あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

存在感抜群!主役級・長く使える玩具収納棚
この作品をみた人閲覧数 1,183

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

子どもの玩具は増えていく一方。
籠に収納していましたが重ねて置いていると下の籠のものが出しにくい様子。
今のままの収納で子どもが使いやすい様にと収納棚を作りました♪
更に母のその後の思惑も込めて…(笑
作者: まりっくまさん
カテゴリー:木工・工芸

主な材料

  • 基本的には参考までに。各家庭で必要な長さを出してください。
  • ≪角材≫
  • 柱(足)となる角材(今回は30㎜×40㎜を使用) 4本分
  • 上下の梁となる角材(30㎜×40㎜) 4本分
  • △棚板の支えとなる角材(30㎜×40㎜) 8本分
  • △天板と底板の梁となる角材(30㎜×40㎜) 4本
  • ※△は同じ長さのサイズ
  • ≪天板・棚板用の木材≫(必要な奥行きに合わせて)
  • 厚み19㎜のSPF材
  • (今回は89㎜と63㎜を数本組み合わせて使用)
  • 上記木材同士を繋げる木材
  • (今回は10㎜厚の檜の工作材使用)
  • ≪お好みで飾りの木材やモール材≫

主な道具

  • ・紙やすりやサンダー
  • ・L型などのクランプ
  • ・メジャー
  • ・のこぎり
  • ・インパクトドライバーやドライバー
  • ・塗装用ふでまたは刷毛
  • ・お好みの水性ステイン
  • ・お好みのペンキ塗料
  • ・イマジン/エイジングリキッド
  • ・ビス各種(今回は65㎜・30㎜・25㎜辺りを使用)
  • ・ボンド
  • ・木工用カットのガイド
  • ・木ダボまたは木粉粘土
  • ・隠しくぎやこびょう
  • ・セロハンテープ

Step1

BEFORE

初めに、棚を作るための左右のフレームを作っていきます。
今回我が家に作る棚は完成サイズで1120×1350とかなり大きなものなので
圧迫感が出ないようにと2×2材の角材ではなく30㎜×40㎜のホワイトウッド材を使用しました。
たった10㎜の違いですが、スマートな印象になるので個人的に好きな木材です。

 

Step2

BEFORE

正面から見て左右の部分に当たるフレームを2組作るので、
角に当たる上下の部分だけでなく、棚の位置に当たる部分にもダボ穴を掘っていきます。

 

Step3

BEFORE

この時、正面から見て正面側・背面側となる面に穴を掘ることになるので左右対称になるよう穴を掘ります。
(中心に穴を掘ると左右のフレームを繋げる際にビスがうまく通らなくなるので端に寄った位置に穴を掘ります。)

Step4

BEFORE

穴が掘れたら各板の支えとなる角材を順次ビスで固定します。
基本的に枠組みの際は、しっかりと固定するために長めのビスを使用してください。
写真には写っていませんが、今回のような形でビス留めする時にはL型クランプがあるととても便利です。

 

Step5

BEFORE

板の支えとなる角材が固定出来たら反対側にあたる柱の角材もビスで固定しフレームを完成させます。
このフレームを合計で2つ作ります。

 

Step6

BEFORE

左右のフレームを梁で繋げ合体させるため、先ほど固定したビスが干渉しない様に位置を確認しながら
ビス留めする箇所にダボ穴を空けていきます

Step7

BEFORE

梁を固定し、フレームを合体させたところです。
大体の枠組みができて立体になると、なんとなく完成後のイメージが出てきましたね!
(写真を撮り忘れていたので写真はだいぶ先のものですが、工程18の様に天板と底の棚板の強度を足すためにも梁同士も角材で更に繋げておきます。)

 

Step8

BEFORE

角材が交差している個所です。側面側と前面側で角材の向きが違いますよね?
木材の太さの関係からビスが干渉しないように穴を空ける箇所も余裕をもって空けれる様にこの組み方になっています。
使用する木材のサイズにもよりますが、その点も注意しながら組み立てていきましょう。

 

Step9

BEFORE

棚板を作っていきます。
使いやすさと適度な強度がでることからワンバイ材を使用しました。
玩具の籠に合わせた奥行きだったので、1×3材と1×4材を組み合わせピッタシのサイズにしました。

Step10

BEFORE

今更ではありますが、木材のやすりがけはしておきます。
今回の作り方では棚板や天板はカット面が常に剥き出しになる作りなので特に念入りにやすり掛けしておくとお子様にも安心です。

 

Step11

BEFORE

下の段から順に仮置きしてビス留めの箇所を定めておきます。

 

Step12

BEFORE

厚い木材というわけではないのでビスを隠すぐらいのダボ穴の深さで十分です。
この時点ではまだ固定をしません。

Step13

BEFORE

仮置きした木材を一度裏返します。
等間隔に並べたらずれない様に木材を使って棚板だけを固定し、すのこ状の板に仕上げます。
固定するだけなので10㎜程の厚みの工作材でも十分です。
(ただ柔らかい木材よりは硬めのものがいいので値段もそう大差ないことから檜材を使用しました。)

 

Step14

BEFORE

この時もビスが隠れるくらいのダボ穴の深さを掘っておくと仕上がりが綺麗です。

 

Step15

BEFORE

固定の際は垂直になるように意識していきます。
今回は尺金や手短に家にあったL型の金具を利用しながら固定しました。
金具は短い分ずれにくくて案外使いやすいです(笑)

Step16

BEFORE

棚板ができたところで枠組みにビスでしっかりと固定させました。
先にダボ穴を掘っていたので掃除の手間も省けパパッと取り付けれました。
(組み立てながらだとだんだんと重量が増えていく家具を動かして掃除も大変になってくるのであらかじめやっておくと後々が楽ですよ)

 

Step17

BEFORE

この後、天板もワンバイ材をバランスを見て並べ固定していきます。
一度板を仮置きし、メジャーを使って柱や梁の位置をしっかり確認しながらダボ穴を掘る箇所を見定めます。
印をつけたら、端から一枚板を取り外し穴を掘っては板を戻し、隣の板を取り外し穴を掘り板をまた戻してと順次作業していけば、板の順番を間違えないので安心です。
全て作業を終えたら天板をビスで固定していきます。

 

Step18

BEFORE

写真は撮り忘れてしまったので塗装後のものなんですが、裏側から見るとこの様になります。

Step19

BEFORE

棚自体が完成したところで次はモール材等で装飾していきます。
この棚(籠も含め)は、子どもが成長後は私のアトリエ(予定)の手芸用品や道具などを収納する棚になる予定なのでガッツリ私好みのデザインにしていきます。

 

Step20

BEFORE

まず、半円のモール材を天板下に貼っていきます。ただこのままでは角がきれいに仕上がらないので…

 

Step21

BEFORE

木工用のガイドを使って端を45度でカットします。

Step22

BEFORE

するとこのようにきれいな直角で木材を合わせることができます。

 

Step23

BEFORE

さっそく木工用ボンドで棚に貼り付けました。
ずれて固定が難しい箇所に装飾する場合は、隠しくぎを使用するといいですね。

 

Step24

BEFORE

次は棚板の前面に貼り付けます。ここは直線でいいので棚に合わせたサイズにカットし貼り付ければいいので比較的楽です。

Step25

BEFORE

下の段は棚板が底上げされている印象の作りです。
このままではどこか固い印象なので一段段差を増やした装飾をします。

 

Step26

BEFORE

ホームセンターでも比較的よく見る模様が描かれているモール材が今回は良い仕事をしてくれました。
平面にも直角にも合い、緩い曲線があるので優しい印象になりました。

 

Step27

BEFORE

次に柔らかくカットしやすい10㎜程の厚みの桐材を好みの曲線にカットします。
このままでは厚みが薄く扱いにくいのでワンバイ材を三角にカットし角を合わせ接着剤で貼り合わせます。

Step28

BEFORE

実はこれは前面の天板の下の飾りの一部です。
柱の方から先ほど貼り合わせたワンバイ材にビスで固定します。
この時もダボで穴を掘ってからビス留めです。ビスだけでは不安なのでボンドも使用し固定しました。

 

Step29

BEFORE

そして、装飾を接着剤で貼り付けます。
位置がずれてくることもあるので更に上からテープで押さえておきます。
マスキングだと下手にずれてしまったときに様子が見えないのでセロハンテープがお勧めです。

 

Step30

BEFORE

グルーを使用した装飾だったのでボンドでは剥がれるだろうと思い、多用途に使える接着剤を使用しました。

Step31

BEFORE

後はダボや気になる継ぎ目等を埋めていきます。
ダボ穴はボンドを穴に垂らし木ダボを埋めて整えてが主流ですが…

 

Step32

BEFORE

ボンドで練った木粉粘土を埋めました。
敢えて、ではなく買ったものの使いにくかった粘土を消費したかったので使いました。
その他、モールの継ぎ目の隙間などを埋めるのにはとても使えます。
こんな方法もあるということで(笑)

ただ木粉粘土での欠点は乾燥する過程で肉痩せしてくることです。
埋め込む時点ではピッタシではなく多めに盛っておいた方がいいです。

 

Step33

BEFORE

乾いたらやすり掛けをしてならします。

Step34

BEFORE

これで完全に棚は組みあがりました!後は塗装です!
まずステインで下地塗装をします。
ナチュラルカントリー好きの時代に買ったメープル色のステイン。
大きな缶で買ったものの好みが変わり持て余していたので、
使用する分だけをアクリル塗料を混ぜつつ好みの色にしました。
灰色がかったこのくすんだ緑色の塗料が…

 

Step35

BEFORE

塗ってみると古材とはまた違った使い込んでくすんでいった感じの木材の印象になりました。

 

Step36

BEFORE

次にボンドを使ったクラッキングを施します。
最近は塗料でも販売されていますよね。ボンドでも似た様にできるのでしてみました。

Step37

BEFORE

ひび割れさせたいところに大雑把にボンドを塗ります。
(振り返るとこれは厚く塗りすぎですね;もう少し薄めに塗ってもいいです。)

 

Step38

BEFORE

ボンドが乾かないうちにメインの色のペンキを上から塗ります。
スピード勝負だったので塗り終わってボンドが乾いてきている写真ですが、ボンドが乾いてきてひび割れてきています。
ボンドを厚めに塗ってしまったのでひび割れも大胆になってしまいました。

 

Step39

BEFORE

棚板の方です。こちらは薄めに塗っていたので上品なひび割れです。

Step40

BEFORE

(多々同じ写真ですみません;)
裏側も忘れずに同じペンキで色を塗りますが、水で薄めたもので塗ると更に見た目に軽さがでます。
普段見える箇所ではないですがふとした角度からの見え方が、塗らないものや、べた塗りとも違いますよ。

 

Step41

BEFORE

さて、ペンキも完全に乾いたところでエイジングをしていきます。
クラッキングしていない箇所は、した個所を含めて全体で見るとすごく違和感があります。

 

Step42

BEFORE

サンダーを使ったり、手作業で紙やすりを使ってムラにやすりがけします。

Step43

BEFORE

エイジングリキッドを刷毛で擦れを意識し、基本カスカス気味で塗りました。
この塗料の良さは水性というところにあり、イメージ通りに塗れなかったら完全に乾く前に水を含ませた布巾等で拭き取れば塗料が伸びることなく綺麗に拭き取れるところにあると思います。
これで思い通りのエイジングに近づけます。
写真の棚も、だいぶ古さが出てきたと思います。

 

Step44

BEFORE

天板だけでなく、足や棚板も同じようにエイジングしたら完成です!

 

Step45

BEFORE

部屋に設置しました。
リビングに置いているので、ごちゃごちゃした玩具の生活感がグッと減りました。

この作品にまつわるストーリー

今回は長い目でみた家具を作りました。
玩具棚ってだけを目的に作ると、子どもが大きくなったあとに持て余すのが目に見えていました。
それなら玩具がなくなった後、自分の趣味の収納棚にすればいいと、
いま使っている手芸用品を収納しているチェストに合わせた雰囲気のものにしてみました。

引っ越した先の借家の壁は自己主張の強い木目なので今はいまいちミスマッチですが、
ゆっくりと雰囲気を合わせていけたらなと思っています(*^-^*)

とりあえずは、玩具が出しやすくなった分、散らかるスピードもすごいので
何処にしまうか一目瞭然のラベルかタグかを籠に付けることが次の仕事になりそうです(笑)

この作品をみた人閲覧数 1,183 1 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 natural cloverさん
Title 廃材でガーデンピック...
内容 たまっていた廃材を利用して 何か作れないかなぁと思っていました。野菜の苗を植える際に、子供達にも何の野菜かわかるように廃材を利用してガーデンピックを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 あーこさん
Title 収納付きインターフォン...
内容 インターフォンカバーを作るなら収納もつけちゃえと思い作った作品です。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 rico*mamaさん
Title ダサダサ洗面台の上...
内容 ダサダサ洗面台の上を思いきって撤去 端材やクッションフロアを使っておしゃれな空間に変身させちゃおぅ♬

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 natural cloverさん
Title サンキャッチャー掛け...
内容 サンキャッチャーを掛けたり、外せたりできるような物が欲しいなというお話をいただいて作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 aoiroさん
Title 簡単トレイ...
内容 角材とベニヤを組み合わせて簡単に出来る木製トレイです。 ホームセンターで売っているアガチス材という角材を使いました。

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 Brunjuさん
Title 大きな窓に大きな窓枠を...
内容 ダイニングの大きな掃き出し窓に窓枠を作りました

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 aoiroさん
Title 合板+spf材でテレビ...
内容 spf材より更に安価な合板をメインに、でも見た目はナチュラルなテレビ台を作りました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 rico*mamaさん
Title ニトリ家具をリメイク...
内容 カントリー感満載のニトリ家具をリメイクDIYしちゃおぅ♬

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 aoiroさん
Title おままごとキッチン ...
内容 娘のお誕生日プレゼントにおままごとキッチンを作りました♪ サリュの蛇口の飾りリメイクがポイントです☆ と言ってもまだシンクのみですが…お絵描きテーブルとしても活躍しています!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 natural cloverさん
Title パーティション...
内容 好きな布を掛けて使えるパーティションを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop