あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



PMA-5 さん

プロフィール

  • 性別:男性
  • 年齢:40代
  • 住所:
  • 職業:
  • 性格:
  • Blog:
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
建売住宅を購入したのですが、
わかってはいましたが、生活してみると
「なんか違うなぁ。不便だなぁ。」
と感じることが出てきて。

賃貸に住んでいた頃から、
トイレの便座をウォシュレットに交換したり、
食洗器用の分岐水栓をつけたり、
くらいはやっておりましたが、
建売住宅購入後は木工にもトライしてみております。

中学の授業以来ノコギリを持ったことがなく、
少しづつ道具も買いつつ、手さぐりでやっております。

いつかやってみたいDIY・手づくり
最近、お試しで安い鉋を買ってみたのですが、
よくわからず、いまいちしっくりきておりません。

DIYレベルでカンナやら鑿やら扱えるようになれたらと思っております。

小屋裏収納を作りたいと、何度か屋根裏にのぼってみてますが、
いまいちふみきれていません。

ひとこと
DIYを始めてから、第二種電気工事士の資格を取得しました。

自転車が好きです。
シフトワイヤーの交換、チェーンの交換など
ちょこっとしたメンテナンスはDIYでやってみています。

趣味でバンドをやっていたことがあり、
楽器系も好きです。

Room Clip No.2470285

複数の石膏ボード片を使って壁の穴を補修
この作品をみた人閲覧数 601

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

開いてしまった壁の穴。
ポスターを貼って隠していましたが、
ポスターよりマシになれば~、
ということでなんとなくの壁穴補修を試みました。
ちなみにあまり上手くは出来ませんでした。半分失敗例として。
作者: PMA-5さん
カテゴリー:壁・窓・天井

主な材料

  • 板の端材(厚み20mm、幅40mm、長さ1200mmくらい)
  • 石膏ボードの端材(厚み9.5mm、幅85mm、長さ910mm)
  • ビス(数本)
  • パテ
  • 補修用壁紙(粘着タイプ)

主な道具

  • コンベックス(メジャー)
  • 直定規
  • ノギス
  • マスカー
  • 養生テープ
  • 水平器
  • カッター
  • ボードのこ
  • 電動ドリルドライバー or 手回しプラスドライバー
  • 紙ヤスリ(番手は適当)
  • プライヤー(ウォーターポンププライヤー)
  • 作業用の手袋
  • プラスドライバービット(No.2)
  • ドリルビット(3mm径 下穴開け用に)

Step1

BEFORE

なにやら不自然に貼ってあるポスター。

 

Step2

BEFORE

はがしてみると・・・
ありがちですが、壁に開いた穴。

というわけで、
穴が開いてしまった石膏ボードの補修にトライしてみました。

はじめに記載しておきますが、
今回の補修、『穴をふさぐ』という目的は達成出来ておりますが、見栄え的にはあまり上手に出来ておりません。
むしろ失敗例に近いと思います。
特徴は、一枚の石膏ボードでは無く、石膏ボード片を3枚使用して穴埋めした点で、
その段差等のパテ埋めが上手に出来ず、壁紙を貼った後もボコボコしてしまいました。

そちらを踏まえて、ご参照頂ければと思います。

 

Step3

BEFORE

穴部分の石膏ボードを外しました。
もうくっついていなかったので(当たり前か)
ただ手で取り外しただけです。
穴の奥に、筋交いらしき木材が見えます。

Step4

BEFORE

穴の大きさを測ってみます。
使っているのは100円ショップで買った直定規です。

縦、約26cm

 

Step5

BEFORE

穴の境目あたりを触ってみて、
壁紙は残っているけれど、裏の石膏ボードはボロボロとなってしまっている所もあり、
そういう箇所は穴の一部とみなして、
やや広めに計測しました。
横、約21cm

 

Step6

BEFORE

石膏ボードはとにかく粉が出ますので、
あらかじめ『マスカー』で養生します。
特に今回は穴の真下にコンセントがありますので養生しときます。

マスカーは貼っても後で剥がしやすいテープにビニールがついているものです。
どこのホームセンターでもそこそこお手頃な価格で売っています。

Step7

BEFORE

マスカーのテープをビーーっと貼って、端をカット、
剥がれてこないよう、
右端にさらに養生テープを貼ったところです。

ビニール部分は折りたたまれているので、
ここから手前にコロコロ引っ張ってビニールを広げていきます。

 

Step8

BEFORE

ビニール部分を広げた所です。

ちらっとネットを検索してみたところ、穴が小さい場合は、
①パテが乗りやすいようにそれ用のテープを貼る
②その上にパテを塗る
③その上から壁紙を貼る
という方法もあるみたいですが、
今回は穴が大きすぎたので、
穴より大きめに、四角く石膏ボードを切り取った上で、
塞ぎ用の石膏ボードをはめ込みたいと思います。

 

Step9

BEFORE

カッターを使って
まずは表面の壁紙部分のみを先に四角く切り取ることにしました。

そのための下書きとして、鉛筆で線を引きますが、最終的にはカッターを使用してカットする際のガイドにも使いたいので、金属でできた直定規を使います。
通常はここまでする必要は無いと思いますが、
私は水平に近い感じてカットしたかったので、水平器をあてがって、水平を調べました。

Step10

BEFORE

知っている方には釈迦に説法ですが念のため書きますと、
この写真の場合、水平器の上のほうの黄色部分を見ます。
正面から見て、気泡が縦線の間に入っていれば水平に近いです。
中でも気泡がなるべく真ん中に来る方がより良いです。

私が今回使用したのは電気工事用の水平器で、コンセントを設置する際や、スイッチを設置する際に、使いやすいサイズになっています。

なるべく水平に近くしたかっただけなので、どんな水平器でも構いません。
というか、ここまでする必要も無く、ただの私の好みです。

 

Step11

BEFORE

縦も同じようにやって角度を決め、
切り取る線の下書きを鉛筆で描きました。

 

Step12

BEFORE

四隅の線書きが終わりました。

Step13

BEFORE

カッターを使ってまずは石膏ボードの表面の壁紙だけをカットして剥がします。

 

Step14

BEFORE

画像からはわかりにくいですが、カッターで切り込みを入れました。

どうせこの後の工程で後ろの石膏ボードも切り取る訳なので、強めに刃を入れてもかまいません。

 

Step15

BEFORE

剥がすために端っこだけめくりあげました。

Step16

BEFORE

カッターで切れていない箇所があると、
そのままビリビリと、四角の外の壁紙まで剥がしてしまいかねないので、ゆっくり確かめながら剥がしました。

 

Step17

BEFORE

ペリペリと、簡単に剥がれました。

 

Step18

BEFORE

丁度、元の壁紙の切れ目が真ん中らへんにあったので、そこまでサクッと剥がれました。

残りの左側も同じように、ペリペリと剥がしました。

Step19

BEFORE

さて、今度は石膏ボードをカットしていきます。
ちょこっとやってみればわかりますが、石膏ボード自体は普通のカッターでも切断可能です。

『切る』

というより、何度もこすって

『削る』

というイメージです。

保護のために作業用の手袋をします。
私も経験ありますが、カッターでの

「想定外に勢い余って~」

はよくある話だと思います。

押さえている方の手が素手だと、後で後悔します。(涙)

 

Step20

BEFORE

途中経過。

途中からガイドの定規を当てていなくても、それなりに真っすぐ切れた感じがします。

 

Step21

BEFORE

上側と逆サイドも同様にカットします。

Step22

BEFORE

下側をやり始めましたが、
下側は裏に合板があり、作業しづらく、カッターではなかなかカットできなかったので、
専用の道具「ボードのこ」を使うことにしました。

引き廻しのこ、なんですが、
カッターのようにしまえるタイプです。

 

Step23

BEFORE

こんな風に、歯の目が粗い側と、細かい側の2面を持っています。

これを見てもわかると思いますが、
石膏ボードはやはり、
切るというよりは、

「ゴリゴリと削る」

感じです。

 

Step24

BEFORE

まず、ざっくりと上部を切り離しにかかります。
まずはボードのこを右側に切り進めることにしました。

Step25

BEFORE

ボードのこ After。
流石は専用の道具だけあって、
ゴリゴリと、あっという間に削れました。

 

Step26

BEFORE

同様に左側にも、刃を入れます。

 

Step27

BEFORE

サクッと切り取れました。

Step28

BEFORE

下側のボードのこでやったところの切り口をと、
他のカッターでやった面とを比較すると、
面の平らさ加減がだいぶ違うのがわかります。

 

Step29

BEFORE

下側の残っている箇所も、
まずは、ボードのこでやることにしました。

その後で、カッターでキレイに面ならしすれば良いかなと。

 

Step30

BEFORE

下側の残り、切り取れました。
切断面はガタガタです。

Step31

BEFORE

カッターで面を削って
平らにならします。

上と左右の面も
同じようにやれば早かったなぁと、後から思いましたが、後の祭り。

 

Step32

BEFORE

合板の真ん中らへんに、
過去の石膏ボードを固定したと思われる、
タッカーが留まっていました。

 

Step33

BEFORE

今回の補修にあたっては邪魔なので引っこ抜きます。

ペンチではなく、
ウォーターポンププライヤーを使用。
便利なやつです。

Step34

BEFORE

さて、四角く切り抜けましたので、
今一度サイズを測ります。
横、約24cm。

 

Step35

BEFORE

縦、約30cm。

 

Step36

BEFORE

そして、もともとあった石膏ボードの厚みをノギスで測りました。
約9.5mm。

これらを元に、補修用の材をホームセンターに調達に行きます。

Step37

BEFORE

補修用の材料をホームセンターに探しに行きました。
今回の場合、穴の下側に合板があり、穴の奥には筋交い(斜めに入れてある補強用の木材)と思われる木材があったので、
石膏ボードの固定に、少しだけそちらを利用することにしました。

さて、少しあれこれありまして、写真ある木材の端材と、石膏ボードの端材を格安で購入出来ました。
(購入の経緯は『この作品にまつわる話』を参照)

 

Step38

BEFORE

直接あてがってみて、
カットする長さをだいたいで決めました。

 

Step39

BEFORE

木材をノコギリでカットした後、
ビスを両サイドから1箇所づつ打って、コの字型にしました。

下地材なので、ある程度適当に。
ただ、後で石膏ボードを固定するので、表の面はなるべく段差無くツライチになるように心がけて、、、
(って私は出来ていませんが)

Step40

BEFORE

後ろに落ちないように気をつけながら、
仮置きしてみました。

 

Step41

BEFORE

下側にあった既設の合板に
ビスを斜め打ちして固定することにしました。
木割れを少しでも減らせたら良いなと思い、念のため下穴を開けました。

 

Step42

BEFORE

斜め打ち終わった所(その1)

Step43

BEFORE

斜め打ち終わった所(その2)
心なしか奥に寄ってしまった感がありますが、まぁ良しとします。

 

Step44

BEFORE

逆側も同様に、斜め打ちして下側の合板と固定しました。

 

Step45

BEFORE

今度は上側ですが、
丁度、斜めに筋交いが通っていました。
家の構造材なのであまり素人がいじくるのは気が引けますが、ちょこっとだけビス打って固定しました。
奥までビスを打って締め込むのでは無く、
ビスを使って手前側に突っ張るようなイメージです。

Step46

BEFORE

右下、
左下、
左上らへんをビス打ちした後の全体画像です。
右上はビスを打つところがなかったので、少し奥に向かって倒れるようになってしまっていますが、
微々たるものに見えたので、この時点では放っておきました。

 

Step47

BEFORE

さて、壁を塞ぐ用の石膏ボードを加工します。

細長い端材を使用することになった経緯は、
先述ですが『この作品にまつわる話』の通りです。
20円也。

 

Step48

BEFORE

カッターを使って3つに切断します。

Step49

BEFORE

地道に、カッターで何度も同じラインを切り込みます。
すると、じわじわと石膏ボードか削れてきます。

が、
途中で疲れてしまい、
ある程度削れてきたら折り曲げて、半ば折るように切断しました。

 

Step50

BEFORE

結果、表面はガタガタに。

 

Step51

BEFORE

カッターで表面をならしてキレイにします。

Step52

BEFORE

カッターで表面をならしたAfterです。
まぁそこそこキレイになりました。

 

Step53

BEFORE

とりあえずはめてみました。
なんか良い感じです。

 

Step54

BEFORE

同様にしてあと2枚作りました。
3枚目(真ん中)は横幅のサイズも調整してはめ込みました。

が、、、
やはり右上が少し奥に倒れてしまっています。

Step55

BEFORE

石膏ボードをはめてみた結果、右上らへんの倒れこみが気になるレベルでしたので、
仕方なく、新たに壁紙を少し剥がし、そこにビスを打って、下地用の木材を手前に引き寄せることにしました。

 

Step56

BEFORE

石膏ボードを挟んで、下地となる木材にビスを打つわけではありますが、
石膏ボードはビスでグリグリやるたすぐに削れてしまうので、慣れていない人はインパクトドライバーではなく、私みたいに電動ドリルドライバーを、もしくは、あえて手回しのドライバーを使用すると安心かも知れません。

 

Step57

BEFORE

上側を2箇所ビス打って手前に引き寄せた後、
右側も同様にビスを打って手前に引き寄せることにしました。

今回みたいに下側に合板が無かったりする場合は、
四角の4片全てこういった形で下地木材を固定すれば良いと思います。

Step58

BEFORE

右側のビス打ちAfter。

 

Step59

BEFORE

さて、いよいよ
今回穴埋め用に加工した石膏ボード3片を固定していきます。

ビスが回転すればするだけ、
手前の石膏ボードを削っていってしまうので、
ビスが入っていきやすいように、
私はわざわざ下穴を開けてからビスを打ちました。
まぁ、

『そこまでする必要あるの?』

という感じも無きにしもあらず。

 

Step60

BEFORE

右下のビス打ちAfter。

Step61

BEFORE

次に左の上下をビス打ち。
順番の決まりは別にありませんが、なんとなく周りから攻めることにしました。

 

Step62

BEFORE

ビス打ち終わり。
3片に分けたせいで、沢山打つ羽目になりました。

 

Step63

BEFORE

さてさて、
3枚の石膏ボードを並べたので、
隙間や段差が出来てしまっているため、パテで埋めてみようと思います。

Step64

BEFORE

パテに、小さなヘラが付いていたので、それで少量づつすくいました。

 

Step65

BEFORE

かなり適当にぬりぬりしました。
明らかに凹みがあったり、段差があるところを中心に。

 

Step66

BEFORE

石膏ボードの継ぎ目にもぬりぬり。

Step67

BEFORE

途中からわけがわからなくなり、塗りたくった図です。

果たしてこれで良かったのだろうか、、、
という疑問が残りつつ、1時間ほど放置して乾かしました。

後から思えば、
この時点でもパテを塗っていないところはまだやや凹んでいて、
本当は全体的にパテを塗る必要があったのではないかな、、、と思ったりします。

 

Step68

BEFORE

でこぼことしたところを、
サンドペーパーでならします。
サンドペーパーにパテが想像以上に付いて、
これまた、
これで正解なのだろうか、、、
と不安になりつつも、
なんとなく全体をならしました。

 

Step69

BEFORE

今回使用した、補修用の壁紙です。
ホームセンターの壁紙とか障子紙とかが売っているコーナーで見つけました。

元の壁となるべく似たような柄、似たような色を探しましたが、
あまり選択肢は多くありませんでした。

裏をはがせば貼りつけられる、粘着タイプのものを買いました。

Step70

BEFORE

ここで、補修用壁紙の説明を見たら、
補修する所より大きめに仮貼りして、
既存の壁紙と補修用の壁紙を重ねて一緒にカットせよとある。

そうすれば、
切り取った形=補修用の壁紙の形となり
余剰が発生しないということだった。

 

Step71

BEFORE

というわけで、
今既にカット済みのところより、
さらに大きめサイズで
補修用壁紙を重ねてまたカットせねばなりませんでした。

写真は、重ねてカットしたAfter。

 

Step72

BEFORE

さて、既存の壁紙と補修用の壁紙を重ねてカットし終えたので、
あとはなるべくしわが寄らないように貼って、
上からこすって圧着させました。

ローラーがあると良いみたいですが、
手元になかったので、
補修用の壁紙が巻かれていた厚紙の筒で、気持ち、コロコロ転がしておきました。

Step73

BEFORE

完成です。

と声を大にして言えないクオリティです。

明らかに石膏ボードのつなぎ目がわかります。
まぁ穴が開きっぱなしよりはマシという程度の結果になりました。

パテをもうちょっとうまく使いこなせれば、結果は変わったかも知れません。
石膏ボードを3枚継いで使用した穴埋めは、こんな感じでした。

おしまい。


この作品にまつわるストーリー

◆よくある石膏ボード壁の補修
今回、よくありそうな、石膏ボードの壁の穴補修にトライしました。
ネットを探せば、
補修方法を紹介してくれているサイトやブログもあると思いますが、
今回、中でも紹介・共有したいポイントは、

『石膏ボードを四角く切り取った穴に対して
一枚の石膏ボードでは無く、
複数枚の端材を貼り合わせて穴を塞いだ』

という点です。
要するに、材料をケチったわけなのですが、
その結果、貼り合わせた箇所などのデコボコがわかるような感じになってしまいました。
どちらかと言えば、失敗の部類だと思いました。

ただ、見映えや完成度をそこまで求めず、
何となく補修出来ればOKということであれば、
安く済んで、余りとなる材も少なく、アリかも知れません。


◆材料調達にまつわる話
補修用の材料(下地として入れる木材と穴を塞ぐ石膏ボード)
を探しに、ホームセンターへ行きました。
規模的にはそこそこの品揃えだと思います。

今回の補修箇所ですが、穴の下側に既設の合板があり、
更に、穴の奥側に筋交い(斜めに入れてある補強用の構造材)があったので、
石膏ボードの固定用の下地として木材を新たに購入した上で、
そちらを既設の合板や筋交いに固定しようと考えました。
更に、固定したその下地に、穴塞ぎ用の石膏ボードをビス固定しよう、という算段です。

ホームセンターで探した所、
正規のサイズでは無くなった端材のコーナーがあり、格安で売られていました。
(カットサービスをやっているホームセンターでは、わりと多いのでは)
木材は良さそうなものが30円で見つかりました。

問題は石膏ボード(プラスターボード)。
通称サブロク(3×6)と呼ばれる、横91cm×縦182cmくらい、
約畳一畳分のサイズでしか売っていませんでした。
必要なのは横24cm×縦30cm程度です。
そんなに大きなものは不要ですし、
そんなに壁の穴を補修の機会も無いので、材が余っても邪魔なだけ。
考えてしまいました。

石膏ボード自体は、9.5mm厚のものは
畳一畳分のサイズでも300円程度とバカ高いわけではありませんでしたが、

『余っても邪魔』
『かといってカットした残りを引き取ってもらうのも勿体無い』

というセコイ点で、しばし売り場で悩んでおりました。

ふと売り場を見ると、
端材コーナーではありませんでしたが、
石膏ボードの切れ端もいくつか置いてありました。
見た感じ、こちらは売り物にならず、処分を待っている感じがしました。
持ち歩いていたコンベックスで横幅を測ってみたところ、約8.5cmあったので、3分割すれば目的の穴が埋められそうです。
そこで店員さんに、

『この石膏ボードの端材を安く譲ってもらえませんか?』

とお願いしてみたところ、
20円という格安で売って頂くことが出来ました。
有り難く、ラッキーでした。

そういう経緯で、
3枚の石膏ボード片による穴埋めとあいなりました。


◆材料費
・下地となる板の端材 : 30円
・石膏ボードの端材  : 20円
・パテ :820円
・補修用壁紙 :540円
-------------------------------
1410円

この作品をみた人閲覧数 601 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 マタンマタンさん
Title ドアのリメイク...
内容 引き戸にビンテージの壁紙を貼って、モールディング等でおめかししてリメイクしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 マタンマタンさん
Title 内窓をDIY...
内容 『オーディオ金物』という金具を使い、開閉も取り外しもできる内窓を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ★モモ★さん
Title 壁に打ちつけない板壁...
内容 作業机前に板壁がほしくてDIY♪ 作業机は後々移動するかも…ってことで立てかけるだけの簡単板壁です。

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 ななちぃさん
Title 玄関に家型の可愛いニッ...
内容 玄関にニッチがずっと欲しく、壁紙貼る前にニッチ作りました! 普通の形じゃつまらないと思って、家型にしてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ha-ruさん
Title なんちゃってアイアンポ...
内容 購入すると高いアイアンポールを 丸い木材で作ってみましたぁ 見た目はわかりません!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 saya*さん
Title キッチン窓に窓枠を...
内容 我が家のキッチン窓は外廊下に面しているので、時々人が通る時に目線が気になります。 そこで、窓枠を作って目隠ししてみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 マタンマタンさん
Title 天袋引き戸のDIY ~...
内容 和室感たっぷりだった押入れ上の天袋の引き戸に、DIYでモールディングをほどこしてペイントしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 マタンマタンさん
Title 和室の壁を洋室風に ~...
内容 元和室の柱の内側にモールディングを付けて、すべて同じ色にペイントしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 マタンマタンさん
Title 教会みたいな内窓をDI...
内容 教会の窓っぽくしたら素敵かなぁ~と思い、折戸式の内窓を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ななちぃさん
Title 圧迫感ある壁にニッチで...
内容 玄関からも見える圧迫感のある壁をニッチつけて、ウォールステッカーはってお洒落に変身させました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop