あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



ノリエ さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
猫が好きで猫グッズを作り始める→
作った猫たちの家具や家を作りたくてドールハウスを作る→
ドールハウスを作っているうちに、築20年であちこち気になっている家を何とか出来そうな気がして、家のリフォームを始める。

いつかやってみたいDIY・手づくり
猫と楽しく暮らせる家を作っていきたいです。

ひとこと
猫と手作りが好きで、CatCraftALICEという名前で猫グッズの制作活動をしています。
今まで猫が主役の小さな世界を作っていましたが、家のリフォームに取り組み始めて、小さな物も、大きな物も、作る楽しさは同じだと感じています。

収納ベンチの作り方
この作品をみた人閲覧数 2,543

BEFORE

BEFORE

AFTER

BEFORE

飲食店をはじめる友人に頼まれてたっぷり収納できる大きなベンチを3つ作りました。
作者: ノリエさん
カテゴリー:収納・片づけ・暮らし

主な材料

  • 木材
  • 水性ニス

主な道具

  • 丸ノコ
  • ジグソー
  • ドリルドライバー
  • はけ
  • コーナークランプ 

Step1

BEFORE

矢印の所に収納できるベンチを作ります。
開店準備中ということもあり、ビフォーの写真が荷物を置いているものしかありませんが雰囲気はわかるでしょうか。

 

Step2

BEFORE

枠板はホームセンターでカットしてもらいました。

 

Step3

BEFORE

角材で枠を作ります。

Step4

BEFORE

枠を作る際、コーナークランプで固定してからビス止め

 

Step5

BEFORE

枠と枠をつなぐための板をビスで固定。
コーナークランプを使うと直角がきっちり出るし作業しやすいしやすいです。

 

Step6

BEFORE

枠と枠を4本の角材でつないで箱型になりました。

同じものを2個作ります。小ぶりなベンチなら1個で良いですが、2メートルと大きなベンチなので、これを2個つなげて作ります。

Step7

BEFORE

補強のの板ビス止めします。

この板は最初は入れる予定はなかったのですが、作っててみて補強の板があったほうが良い気がして入れました。

 

Step8

BEFORE

2つな枠をつなげます。矢印の所に板を入れてビス止めすることで2つが接続されます。

この板は強度を出すための補強も兼ねています。

 

Step9

BEFORE

背板をビス止めします。

Step10

BEFORE

底と背面は目立たないので安価な針葉樹合板を使います。こちらもホームセンターでカットしてもらいました。

 

Step11

BEFORE

底板です。
補強板を避けるためにジグソーでカット。ジグソーで直角に切るのは難しいので、最初にカーブをつけてカットしてから角をカットしました。

 

Step12

BEFORE

カットした底板を、

Step13

BEFORE

枠にはめ込んでビス止め

 

Step14

BEFORE

前面と側面にはこんな感じでの板貼っていきます。

 

Step15

BEFORE

同じサイズの板が沢山必要なので、丸ノコ用のガイドを作りました。

Step16

BEFORE

カットする板の上にカパッと乗せて、

 

Step17

BEFORE

上に乗せたガイド板にそって切ると、いちいち測らなくても同じサイズの板が切れる仕組みです。

 

Step18

BEFORE

ガイドは板2枚をビス止めしただけの簡単なものですが、ガイドがあると測る手間がいらないのでサクサク作業できて快適です。

Step19

BEFORE

カットした板を枠に、

 

Step20

BEFORE

ビス止めしました。

 

Step21

BEFORE

フタを準備します。
フタはパイン集成材をホームセンターでカットしてもらいましたが実は長さが足りません。ベンチのサイズが190センチで、一般的な182センチの板では足りないのです。

Step22

BEFORE

それより長い板は割高なので足りない分は木を継ぎ足します。

同じ木のカットして余ったところを使ってビス止めします。

 

Step23

BEFORE

ちょっとしたアクセントになってかえってよかったかも。

 

Step24

BEFORE

次は塗装。
水性ニスを使います。

Step25

BEFORE

本体を塗装したところ。

 

Step26

BEFORE

フタの塗装終了。

ベンチを置く場所が腰壁なので、腰壁の色と同じような色を塗りました。

 

Step27

BEFORE

次はフタのとりつけです。

細長い板を奥側(矢印の所)にビスで固定。

Step28

BEFORE

そこに蝶番でフタを取り付けます。

 

Step29

BEFORE

蝶番は3箇所止めました。

 

Step30

BEFORE

これで完成です。

Step31

BEFORE

同じものを3つ作って、画像のようにL字型に配置しました。

 

Step32

BEFORE

別の角度から見たところ。

 

Step33

BEFORE

フタを開けるとこんな感じ。

たっぷり収納できます。

この作品にまつわるストーリー

友人が飲食店を開業するにあたり収納できるベンチを頼まれて、
2メートルくらいのベンチを3個作りました。
(3個同時進行で作ったのでStepの写真は3個のベンチが混在しています。
サイズが多少違いますが基本的な作り方は同じです)

けっこうな大きさなので全部作ってしまうと運べなくなってしまうので、
2つに分けて運べるようにして、
できる所は家で作業して、合体させる所からは現場で作業しました。

店舗に持って行って作業を始めて、
自分の家だと座る人もだいたい予想がつくけど、
店舗なのでもしかしたらものすごい体の大きな男性4人が座ることもあるのかも、と思い、
強度を出すために補強のの板入れました。

ベンチを置く場所が腰壁になっていたので、
ベンチの色は腰壁と同じような色にしました。
パッと見ると腰壁がベンチの背もたれっぽく見えてよかったと思います。
柱の間にぴったりはまるように作ったので、
なんとなく作り付けの家具っぽい雰囲気になりました。

家で使う家具はちょっとくらい歪んでても手作りの味よね〜〜と、
かなりラフに作っているのですけど、
飲食店でお客様が使うということを考えて、
できるだけきっちり作るように心がけました。

例えば、普段は四角い枠を組むときも
ただ手で押さえるだけでビス止めしちゃうのですが、
コーナークランプを使ったほうが直角がきっちりですので、
四角く組む所はコーナークランプで固定して作業しました。
その成果なのか、ガタつきがないしっかりしたものが出来上がりました。
お店で使うという緊張感を持って作るのは初めてのことで、
良い経験になりました。

この作品をみた人閲覧数 2,543 2 1
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 どんべいさん
Title 本棚...
内容 ちょっと変わった棚です!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 nokonoko17さん
Title 昭和な押入れをクローゼ...
内容 和室にある昭和な感じの押入れを衣装ケースとステンパイプでクローゼットにしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title ハケの処理...
内容 刷毛の処理方法

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title 刷毛の後始末用に 新聞...
内容 刷毛をシゴク時に使う新聞紙を使いやすくまとめました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title 糊ボックス...
内容 古紙を貼り付けるのに道具をまとめる箱を作りました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 天然木の錬金術師さん
Title 開閉式の書類入れ(A4...
内容 長女のお友達のお母さんに頼まれました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title ワインラック...
内容 ワインラックを作りたくて やってみました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title ワイン&ワイングラス...
内容 ワインがすきなので~ こんなのが欲しかったので~ 作っちゃいました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title ネジトレー...
内容 を多く使うので~ トレーを作りました!どちらかと言うとおかもち??

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 どんべいさん
Title アウトレットBOX...
内容 コンセント周りが気になったので~

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop