単!飾り棚作り方...
内容 今回は、洗濯機の上に作った飾り棚の作り方をご紹介します♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 makiさん
Title *簡単ひび割れ加工*...
内容 専用の塗料を使わずにひび割れ加工する方法をご紹介しま~す♪♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title DIY★超簡単な可愛い...
内容 先日、石膏ボードの裏の柱を見つけてくれる「シンワの下地センサーBASIC」を買ったので、使ってみたくて、ハンガーフックをDIY♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 Brunjuさん
Title 百均素材だけで簡単!ヘ...
内容 かさばるヘアアクセの収納を考えてみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 4児ママRomiさん
Title 簡単!冷蔵庫リメイク!...
内容 ジュース用のサブ冷蔵庫。壁の色に合わせてリメイクしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title デットスペースを利用!...
内容 以前に作った収納庫を解体して奥行15㎝のデットスペースに収納棚をリメイクし、作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 じぇしかさん
Title 簡単!スノコでベッド下...
内容 ベッド下収納が欲しかったので、スノコで作ってみました! ベッド下を有効に使えるし、さっと片付けできるので、便利です!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 chikoさん
Title 木製フレームを簡単リメ...
内容 セリアの木製フレームに色を塗って簡単リメイクしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 NAO-NAOさん
Title 端材で簡単!スリッパホ...
内容 狭いトイレに、スリッパが散乱するのを防ぐために考えた「スリッパホルダー」。 超簡単なDIYですが、他の作品に活かせる「基本」が詰まっています。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title 簡単★シンクの引き出し...
内容 大掃除のついでにシンクの引き出しも見直し・・・柱| ̄m ̄) ウププッ シンクの引き出しの2番目は、お弁当用のカップやスティック類が入ってるんですが、まずは、ここから♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop