あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



nanosize さん

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
出産後、家にいる時間が増えてインテリアへの興味が深まったため。

いつかやってみたいDIY・手づくり
庭造り

ひとこと
作ることが好きです。

壁に開いた穴をオシャレに補修♪
この作品をみた人閲覧数 851

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

ドアノブが当たって壁に穴が開いてしまっていたので、穴を補修しつつ、壁をオシャレに変身させてみました。
作者: nanosizeさん
カテゴリー:壁・窓・天井

主な材料

  • 鉄板
  • 釘(プリントボード釘)
  • 塗料

主な道具

  • メジャー
  • 金槌
  • 下地探し器
  • 鉛筆
  • ダボ
  • パーツクリーナー
  • ボロギレ

Step1

BEFORE

ドアノブが壁に当たって、壁に穴ができてしまっていました。

 

Step2

BEFORE

家を建てたときにサンプルでもらっていたクロスがあったので穴をふさぐように張っていましたが、薄いクロス一枚なので、またドアノブが当たってしまい穴が開いてしまいました。

 

Step3

BEFORE

子供が勢いよくドアを開けることがあるので、ドアストッパーが付いていてもこのようにドアノブが壁に当たってしまうことがあるようです。。
きれいに直すには業者にお願いするしかないかな?直してもドアノブが当たったらまた穴が開いてしまいそうだしどうしようかな・・・そう思っていたとき。

Step4

BEFORE

画像の赤い線で囲んだ部分に補強するものを上から張ってしまえばいいかも!というアイディアが浮かびました。

 

Step5

BEFORE

近くの鉄工所に鉄板の半端材があり、それをいただけることになったので、鉄板を使うことにしました。

 

Step6

BEFORE

鉄板の寸法を決める前に、穴から手を入れて、壁の内側にある貫の位置を確かめます。穴の10センチほど上に貫があることが分かりました。
貫がある位置に釘を打って固定するためです。
貫のないところは薄いプラスターボードだけなので釘がすぐに抜けてしまいます。

Step7

BEFORE

鉄板の端材の巾は約20cmほどだったので長さを壁の巾に合わせてカットしてもらいました。
(ついでにロゴも入れてもらうことにしました^^)

 

Step8

BEFORE

鉄板の釘を打つ位置に穴もあけてもらいました。
※今回は鉄板を使用していますが、合板などを使ってもいいと思います。
合板などであればカットや穴あけも自分で自宅でできると思います^^

 

Step9

BEFORE

家にあったパーツクリーナーを使って鉄板の表面についている油とります。
パーツクリーナーを鉄板につけてすぐにボロギレでふき取ります。
その後、鉄板用のスプレー塗装で3回に分けてミルキーホワイト色にペイントしました。

Step10

BEFORE

ペイントは外でしましたが、乾かすときは室内がよいです。(新聞紙をひいて)
外で乾かすと砂埃や虫などが付いてしまうことがあるためです。

 

Step11

BEFORE

鉄板を張る前に、補修で上から張っていたクロスをはがしておきます。
できるだけフラットにしておいたほうが良いためです。

 

Step12

BEFORE

取り付ける前に下地探し器を使って貫と柱の位置を再確認しました。

Step13

BEFORE

画像の赤い部分に貫、青い部分に柱があることが再確認できました。
貫と柱のあるところに釘どめできるよう、鉄板を張る位置を決め、鉛筆で印をつけます。

 

Step14

BEFORE

鉄板を張る位置が左右同じ高さになるよう鉛筆で印をつけます。

 

Step15

BEFORE

印に合わせて鉄板を固定し、釘を打っていきます。
まず最初は真ん中に釘を打ちます。
真ん中を最初に固定するのは、そのあと鉄板を押さえなくてもよくなるのと、左右の水平を確認しやすくするためです。

Step16

BEFORE

釘は目立たないように鉄板と同じ色のプリントボード釘を使用しました。

 

Step17

BEFORE

釘を打ち込むときの注意点は、最後まで一気に金槌で打ち込まないことです。
鉄板に金槌の打ち込み跡を残さないようにするためです。
8割ほど釘を打ったところでいったん手を止めて・・・

 

Step18

BEFORE

釘にダボを当ててダボの上から金槌で最後まで打ち付けます。
ダボのほかに小さな木片などでも代用できます。

Step19

BEFORE

そうすると釘の周りに金槌跡が付かず、きれいに仕上がります。

 

Step20

BEFORE

真ん中の釘1本を打ったら、メジャーで左右の高さを確認し、水平を調整します。

 

Step21

BEFORE

水平が確認できたら、他の穴にも釘を打っていきます。
同様にダボをあて仕上げの打ち付けをします。

Step22

BEFORE

鉄板の上部5箇所と左右それぞれもう1箇所ずつの計7箇所で釘止めしました。
鉄板の下の部分は貫がないので釘うちはしていませんが7箇所で十分しっかりと留めることができました。

 

Step23

BEFORE

これで勢い余ってドアノブが壁に当たっても、穴があくことはないと思います^^

 

Step24

BEFORE

仕上がり。
腰板のような雰囲気もあり。補修&補強しながらインテリアとしても変化があって面白いDIYとなりました。

Step25

BEFORE

少し引いた写真。
右側のドアの右の壁にも同様に鉄板を張って統一感を出すのも面白いかなと思っています。

この作品にまつわるストーリー

子供たちが勢いよくドアを開けてしまうことがあり、つけやきばで補修してきましたが繰り返し穴が開いてしまって困っていました。
壁に穴が開いたときの補修方法のひとつとして参考になれば幸いです。
補強も兼ねているので一石二鳥だと思います♪
今回は鉄板を使用しましたが、合板などを使うのもオシャレだと思います。
合板であれば手に入りやすく扱いやすいので、チャレンジしやすいのではないかなと思います。

この作品をみた人閲覧数 851 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 omomo+emoさん
Title リビングのカーテン模様...
内容 窓枠をブルーグレーに塗って、カーテンレールも付け替えて『パネルカーテン風』にしてみました~。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 :JILL:さん
Title 小さな飾り棚をつけまし...
内容 端材をカットして手持ちの水性塗料を塗って、リビングの一画に小さな飾り棚を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 はは0333さん
Title キッチンにもラダーラッ...
内容 キッチンの微妙な場所に置けて、いろいろ引っかけられるラダーラックを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 +totoro+さん
Title 板壁&5連フック***...
内容 板をカットして片面だけ塗って両面テープでとめました。その上に、雑貨屋さんで買った5連フックもつけましたよ。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 miyaFleurさん
Title おんぼろ窓枠を大変身!...
内容 飾り棚 兼 収納棚をつくったり新しい窓枠をつくったりして、古い和室の窓を大変身させました~!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 komichiさん
Title 白い棚受けで棚を設置...
内容 ワトコオイルを塗ったSPF材の1×6と白い棚受けを使って、リビングとキッチンの間の壁に棚を設置しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 omomo+emoさん
Title ダイニングの板壁を塗装...
内容 黄色だったダイニングの板壁を、こげ茶に塗り替えました~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 omomo+emoさん
Title ワインレッドの窓枠をD...
内容 アンティークのガラスをはめ込んだ、網戸 兼 窓枠を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 小福さん
Title 玄関入口を学校の廊下の...
内容 玄関入ってすぐの廊下の壁に、オイルステインを塗った腰壁を貼って、上の壁をグリーンにペイントして子供たちの作品を飾る場所に・・・。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ぴっころさん
Title 天蓋を取り付ける...
内容 ベッドの上に天蓋を取り付けてみました。 途中で失敗した箇所の修復工程も載せています☆

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop