あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



neige+yyy さん

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
ここにピッタリ合う棚が欲しい!でも探してもいいのが見つからない。探してないなら作ればいいじゃない?がキッカケ。
スッキリ収まった自分の思う棚ができて「ピッタリ!♪」にすっかりハマり、本格的に「自分の趣味」と言えるものになりました。
ハッキリ、いつごろからというのは覚えていませんが、小学生のころから、裁縫してリカちゃん人形の服を作ったりしてましたので、作るのはず~っと、好きなんだな( *´艸`)

いつかやってみたいDIY・手づくり
キッチン・トイレ・洗面所のリメイク!
玄関も下駄箱を増設したいし、部屋中、漆喰を塗りたい!!
庭もDIYで、自分の手でゆっくり作り上げていきたいです。

ひとこと
2013年、遅ればせながら雑誌「comehome!」に出会い、必死に集めて読み込み、ナチュラルなインテリアに憧れるように。
同じ主婦であるみなさんが、DIYで家の中をお気に入りのものでいっぱいにしてらっしゃるのを見て「こういうのいいなぁ…」と憧れるように。
その雑誌に出会うよりも前にDIYはしていましたが、家の中を自分でリフォームしていきたい、自分でもできるかもしれない、という気持ちにさせてくれた雑誌との出会いにより、DIY熱が上がりました。

これはこういう風に作る、ってのっている本も最近では増えてきましたが、枠にとらわれず、自分なりに考えて作ったものが、同じDIY好きさんの役にたてれば、共有できればと思い、こちらで公開しようと思いました。
オリジナルすぎて、部分的にしかお役に立てないかもしれませんが、時間をかけて考えて作ったものがほとんどです。

あなたのヒラメキのヒントになれば…と思います(*´ω`*)

よりDIYしやすく☆DIYbaseを作る!
この作品をみた人閲覧数 319

BEFORE

BEFORE

AFTER

BEFORE

DIYを始めてからずっと気になってたこと。
『使いたい道具がすぐに見つからず取り出せない!』
なんとかしましょう!
DIYで。
作者: neige+yyyさん
カテゴリー:収納・片づけ・暮らし

主な材料

  • 参考:12×90×1820mm桧材(板ならなんでも)
  • 押入れすのこ(無ければ好みの幅の板を)
  • ナット・ボルト(スチール棚と板を固定するため)
  • 好みの塗料
  • チキンネット(もしくは百均のワイヤーメッシュ)
  • 木ネジ
  • スチールラック(木製のワゴンなどでも)
  • L字フックやサドルバンドなど

主な道具

  • 金槌
  • ノコギリ
  • 電動ドリル
  • 刷毛
  • 90度をはかれるもの(厚紙やスコヤなどでも)
  • コンベックス(巻尺)

Step1

BEFORE

スチールラックの使い勝手を良くするため、1段増やし可動式にしました。
これは今回のDIYとは別で、以前にDIYしたものです。
コンパネとキャスターとL字金具を使います。

 

Step2

BEFORE

コンパネをスチールラックの棚板と同じ寸法にカットして、スチールラックとコンパネをL字金具で固定します。

 

Step3

BEFORE

コンパネにキャスターをつけました。
ここまでは、可動式のスチールラックにしたかっただけなので、スチールラックを入手した時に加工しました。

Step4

BEFORE

一段増えて、コロコロと移動できるので、掃除の時も楽チンです。
ここからが本題。
今回のDIYはこのスチールラックをよりグレードアップ!
スチールラックで整頓してみましたが、やはり作業していくうちに、あっちこっちに重ねて物を置くので、使いたい道具が見つからずにDIYがはかどりません。
取り出しやすい、片付けやすい、DIYがはかどる作業スペースにすべく、改造開始!

 

Step5

BEFORE

今回はスチールラックの幅と同じぐらいの押入れすのこを再利用して、板壁の材料にしました。
幅の違う4枚板のすのこと、幅が同じ4枚板のすのこ。

 

Step6

BEFORE

すのこによってタッカーのようなもので板が固定されてるもの、接着剤でついてるものなどあるかと思いますが、まずはノミを差し込み、木が剥がせるか、テコの原理で剥がしてみます。
ノミを軽く金槌で叩いてみましょう。
慎重に…

Step7

BEFORE

タッカーのような工業用の機械でくっついてたんですね。
構造をよく見て、板をなるべく傷つけないように、金属を取り除いていきます。

すのこを使わず、板材を買ってカットすればこんな作業はしなくてもいいんですけどね。
なるべく軽い材がいいと思うので、桐材がオススメかな。

 

Step8

BEFORE

バラバラになりました。

家にあるもので使える材料を使って安くで仕上げようと思うと、これぐらいの労力は惜しみません(笑)

あくまでも、すのこはこういう風にも使えるよ、ぐらいで参考になさってください。
板を買いに行った方が揃っててキレイに仕上がりますよ。

 

Step9

BEFORE

すのこだった板の角、アールがついているので、長さをそろえるためにもカットしていきます。

Step10

BEFORE

まずはアールが無くなるぐらいのところでカット。

 

Step11

BEFORE

あとは必要な長さにカットします。
ソーガイドがあると真っ直ぐ切れて便利ですね。
すのこを使わなければ、Step5からStep10の作業は必要ありません。
ここから始めてください。

 

Step12

BEFORE

板壁の支柱となる、スチールラックの背面に固定する板です。
12ミリ厚の桧材、幅は90ミリです。
今回は1250ミリの長さにカットしました。

Step13

BEFORE

スチールラックの棚板にあいている穴を利用して、ボルト・ナットで固定します。
棚の端から10センチぐらいのところに開いている穴。

 

Step14

BEFORE

棚板の穴2点で支えるのには少し頼りない感じがするので、スチールラックの支柱、2枚の棚板の真ん中ぐらいの高さのところへ、鉄工用ドリルの刃で穴を開けます。

 

Step15

BEFORE

通したいボルトの径(今回は6ミリ)に穴を開けました。
バリは金ヤスリやペンチなど駆使して取り除いておきましょう。
板で隠れるので丁寧にしなくても大丈夫です。

Step16

BEFORE

画像の通り、支柱にあてて、クランプで固定。
板の下と、棚板の下を合わせます。
板が垂直か見ておいた方がいいですね。

 

Step17

BEFORE

裏側から穴を開けるところに印をつけます。
3カ所印をつけたらクランプを外します。

 

Step18

BEFORE

今回使用したボルト・ナット。
ボルトが通るようなサイズの穴をあけるべく、ドリルの刃を選んでくださいね。

Step19

BEFORE

Step17で印をつけたところに穴をあけます。
まずはボルトの径の6ミリであけました。

 

Step20

BEFORE

次に、ボルトのアタマが飛び出てると邪魔になるので、ボルトのアタマが板に埋まるように加工します。
ボルトのアタマの径(今回は12ミリ)のドリルの刃で。
板の表裏を間違えないように…
ボルトの穴を埋める穴をほるのは、スチールラック側になる方ではなく、壁にくっつける方側ですよ。

 

Step21

BEFORE

ちょっと見えにくいですが、ボルトを逆さまにして、アタマをあけた穴に入れて深さの確認をします。
ちゃんと埋まりそうですね。

Step22

BEFORE

スチールラックの背面に、板壁の支柱となる板を固定します。
ギュッと締めずに、緩めで、3カ所にボルトを通してください。
まだ仮止め。

 

Step23

BEFORE

スチールラックの棚板にあいている穴は楕円なので、しっかり直角を確認して、ギュッと締めます。
下からスパナ、上からドライバーを使ってしっかりと…

 

Step24

BEFORE

板壁の支柱となる板の固定が出来ました。
今回私が作ったのは、スチールラックの天板の上から97センチ飛び出してる格好になります。
寸法はもちろん、お好みで。
あと、ラックに合わせてくださいね。

Step25

BEFORE

ここでまた思いつく…。
ステンシルしたら、より格好良くなるのでは!?
ということで、好きな文字をプリントアウト。
カッターで切り抜きます。
ステンシルするので、「D」のような文字は2カ所は元の紙とつながってる状態で切り抜いてくださいね。
ステンシル用のフォントなど見るとよく分かります。

 

Step26

BEFORE

アクリル絵の具をスポンジにとってポンポン。
ステンシル♪

 

Step27

BEFORE

細かな文字は切り抜きが大変なので挫折し、カーボン紙で写しました。

Step28

BEFORE

あとは地道にアクリル絵の具を筆でのせていきました。
ステンシル、完成♪

 

Step29

BEFORE

はい。
組み立てに戻りましょ。
まずは最上段から。
両サイドのはみ出し部分を測って、両サイドのはみ出し分が同じになるようにします。

 

Step30

BEFORE

直角も見ておいて…

Step31

BEFORE

ビス(木ネジ)で固定します。
左右2つずつ、ビス打ちます。
これで支柱はもう左右にぶれたりしないので、作業がしやすくなりました。

ここでワンポイント☆
微調整しながらビスを打つのですが、まずは左側に1本。
そして、右側の直角を見て位置を決定したら、ずれないようにおさえて右側に1本、の要領で。
先に左側に2本のビスを打ってしまうと、右側のずれの補正ができません。

 

Step32

BEFORE

板と板の隙間はどれぐらいにしよう。
考えるよりも、とにかく、現物を並べて配置をちゃんとチェック。
板同士の隙間が広がりすぎないように考えつつ、チキンネットの位置を決めて、板の隙間を大体決めます。
ここらへんが私流かな…。
アタマで計算できなければ現物合わせが手っ取り早い。

 

Step33

BEFORE

大体の場所が決まったら、今度は下から攻めていきます。

チキンネットは下から7センチのところへ底辺を合わせます。

Step34

BEFORE

タッカーでチキンネットの両サイドを固定していきます。

 

Step35

BEFORE

チキンネットを挟むように、最下段の板を固定します。
スチールラックの天板から2センチあけたところにしました。

 

Step36

BEFORE

ビスでとめて…

Step37

BEFORE

左右もチキンネットを挟んでビスを打ってとめます。

 

Step38

BEFORE

チキンネット上部も板をビスで固定。
チキンネット部分、完成♪

チキンネットをおさえている上下の板は支柱からはみ出るので、最上部の基本となる板のはみ出しと同じにします。

 

Step39

BEFORE

後は板を、隙間を均一にして、固定していきます。
隙間と同じぐらいの端材があれば、あてがうと作業しやすいです。
端材が見当たらなければ、測って印をつけていってもいいですし、この枚数の板なら目測でも大丈夫かな。
支柱からの板のはみ出し分は、画像のように板を添わせると測らなくて済みますね。
左に1カ所、ビスを打ったら、今度は右に1カ所、という具合にしないと、左に先に2本打ってしまうと、板の微調整ができなくなるのでご用心。
(Step31のワンポイント参照)

Step40

BEFORE

板を全て固定できました!
では仕上げに入っていきましょう♪

 

Step41

BEFORE

…っと、ここで補足。
ビスの長さをしっかり見ておかないと…
フローリングまで固定してしまうところでした…。
穴があいちゃった( ;∀;)
家の中で作業するときは、コンパネか何か1枚敷いて作業すべきですね。

 

Step42

BEFORE

気を取り直して、細部を仕上げていきます。
スチールラックを起こして、チキンネット部の背面の処理。
壁にくっつけて置くので、触れることもないし、タッカーで固定するだけにしました。
上下、タッカーで数カ所とめていきます。

Step43

BEFORE

ビスを塗料で隠しましょう。

 

Step44

BEFORE

裏側は塗っていませんでしたが、壁にくっつけても見えるところがあったので、見えるところだけ塗りました。

 

Step45

BEFORE

細部の塗装が終わり、ほぼ完成。

Step46

BEFORE

工具のレイアウトに入ります。

頻繁に使う道具は引き出しよりもかけてある方が取り出しやすいですね。

板壁にL字フックを取り付けました。

フックのサイズは引っ掛けたい物をあてて、チェックします。
取り付ける際は下穴をあけておくと楽に手でねじ込めます。

 

Step47

BEFORE

サドルバンド(パイプを壁に固定したりするときに使う金具)を利用して、ボンドを逆さまに収納。

 

Step48

BEFORE

チキンネットには百均で売っているワイヤーメッシュ用のフックやカゴを買ってきてさげてみました。

Step49

BEFORE

ダイソーの棚受け金具を使いました。
ここへ憧れの小瓶ぶら下げ収納を…

 

Step50

BEFORE

小瓶(風邪薬の瓶です)のフタにクギなどで穴をあけます。

 

Step51

BEFORE

ビスでフタを板に固定します。
ビスのサイズによっては、板に下穴をあけることをおすすめします。

Step52

BEFORE

手持ちの小瓶のフタ、たくさんつけてみました。
まだ増やせますね♪

 

Step53

BEFORE

フタはやはり元のままでは目立つので、黒板塗料を塗りました。
小瓶には細かいフックやクギ、セリアで売ってる小さな蝶番なんかを入れてます。
DIY誌でみかけて、やってみたかったんです( *´艸`)

 

Step54

BEFORE

完成です!!

Step55

BEFORE

まだスペースがあるので、あとからフックを取り付ければ、すぐに取り出したい道具を見やすく収納することが出来ます。
右上、サドルバンドを取り付け、ゴーグルをさげてみたり♪
少しずつ、増えていくと思います。
作業中、片手で木をおさえていてあまり動けない状態で道具が欲しい時も、手を伸ばせば取れますし、「取って!」と誰かに頼めばすぐに見つけてもらえます。
作ったからには…
今のところキチンと元の位置に戻してますよ(゚∀゚)b

 

Step56

no image

上部は板壁でなく「有孔ボード」でもよさそうですね。
スチールラックでなく、木製のラックでもいいし、お好みで~♪

画像と解説が、部分的にでも、何かのヒントになれば嬉しいデス。

この作品にまつわるストーリー

DIYをはじめてから、年数や作ったものが増えていくにつれ、道具も増えていきました。
『使ったらすぐに元に戻す…』
単純なことですが、苦手なヒトには大変なことです。
ちょっと使って、また使うからとポンと置く…。
そんなことをしていたら、使いたいものが見つからない。
山の下の方にあって絡まって取れない…
チョイ置きした山の中からやっと見つけ出し作業に戻る。
なんと効率の悪いこと。
ずっと気になってた私自身の行動ではあるのですが、道具をもっと片付けやすく、見つけやすくなるようなものを作れないかな…。
なるべくお金をかけずにね(モットーです)。
使わなくなったすのこなんかも組み込んで、お金をかけ過ぎずに、片付けたくなるお片付けスペースを完成させるべく製作開始。
使いたいものがすぐに見つかり、そして元へ戻したくなるような工夫…。
やってみたかった小瓶収納も取り入れ、他に道具が増えたとしても、見やすく取り出しやすい・片付けやすい、木材がベースだからレイアウトも変更できる、そんな収納が完成しました。
省スペースだし、キャスターも付いているので移動もできるし、塗料などを乗せているのが重しになり、ひっくり返ることもありません。
今のところ、道具が行方不明になることなく、作業効率も上がった気がします。
工作意欲もアップかも( *´艸`)

この作品をみた人閲覧数 319 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title 押し入れを棚に改造計画...
内容 あまり上手に使うことができていなかった押し入れを、子どもたちの服などを効率よく収納できるように棚に改造しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 よっしーさん
Title おぼんをスッキリ収納!...
内容 キッチンカウンターの上にいつも立ててあったお盆。 目障りだし倒れるし、、なんかいい収納方法はないもんかと考えに考えて閃きました(´ー`) そうだ!立てるのをやめよう♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 alicecarrollさん
Title 隙間収納リメイク...
内容 大昔に買った隙間収納の一部をリメイク。 とっても素敵な小引出に蘇りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 alicecarrollさん
Title 冷蔵庫の上置き...
内容 冷蔵庫上の600四方のスペースに上置きを作成設置。

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 女の子ママ必見 見せる...
内容 娘ももうすぐ1歳。親の欲目もありますが日に日に可愛くなってきました(笑) 女の子ということもあり、お洒落を少し意識してきたのでヘアクリップを作ろうと思い、収納も考えて作ってみました('ω')

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 laicoさん
Title 壁掛け棚 廃材&10...
内容 廃材のスノコや100均で買ったモノだけで、壁掛けの棚を作ってみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 Brunjuさん
Title 玄関収納パーテーション...
内容 以前カーテンを作って目隠しした玄関収納場。 でも いかにも隠してます・・・が気になって、ぷちDIYを決行しました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 hrcさん
Title 空き箱で すっきりケー...
内容 やたらと多いオーディオのケーブルが、ごちゃごちゃとしている上にホコリだらけで気になっていました。丁度良い材料があったので、簡単に作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 neige+yyyさん
Title ハンディークリーナーを...
内容 子供たちが食べこぼしたパン屑や他のちょっとした掃除に便利なハンディークリーナー。 丸見えでしかも目立つので隠してみました。 端材利用ですのでちょっと見えちゃいますけど、ぐんと目立たなくなりました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title Cafe風ブックワゴン...
内容 図書館で借りた本を忘れないようにバッグごと入れておくものが欲しくて、見た目もカッコイイブックワゴンを考案してみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop