あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

簡単DIY 工具は一切なし!存在感抜群!ティッシュボックス
この作品をみた人閲覧数 267

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

生活には欠かせないティッシュ
子どもがよく使うので出しっぱなしな日々。
それだけに生活感満載でちょっと残念な印象でした。
セリアでティッシュの木箱を見つけたのでパパッと自分好みに仕上げちゃいました♪
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • セリアの木製ティッシュ箱
  • 工作棒
  • グルースティック
  • ラインストーン
  • お好みの色の塗料
  • (今回はブラウン・ブラック・ピスタチオグリーン使用)

主な道具

  • シリコンモールド型
  • ミッチャクロンマルチ
  • グルーガン
  • マスキングテープ
  • クッキングシート
  • アイロン
  • カッター
  • ボンド
  • つまようじ
  • 接着剤(今回はウルトラ多用途スーパーSU使用)
  • やすり
  • パテ(または木粉粘土)

Step1

BEFORE

今回使用したセリアのティッシュ箱です。
取り出し口の底がスライド式になっている木製の製品です。
木に厚みはないので軽く、リメイクするにはうってつけの素材です♪

 

Step2

BEFORE

まず、飾りの作成をします。
今回はお手軽に型を使ってモールドを作ります。
これはネットで購入したものです。シリコン製なので熱に強く、取り外しも簡単なのでおすすめです。主にキャンドルを作る方などが使用しているものですね。
何度も繰り返し使える上に、案外、安価なので買っておくと作品がワンランクアップしますよ♪
これでお手軽にグルーを利用して飾りを作ります。

 

Step3

BEFORE

型に流し込んだところです。
この段階での凸凹は気にしなくても大丈夫です。
それよりは、空気が入って気泡が飾りの表面に出てこないほうが大切なので、一気にグルーを流し込むよりはゆっくり丁寧に流し込んだほうがいいです。

Step4

BEFORE

グルーを流し終えたところで、型にクッキングシートをかぶせます。
ここでアイロンが登場です。クッキングシートの上から高温でアイロンをかけます。

 

Step5

BEFORE

ちょっと見えずらいかもしれませんが、凸凹で余分に盛り上がった個所が写真のように型からはみ出て飾りの裏面が綺麗に平らになった様子がわかると思います。
ここで大事なのが【十分に冷ましてからクッキングシートを剥がすこと】です。
じゃないとグルーが完全に固まっておらず、クッキングシートに中途半端にくっついてしまいます。

 

Step6

BEFORE

グルーが冷めた後、クッキングシートを剥がしたところです。
凸凹がなくきれいな裏面になりました。

Step7

BEFORE

シリコンの方なので柔らかく、簡単に飾りが取り外せます。
ただ、このままでは飾りの周りのバリが邪魔なのでそれを取り除いていきます。
また、アイロンをかけたことによりバリも1~2㎜と薄く、爪でも簡単に取り除けます。

 

Step8

BEFORE

バリを剥がしたところです。ちなみにこれは爪のみで剥がしました。
より丁寧な仕上がりにしたい方は先の細いハサミやデザインナイフなど使うといいと思います。
これで飾りの準備はできました。

 

Step9

BEFORE

次に、工作棒を使い箱を引き立てていこうと思います。
これは去年ダイソーで購入した工作棒です。(今も取り扱っているとよいのですが;)
ダイソーになくても、ホームセンターには工作棒は売っていると思うので厚みが3mm程のものなら悪目立ちせずティッシュ箱には使いやすいと思います。

Step10

BEFORE

ティッシュ箱の側面の長い面に工作棒を当ててカットする箇所にアタリを付けます。
この時、長さを側面ピッタシにせずに工作棒の厚み二つ分足してください。
逆に、短いほうの側面は長さをピッタシにアタリをつけてください。

 

Step11

BEFORE

アタリをつけたところでカットします。
薄いのでカッターで簡単にカットできます。

 

Step12

BEFORE

工作棒をボンドで側面の下側に貼り付けます。

Step13

BEFORE

ティッシュ入れ口のスライドの箇所は貼り付け面積が狭いので気を付けてください。
ボンドが多いとティッシュ箱本体にくっついてティッシュが仕舞えなくなってしまいます。

 

Step14

BEFORE

工作棒が薄いのでボンドの水分で反って張り付いてしまうといけないのでマスキングテープなどでしっかり固定します。
(なので工程13はボンドの量に気をつけなきゃいけないのです。)

 

Step15

BEFORE

乾くのを待つ間にその他装飾を進めます。
次はラインストーンを貼り付けます。

Step16

BEFORE

粘度のある接着剤なので爪楊枝で少し取ってティッシュ口周りに塗ります。
塗っては貼って塗っては貼っての繰り返しです。
(貼り付けるのに時間がかかるので一気に接着剤を塗るのは乾くことを考えると逆に手間になるのであまりお勧めしません。)

 

Step17

BEFORE

ラインストーンを貼り付け終わったところです。
上から色を塗るので、ラインストーンの色は特に気にしなくて大丈夫です。

 

Step18

BEFORE

次にモールドも同接着剤で貼り付けます。
グルーもシリコン同様柔らかい素材なのでカーブをつけて貼ることにしました。
なので、ずれない様マスキングテープでしっかり固定します。

Step19

BEFORE

ティッシュ箱側面にもモールドを貼り付けます。
左右対称にしたいので、しっかり位置を決めて貼り付ける目印としてアタリをつけます。

 

Step20

BEFORE

この様に貼り付けれました。

 

Step21

BEFORE

ボンドと接着剤がしっかり乾いたところでマスキングテープなどはがします。
これでベースは完成です。

Step22

BEFORE

出来をワンランクアップするとしたらカット面や貼り付け面の処理です。
手作業だとこの様に、角などが雑になりがち・・・

 

Step23

BEFORE

凸ならやすりがけ。凹ならパテやボンドを混ぜた粘土で埋めてからやすりがけ。
今回は凹んでいたので粘土で埋めてやすり掛けしました。

 

Step24

BEFORE

次に、塗料がしっかりと付くように飾りに下地をつけます。
ミッチャクロンマルチスプレーを飾りに吹き付けます。

Step25

BEFORE

乾いたらお好みの色を塗ります。
今回は下地の色にブラックとブラウンをのせました。

 

Step26

BEFORE

先ほどの色が乾いたところでメインとなる色を塗ります。
今回はピスタチオグリーンにしてみました。

 

Step27

BEFORE

ここではべた塗よりも雑な塗り方が下地の色が見え隠れして古っぽさがでます。

Step28

BEFORE

次はエイジングです。
荒めのやすりとエイジング塗料(アンティークリキッド)を使いました。
アンティークリキッドは水性なので後処理が楽なのもあり、油性と違い気楽に使用できる優れものだったりします。

 

Step29

BEFORE

アンティークリキッドは綺麗な筆より使い古した筆のほうが、色のノリにムラが出て味が出る仕上がりになります。

 

Step30

BEFORE

擦れを意識してエイジングをしました。
まず、未使用品には見えない仕上がりだと思います(笑)
乾いたら完成です。

Step31

BEFORE

部屋の一角スペースでこの様に鮮やかなデザインのティッシュ箱。
うーん残念すぎる。。

 

Step32

BEFORE

箱が変わるだけでこんなにも印象が変わりました。

 

Step33

BEFORE

小さいながらも存在感ははっきりと。
お気に入りのアイテムになりそうです(^^♪

この作品にまつわるストーリー

ティッシュ。子どもがほんとによく使います。
園通いが始まり、風邪も頻繁にひいているので鼻をかんだりするのもあり
常に出しっぱなしに…普段は仕舞い使うたびに出すスタイルはまず無理な感じです((+_+))
ということで、常々ティッシュボックス作りたいなぁと頭にありました。

まず軽い素材が前提で…SPFは厚いし重いしで不向きだし…ティッシュ口はどう切り抜こう…こんなことを考えている矢先にセリアにて見つけたティッシュ箱。
これはやるしかない!!と買ってパパッと仕上げちゃいました(笑)

各部屋のイメージに合わせて色んなスタイルにリメイクできそうだし、また買って作っちゃうと思います( *´艸`)夫の部屋はヘリンボーン柄とかいいなぁとか。
季節が季節なら子どもの夏休みの工作にもいい素材ですよね!

県外に引っ越して生活に慣れるのが中心だったのでDIYは半年以上ははお休みしてました。
ちょっとしたリハビリ感覚で小物から作り始めました(^^)/
丁度テーマにあったコンテストだったのでこちらも久しぶりに投稿してみました♪

この作品をみた人閲覧数 267 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 burubon。さん
Title 男前テイストなTVボー...
内容 市販品のTVボードの表面にベニヤ板を貼りつけて、男前テイストのTVボードにリメイクしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title 洗面所のスキマ収納をD...
内容 狭小洗面所をセルフリフォームしていて、生活感のあるアイテムを収納するのに、 隙間に収納できるワゴンを簡単DIY0(o´3`o)0

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title トイレにウォールステッ...
内容 トイレが少し寂しいかな~ってことで、ウォールステッカーを張ることに。ウォールステッカーって結構高かったり・・。色々探してみるとLLサイズのウォールステッカーで安いのを見つけたので貼ってみました^^

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title トイレに収納棚を設置...
内容 トイレの正面に棚を作ってたんだけど、換気扇があって、カーテンをしちゃうと 換気扇の意味を果たさない・・・ってことで、トイレタンクの裏に新たに棚を作ることに・・・。 うちは、トイレの中に柱があって、右奥に柱が出てるお蔭で、タンクの後ろに 25㎝くらい隙間があったんで、そこに設置。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title 100均のスノコとBO...
内容 デコに使ってるのも100均のボタンです。 安く作れて、見た目もまずまずかな?

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 burubon。さん
Title 廃材利用で簡単ラダー...
内容 ずっと作業部屋に置かれていたベビーベッドの柵。。。いつか使うだろうと思っていたんですが、なかなか使わなくって・・・(^_^;)思い切って、少し手を加えてラダーにしてみました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 coco.tsubakiさん
Title 引き戸の簡単リメイク...
内容 寝室の引き戸に糊付き壁紙を貼って壁と一体感をだしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 GRさん
Title ベーシックなシューズボ...
内容 何の変哲もない安価でベーシックなシューズボックスにちょっと手を加えてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 uguisuさん
Title 古い電話台のリメイク...
内容 15年ほど使っていた、なんとも中途半端な電話台。 ナチュラルな雰囲気にリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ★モモ★さん
Title 割れたキャビネットの扉...
内容 勢い良く閉めたために割れてしまったキャビネットのガラス扉。 簡単に、安全なものに、交換しました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop