あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



ゆー さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
2007年に、築30年の我が家を購入したのがキッカケ

いつかやってみたいDIY・手づくり
当面は、我が家のセルフリノベ完成

ひとこと
2007年6月に 初めての我が家を購入しました。

敷地面積 78坪
建坪 32坪

広さには満足ですが

築30年

物件を見に来た際はリフォームいれなくても住めるだろうと思っていましたが

いざ住んでみたら・・・・

ジャングルになってる庭

毎日毎日出没する 黒光りのあいつ

冷蔵庫を置いたら 床が抜けそうな台所

砂壁が毎日ポロポロ 降り注ぐ


ど素人 で ど貧乏な 新婚夫婦二人で

できるとこまで リフォーム やってきますっ!!

リビング 基礎&防湿
この作品をみた人閲覧数 6,014

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

床下の基礎をやり直して、そのあと防湿シートを敷いてみました。
作者: ゆーさん
カテゴリー:床・フローリング・足もと

主な材料

  • 砕石
  • 砂、セメント、水
  • ワイヤーメッシュ
  • ピンコロ(コンクリートブロック)
  • 厚手のビニールシート
  • 『束』用の木材(端材)

主な道具

  • シャベル
  • ジグソー、のこぎり
  • ハンマー
  • コテ
  • 水平器
  • 一輪車(運搬用、セメントこね用)
  • スペーサー、クサビ、車用1tジャッキ
  • 丸のこ、丸のこ定規

Step1

BEFORE

前回の方法で上手に出来たので、今度はまとめて進めていきます。

 

Step2

BEFORE

ただし、型枠は再使用している為、釘がだんだんと効かなくなってきます。
モルタルが内側から外側へ力を加えるので型枠が開いてしまいます。
コンクリが固まるまで耐えれば良いので、端材で支えました↑

 

Step3

BEFORE

だんだんコツが掴めてきて、モルタルの硬さも絶妙に練れるようになってきました。

ちょうどいい硬さに練ることが出来ると、硬化までの待ち時間も短縮できます。

Step4

BEFORE

廃材(柱)が大引として使われていた場所は、念の為、基礎の数を2箇所→3箇所に増やしました。
それから、昔 押入れがあった場所には基礎が無かったので1箇所追加しました

 

Step5

BEFORE

こんな感じで↑奥の列の1番左が追加した場所です。

 

Step6

BEFORE

埋め戻しが終わり、見えているのはピンコロだけになってしまいました。
基礎の間隔は元からあった半間(約90cm)間隔ですが、基礎を2箇所追加した奥の間隔だけは少し狭くなり、約65cm間隔になりました。

Step7

BEFORE

ちなみにピンコロの高さは みんなバラバラで、しかも元々の高さとも違っていますが、高さはピンコロの上で大引を支える束の長さで調整するので、問題ありません。
次に、湿気が土間から上がってこないように、防湿用の厚手のビニールシートを敷く事にしました。

 

Step8

BEFORE

ビニールシートを直接敷いてその上を歩くと穴が開いたり破けたりするので、買い置きしてあるセメントを敷きます。

↑土間の上に直接置いていたので、下からの湿気などにやられて袋の紙がボロボロになっています。

 

Step9

BEFORE

たたみ1畳につきセメント1袋ずつ使いました。

今回は強度は求めないので、砂などの骨材は入れずにセメントのみを、足で踏み固めた乾いた土の上に撒いてダンボールの切れ端で適当にならします。

Step10

BEFORE

とりあえず6畳分ならし終わりました。

次にビニールを広げてみます。

 

Step11

BEFORE

1枚で切れ目無しで覆う事が出来ました。
上からビニールの上を裸足で歩き回ってセメントを締めておきます。
下からの湿気でセメントの色が変化している場所があります。
切り込みを入れてピンコロを出そうと思いましたが、特に意味無さそうなのでそのままにしました。

 

Step12

BEFORE

ビニールをめくってみます。

翌日には下からの湿気でセメントが硬化し、まるでコンクリの上を歩いている様な質感になります。
湿気が出たところは↑この様に硬化して色が変わっています。
時間が経てば全体がこの様になると思います。

Step13

BEFORE

ビニールが動かないように、砕石を端に乗っけておきました。

 

Step14

BEFORE

大引とピンコロの距離を測り、束をカットします。

束は近所の材木屋さんからもらった新品の端材を切って作ります。

 

Step15

BEFORE

束の長さは、大引とピンコロの間よりも短めなので、スカスカに出し入れできます。
違う材質の接点は特に注意した方が良さそうなので、コンクリと木は直接触れたままにならないようにしておきます。

Step16

BEFORE

高さ調整をします。
土間のセメントはコンクリの様に硬化していますが、約2cmと薄いので直接力が掛かると割れてしまいそうです。
ピンコロに橋を渡してその上に車用1tジャッキを載せて、しなった大引を水平+α持ち上げます。
束がちゃんと効く様に樹脂のスペーサーを入れジャッキを下ろします。
その時にまぁまぁ水平になるようにスペーサーの厚みで調整します。

 

Step17

BEFORE

束が動いてダルマ落としにならないように固定しておきます。

 

Step18

BEFORE

束は 下手ッピ切り口の為、隙間には樹脂製の薄いクサビを・・・

Step19

BEFORE

こんな風に入れておきます。

これを全ての束に行い・・・

 

Step20

BEFORE

床下6畳分完成!!

↑左の方には、この上に乗っかる根太が用意して積んであります。

この作品にまつわるストーリー

湿気が土間から上がってこないように『 防湿 』を考えました。

最近の床下の土間は、防湿効果の高いベタ基礎にするのが主流のようですが、

現状の我が家では 湿気が上がって来なくさえすれば良い と言う事で、

厚手のビニールシートを敷く事にしました。

この作品をみた人閲覧数 6,014 2 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 しぇんりんさん
Title 寒い畳部屋からフローリ...
内容 昔のDIYです。変形部屋ですが愛着があります。 畳からフローリングにしようとネットで調べながら作業してみました。 最初はおっかなびっくりでしたがいざはじめてみると面白くてやめられませんでした。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ハルさん
Title フローリングにクッショ...
内容 両親が引っ越しすることになったので引っ越し先に 荷物が入る前にクッションフロアを貼りに行きました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ゆんさん
Title 和室を洋室に...
内容 茶の間の和室、暗いし湿気るのでフローリングの洋室にリフォームしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 miさん
Title 玄関をフレンチシャビー...
内容 靴箱に取り掛かります♪ この靴箱は元々壁にくっついているタイプなので、外す事は出来ません。。 なら塗って加工してしまいましょう♪ ちなみに旦那は最初塗るのは反対してました(^◇^;)

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 くま蔵さん
Title 床をこんな感じで。...
内容 見るだけでだいたいわかりますw

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 haheuerさん
Title アトリエ作り...
内容 靴制作の為に借りた場所が、かなり勾配のついたコンクリートの土間でしたので、プラ束でレベルを出し杉板を張りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あかさん
Title 玄関を、スッキリ(^_...
内容 この段差、意外と便利!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 みりさん
Title 【現状回復OK】リビン...
内容 床暖房があるので諦めていた床でしたが 床暖房対応のものを見つけてやってみました(*^^*)

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まいくびびーさん
Title 和室を個性的な和モダン...
内容 昔ながらのごくふつーの和室を和モダンに!床はブラックウッド風のクッションフロアに!壁は緑の砂壁を真っ白に!そして天井は思いきって藍色にしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 akaneさん
Title 床をカフェ風にリフォー...
内容 築23年の合板フローリングの床。窓付近は傷みもありました。上から貼るタイプの床材を使って、簡単リフォームしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop